「マツダ・アクセラ」に本革シートの特別仕様車

2012.06.28 自動車ニュース

「マツダ・アクセラ」に本革シートの特別仕様車

マツダは2012年6月28日、特別仕様車「アクセラスポーツ20S-SKYACTIV アドバンスドスタイル」を設定し、同日発売した。車両価格は238万円。

ベースモデルは「アクセラスポーツ20S-SKYACTIV」。本革シート、本革巻きパーキングブレーキレバー、運転席8Wayパワーシート、クルーズコントロールなどを装着したほか、遮音ガラスの採用や防音材の追加などにより静粛性を高め、走りの質感を向上させたという。

また、安全装備も充実させ、ステアリングの舵角(だかく)や車速に応じてヘッドランプを自動的に進行方向へ向ける「アダプティブ・フロントライティング・システム」(AFS)や、高速道路でのレーンチェンジの際に後方から接近する車を検知して警戒を促す「リアビークル・モニタリング・システム」などを備える。

車両価格は238万円。エコカー減税により、自動車取得税と重量税が50%減税となる。

<車両の概要>
■インテリアの質感向上
・本革シート、本革巻きパーキングブレーキレバーを採用

■静粛性の向上
・遮音ガラスの採用
・ボンネット裏やインストゥルメントパネル下部への防音材の追加
・前席床下の遮音・制振シートの厚み増し、Aピラー下部に吸音材を設置

■スポーティーな内外装
・「マツダスピードアクセラ」と同形状の大型リアルーフスポイラー(下段部は黒色塗装)
・高輝度塗装を施した17インチアルミホイール
・240km/hスケールのスピードメーター

■安全、快適装備の充実
・アダプティブ・フロントライティング・システム(AFS)
・ディスチャージヘッドランプ(バイキセノン)
・リアビークル・モニタリング・システム
・自動防眩ルームミラー
・運転席8Wayパワーシート
・クルーズコントロール

(webCG 竹下)

「マツダ・アクセラスポーツ20S-SKYACTIV アドバンスドスタイル」
「マツダ・アクセラスポーツ20S-SKYACTIV アドバンスドスタイル」 拡大
 
「マツダ・アクセラ」に本革シートの特別仕様車の画像 拡大
 
「マツダ・アクセラ」に本革シートの特別仕様車の画像 拡大
 
「マツダ・アクセラ」に本革シートの特別仕様車の画像 拡大

関連キーワード:
アクセラスポーツ, マツダ, 自動車ニュース

マツダ アクセラスポーツ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • マツダ3ファストバックXバーガンディーセレクション(4WD/6MT)【試乗記】 2020.3.12 試乗記 「マツダ3」に、世界で初めて圧縮着火を実現したガソリンエンジン「SKYACTIV-X(スカイアクティブX)」搭載モデルが登場。マツダ自慢の新エンジンは、どのような走りを見せるのか? デビューから半年を経たシャシーの進化とともに報告する。
  • マツダ3ファストバック<スカイアクティブX搭載車>【試乗記】 2019.11.27 試乗記 次世代エンジンとして注目を集めてきた「スカイアクティブX」を搭載した「マツダ3」が、いよいよ日本の道を走りだす。既存の2リッターエンジン比でおよそ70万円アップ、夢のエンジンに投じるお金でどんな世界が見られるのだろうか。
  • マツダCX-30 X Lパッケージ(4WD/6AT)【試乗記】 2020.6.3 試乗記 マツダのコンパクトクロスオーバー「CX-30」に新たに設定された、新世代エンジン「SKYACTIV-X(スカイアクティブX)」搭載モデル。マツダが誇る最新のシャシーとエンジンの組み合わせは、どんな走りを見せるのか? 4WDモデルでその出来栄えを確かめた。
  • 第182回:細かいことは忘れよう! 2020.6.30 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第182回は「細かいことは忘れよう!」。マイナーチェンジ後の「マツダ・ロードスター」にリベンジ試乗。完璧すぎたフィーリングに違和感!? カーマニアがスポーツカーに求める、あるべき姿とは?
  • ホンダS2000<20周年記念純正アクセサリー装着車>(FR/6MT)【試乗記】 2020.6.19 試乗記 ホンダのオープントップスポーツ「S2000」の純正アクセサリーが新たに発売される。ホンダアクセスが手がけたこれらアイテムの開発コンセプトは“20年目のマイナーモデルチェンジ”。ワインディングロードで試乗し、その仕上がりを確かめた。
ホームへ戻る