新型「ポルシェ・ボクスター」国内価格決まる

2012.05.11 自動車ニュース

新型「ポルシェ・ボクスター」日本での価格決まる

ポルシェジャパンは、3代目となる新型「ポルシェ・ボクスター/ボクスターS」を日本市場に導入。2012年6月1日に国内販売を開始する。

2012年3月のジュネーブショーでデビューした新しい「ポルシェ・ボクスター」が、いよいよ日本上陸を果たす。

既報のとおり、3代目となる最新型は、ホイールベースとトレッドが拡大。大幅な軽量化や燃費向上も図られた。
「ボクスター」らしさをキープしながら、新型ならではの躍動感あるデザインを採用したというエクステリアや、「カレラGT」のデザイン要素を取り入れた、スポーティーでゆとりのある居住空間もウリである。

ミドに積まれるエンジンは、直噴の水平対向6気筒。ベーシックな「ボクスター」には265psの2.7リッターユニットが、上級モデル「ボクスターS」には315psの3.4リッターユニットが搭載される。

トランスミッションは、いずれのモデルも6段MTと7段PDKの2種類。ハンドル位置は左右どちらも選択できる。

価格は、以下のとおり。

・「ボクスター」(6段MT):584万円
・「ボクスター」(7段PDK):631万円
・「ボクスターS」(6段MT):727万円
・「ボクスターS」(7段PDK):774万円

(webCG 関)

新型「ポルシェ・ボクスター」(写真は海外仕様車)
新型「ポルシェ・ボクスター」(写真は海外仕様車) 拡大

新型「ポルシェ・ボクスター」国内価格決まるの画像 拡大

新型「ポルシェ・ボクスター」国内価格決まるの画像 拡大

新型「ポルシェ・ボクスター」国内価格決まるの画像 拡大
新型「ポルシェ・ボクスター」国内価格決まるの画像 拡大

関連キーワード:
ボクスター, ポルシェ, 自動車ニュース

ポルシェ ボクスター の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ポルシェ911ターボSカブリオレ(4WD/8AT)【試乗記】 2021.1.5 試乗記 最高出力650PSを誇る、新型「ポルシェ911ターボSカブリオレ」に試乗。その加速やコーナリングからは、つくり手がこのハイパフォーマンスカーに込めた、すさまじいほどの気合が伝わってきた。
  • ポルシェ・タイカン ターボS(4WD)【試乗記】 2020.12.30 試乗記 ポルシェは並のクルマはつくらない。ブランド初の電気自動車(EV)として送り出された「タイカン」は、EVであると同時に第一級のスポーツサルーンでもある。ワインディングロードで味わえたのはあまりに濃密な「ポルシェらしさ」だった。
  • フォルクスワーゲンTロックTDIスタイル デザインパッケージ(FF/7AT)【試乗記】 2021.1.12 試乗記 次世代インフォテインメントシステム「ディスカバーメディア」と、それに連携するオンラインサービス「ウィーコネクト」を新たに搭載した「フォルクスワーゲンTロック」。使いやすいサイズ感や多用途性などの特徴に加わった“つながるクルマ”の利便性を、実際に試してみた。
  • ポルシェ718ボクスターGTS 4.0(MR/6MT)【試乗記】 2021.1.11 試乗記 自然吸気の4リッター6気筒エンジンを搭載する「ポルシェ718ボクスターGTS 4.0」。その走りは、パワーユニットを共有する上位モデルとも、4気筒ターボエンジンを積むエントリーモデルとも異なる、独自の魅力にあふれていた。
  • トヨタ・ハイラックスZ(4WD/6AT)【試乗記】 2021.1.7 試乗記 日本で唯一、新車で正規販売されるピックアップトラック「トヨタ・ハイラックス」。その車両構成は、ラダーフレームにリーフリジッドのリアサスペンション、最大積載量500kgのベッドと、タフそのものだ。世界各国で活躍するグローバルな一台の魅力をリポートする。
ホームへ戻る