「ダイハツ・コペン」に最後の特別仕様車

2012.04.02 自動車ニュース

「ダイハツ・コペン」に最後の特別仕様車

ダイハツ工業は2012年4月2日、軽オープン2シーター「コペン」の生産終了(2012年8月末)に伴い、同車の発売10周年を記念した特別仕様車「コペン 10thアニバーサリーエディション」を設定。同日、発売した。

コペンは、“ACTIVE TOP COMPACT OPEN(アクティブ・トップ・コンパクト・オープン)”をコンセプトに、2002年6月にデビュー。軽自動車ながら電動開閉式ハードトップを備えるなど、個性的なスタイルがユーザーの支持を得て、現在までに累計で5万6000台以上が販売されている。生産終了を目前に今回設定された「10thアニバーサリーエディション」が、コペン最後の特別仕様車になるという。

「10thアニバーサリーエディション」は、ベースグレードの「アクティブトップ」に、“10th ANNIVERSARY”のロゴとシリアルナンバーの付いたアルミスカッフプレートカバーを特別装備。また「アルティメットエディションS」に設定されているブラックメッキフロントグリルや赤いステッチが施された本革製スポーツシート(ブラック)などを採用している。

特別装備は以下のとおり

・アルミスカッフプレートカバー(10thアニバーサリーロゴ、シリアルナンバー付き)
・ブラックメッキフロントグリル
・BBS製15インチアルミホイール(シルバー)
・本革製スポーツシート(ブラック<レッドステッチ>)
・メッキインナードアハンドル
・メッキパーキングブレーキレバーボタン

価格はベース車より10万5000円高で、4AT車が180万円、5MT車は182万円となる。

(webCG ワタナベ)

「ダイハツ・コペン 10thアニバーサリーエディション」
「ダイハツ・コペン 10thアニバーサリーエディション」 拡大

「ダイハツ・コペン」に最後の特別仕様車の画像 拡大

「ダイハツ・コペン」に最後の特別仕様車の画像 拡大

「ダイハツ・コペン」に最後の特別仕様車の画像 拡大

関連キーワード:
コペン, ダイハツ, 自動車ニュース

ダイハツ コペン の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ダイハツ・コペン スパイダーVer./ハイゼット ジャンボ スポルツァVer. 2021.1.13 画像・写真 ダイハツが「バーチャルオートサロン2021」の出展車両を公開。披露された4台のコンセプトモデルの中から、まずはスパイダースタイルの「コペン スパイダーVer.」と、レーシーな「ハイゼット ジャンボ スポルツァVer.」を写真で紹介する。
  • ダイハツがコペンの“着せ替えパーツ”を発売 2015.10.2 自動車ニュース ダイハツが「コペン」の“着せ替えパーツ”発売。まずは「セロ」のキットから。
  • ダイハツ・コペン セロ(FF/5MT)【試乗記】 2015.9.2 試乗記 「ダイハツ・コペン」に、初代モデルを思わせる丸いヘッドランプが特徴的な第3のデザイン「CERO(セロ)」が登場。ダイハツが誇る軽オープンスポーツカーの魅力に浸りつつ、いよいよ実現した“自動車の着せ替え”がかなえる可能性を想像する。
  • トヨタ・カローラ クロスZ(FF/CVT)【試乗記】 2021.10.5 試乗記 半世紀以上におよぶ「トヨタ・カローラ」の歴史において、初のSUVとなる「カローラ クロス」。「新空間 新感覚 COROLLA」を開発コンセプトに掲げるニューモデルの仕上がりは? 純ガソリンエンジン車の上級グレードで試した。
  • スズキ・ワゴンRスマイル ハイブリッドX(FF/CVT)【試乗記】 2021.9.28 試乗記 スズキから、リアスライドドアを備えた新しい軽ハイトワゴン「ワゴンRスマイル」が登場。「ワゴンR」と「スペーシア」の間を埋めるニューモデルのターゲットは? ライバルとの違いは? 用意周到な戦略のもとに登場した新型車の仕上がりをリポートする。
ホームへ戻る