レクサスRXが小変更 「F SPORT」も追加設定

2012.04.12 自動車ニュース

「レクサスRX」がマイナーチェンジ 新グレード「F SPORT」追加も

トヨタ自動車は、SUVモデル「レクサスRX」にマイナーチェンジを施し、2012年4月12日に発売した。

日本市場での発売から3年あまり。「レクサスRX」にマイナーチェンジが施された。

外観上は、逆台形のアッパーグリルと台形のロアグリルを組み合わせた“スピンドルグリル”で、さらなる個性を強調。リアまわりについても、L字型の意匠を盛り込んだ新しいテールランプが与えられた。

ボディーカラーは、新設定のプラチナムシルバーメタリック、ガーネットレッドマイカ、ファイアーアゲートマイカメタリック、ラピスラズリマイカを含む全10色に。室内についても、シートにアクセントステッチが追加され、シートカラーは新設定色(ガーネットとサドルタン)を含む5色になった。

機能面では、カーナビゲーションシステムが安全運転システム「DSRC」「DSSS」を備える新バージョンとなったほか、上質感をウリとするグレード「バージョンL」でリアエンターテインメントシステムが選べるようになった。

操縦安定性を向上させるべく、ボディーの剛性もアップ。「RX350」とハイブリッドモデルの「RX450h」の4WD車には、スポーティーバージョン「F SPORT」が追加設定された。
こちらは大型エアロバンパーや専用デザインの19インチアルミホイールが特徴で、同じく専用仕立てのシート、ステアリングホイール、スカッフプレートなどで他グレードとの差別化が図られるほか、専用チューンのサスペンションやパフォーマンスダンパーも与えられ、“本格的なスポーティーバージョン”に仕上がっているという。

新たな「レクサスRX」の価格は、以下のとおり。

・RX270:430万円〜483万円
・RX350:475万円〜560万円
・RX450h:559万円〜674万円

(webCG 関)

小変更が実施された「レクサスRX」。
小変更が実施された「レクサスRX」。 拡大
スポーティーセダン「GS」にも採用された「スピンドルグリル」が目を引く、フロントまわり。
スポーティーセダン「GS」にも採用された「スピンドルグリル」が目を引く、フロントまわり。 拡大
インテリアの様子。カーナビも一新された。
インテリアの様子。カーナビも一新された。 拡大
「バージョンL」のオプションとして用意される、リアのエンターテインメントシステム。
「バージョンL」のオプションとして用意される、リアのエンターテインメントシステム。 拡大
「レクサスRX450h“F SPORT”」
「レクサスRX450h“F SPORT”」 拡大

関連キーワード:
RX, レクサス, 自動車ニュース

レクサス RX の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • レクサスUX200 2018.11.27 画像・写真 レクサスの最もコンパクトなクロスオーバーモデル「UX」がデビュー。そのうち新開発の2リッター直4エンジンを搭載する「UX200」の姿を、さまざまなグレードを織り交ぜながら紹介する。
  • レクサスUX200“バージョンL”(FF/CVT)【試乗記】 2019.2.21 試乗記 コンパクトSUVのカテゴリーは、各ブランドが精鋭を投入するまれにみる激戦区。ここにレクサスは「UX」を送り込んだ。同ブランドのSUVラインナップにおけるボトムも担当するこのニューフェイスは、ライバルとは違うどんな魅力を持っているのか?
  • レクサスUX200“バージョンL”/UX250h“Fスポーツ”/UX250h“バージョンL”【試乗記】 2018.12.29 試乗記 レクサス初のコンパクトクロスオーバー「UX」がいよいよ日本の道を走りだした。小さなSUV系のクルマがモテる今、このニューフェイスは“買い”なのか? パワーユニットや駆動方式の異なる3モデルに試乗し、その印象を報告する。
  • レクサスUX250h“バージョンL”(4WD/CVT)【試乗記】 2019.1.30 試乗記 デザインコンシャスなコンパクトSUVと片付けられそうな「レクサスUX」だが、その本質は走りのよさにある。かつてレクサスが掲げた、実現困難ながらも高潔な志……。それを思い起こさせてくれる一台に仕上がっていた。
  • 第20回:レクサスUX(後編) 2019.1.23 カーデザイナー明照寺彰の直言 レクサスのグローバル戦略を担うコンパクトSUV「UX」。そのデザインとパッケージングを観察してみると、どうしても看過できない問題に直面した。プラットフォームを共有する「トヨタC-HR」との比較も通し、現役のカーデザイナーがレクサスUXを語る。
ホームへ戻る