「キャプティバ」「カマロ」の仕様が一部変更

2012.05.10 自動車ニュース

「キャプティバ」「カマロ」の仕様が一部変更

ゼネラルモーターズ・ジャパンは2012年5月9日、一部仕様を変更した「シボレー・キャプティバ」と「同カマロ」を発表。同日販売を開始した。

「シボレー・キャプティバ」は、周囲をクロームベゼルで飾られたフォグランプが与えられた。価格は359万円。

「シボレー・カマロ」については、3.6リッターV6エンジンを搭載する「LT RSクーペ」と「コンバーチブル」のフロントバンパーやフロントグリル、LED式リアコンビネーションランプなどのデザインが変更され、ヘッドランプウオッシャー、ヘッドライトのオートレベリング機構が追加された。
価格は「LT RSクーペ」が435万円、「コンバーチブル」は504万円。

(webCG ワタナベ)

「シボレー・キャプティバ」(写真は仕様変更前のもの)
「シボレー・キャプティバ」(写真は仕様変更前のもの) 拡大
「シボレー・カマロ」(写真は北米仕様車)
「シボレー・カマロ」(写真は北米仕様車) 拡大

関連キーワード:
キャプティバ, カマロ, カマロ コンバーチブル, シボレー, 自動車ニュース

シボレー キャプティバ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • シボレー・トラバースLS(FF/6AT)【試乗記】 2009.6.15 試乗記 シボレー・トラバースLS(FF/6AT)
    ……498.0万円

    全長5.2m超、ホイールベース3m超! 圧倒されそうな巨体に乗り込んでみると、意外やその乗り味は……。
  • 三菱エクリプス クロス<PHEV>プロトタイプ(4WD)【試乗記】 2020.10.19 試乗記 三菱のコンパクトSUV「エクリプス クロス」が大規模なマイナーチェンジを受けた。ボディーサイズの拡大やデザイン変更などトピックは多いが、なんといってもメインはプラグインハイブリッドモデルの追加設定だ。発売前のプリプロダクションモデルでその仕上がりを確かめた。
  • シボレー・トレイルブレイザーEXT LT(4AT)【試乗記】 2003.3.4 試乗記 シボレー・トレイルブレイザーEXT LT(4AT)
    ……391.6万円

    2001年9月販売開始以来、日本市場において輸入SUV販売台数1位の「トレイルブレイザー」に、ホイールベースと全長を410mm延長し、4.2リッター直6エンジンを搭載する「EXT LT」が追加された。『webCG』エグゼクティブディレクターの大川悠が報告する。


  • 航続距離367kmを実現 レクサス初の電気自動車「UX300e」発売 2020.10.22 自動車ニュース レクサスブランド初の電気自動車「UX300e」が登場。容量54.4kWhのリチウムイオンバッテリーを搭載しており、367kmの航続距離を実現。高い環境性能に加え、「レクサスのEV」に期待される快適な乗り心地や高い静粛性、優れた運動性なども追求されている。
  • マツダが「キャロル」を一部仕様変更 装備の充実で快適性をアップ 2020.10.22 自動車ニュース マツダは2020年10月22日、軽乗用車「キャロル」の一部仕様を変更し、同日に販売を開始した。フルオートエアコンや電動格納式ドアミラーなどの装備を追加設定し、快適性や機能性の向上を図った。
ホームへ戻る