「キャプティバ」「カマロ」の仕様が一部変更

2012.05.10 自動車ニュース

「キャプティバ」「カマロ」の仕様が一部変更

ゼネラルモーターズ・ジャパンは2012年5月9日、一部仕様を変更した「シボレー・キャプティバ」と「同カマロ」を発表。同日販売を開始した。

「シボレー・キャプティバ」は、周囲をクロームベゼルで飾られたフォグランプが与えられた。価格は359万円。

「シボレー・カマロ」については、3.6リッターV6エンジンを搭載する「LT RSクーペ」と「コンバーチブル」のフロントバンパーやフロントグリル、LED式リアコンビネーションランプなどのデザインが変更され、ヘッドランプウオッシャー、ヘッドライトのオートレベリング機構が追加された。
価格は「LT RSクーペ」が435万円、「コンバーチブル」は504万円。

(webCG ワタナベ)

「シボレー・キャプティバ」(写真は仕様変更前のもの)
「シボレー・キャプティバ」(写真は仕様変更前のもの) 拡大
「シボレー・カマロ」(写真は北米仕様車)
「シボレー・カマロ」(写真は北米仕様車) 拡大

関連キーワード:
キャプティバ, カマロ, カマロ コンバーチブル, シボレー, 自動車ニュース

シボレー キャプティバ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • シボレー・トラバースLS(FF/6AT)【試乗記】 2009.6.15 試乗記 シボレー・トラバースLS(FF/6AT)
    ……498.0万円

    全長5.2m超、ホイールベース3m超! 圧倒されそうな巨体に乗り込んでみると、意外やその乗り味は……。
  • シボレー・トレイルブレイザーEXT LT(4AT)【試乗記】 2003.3.4 試乗記 シボレー・トレイルブレイザーEXT LT(4AT)
    ……391.6万円

    2001年9月販売開始以来、日本市場において輸入SUV販売台数1位の「トレイルブレイザー」に、ホイールベースと全長を410mm延長し、4.2リッター直6エンジンを搭載する「EXT LT」が追加された。『webCG』エグゼクティブディレクターの大川悠が報告する。


  • プジョー・リフター デビューエディション(FF/8AT)【試乗記】 2020.6.1 試乗記 プジョーの新型MPV「リフター」に試乗。ご覧の通り、四角四面の背高なスタイリングは兄弟車たる「シトロエン・ベルランゴ」とほとんど同じ。あえて(ちょっと地味な)プジョー版を選ぶ価値はどこにあるのだろうか。
  • ジャガー・ランドローバーが新型「ランドローバー・ディフェンダー110」の市販モデルを国内初公開 2020.6.18 自動車ニュース ジャガー・ランドローバーが、新型「ランドローバー・ディフェンダー110」の市販モデルを国内初披露。日本仕様のインテリアが公開されるのは今回が初めてで、会場にはラグビープレーヤーで、新たにランドローバーのブランドアンバサダーとなった稲垣啓太選手も姿を見せた。
  • ポルシェ718ボクスターGTS 4.0/718ケイマンGTS 4.0【海外試乗記】 2020.5.13 試乗記 2.5リッターターボから4リッターの自然吸気へとエンジンが変更された「ポルシェ718ボクスター/ケイマンGTS」。まさかの“アップサイジング”を図ったポルシェの思惑とは? 新エンジンを得た新型GTSの走りとともに、ポルトガル・エストリルより報告する。
ホームへ戻る