太陽がモチーフの「フィアット500」が登場

2013.04.16 自動車ニュース

「フィアット500」に太陽がモチーフの特別限定車「'O Sole Mio」が登場

フィアット クライスラー ジャパンは2013年4月16日、コンパクトカー「フィアット500/500C」の特別仕様車「'O Sole Mio(オーソレミオ)」を、4月20日に発売すると発表した。

今回の特別仕様車は、2気筒ターボエンジン搭載車の上級グレード「500ツインエア ラウンジ」と、標準モデルには設定のない「500C」の「ツインエア ポップ」をベースに、専用の内外装を取り入れたものである。車名の「'O Sole Mio」とは、「私の太陽」という意味のイタリア語だ。

ともに、ボディーカラーには鮮やかな黄色の「カントリーポリタンイエロー」を、シートには褐色のフラウレザーシートを採用。クローズドボディーの「500 'O Sole Mio」には、通常はオプション扱いの電動サンルーフが標準装備される。

価格は「500 'O Sole Mio」が253万円、「500C 'O Sole Mio」が258万円で、前者が100台、後者が50台の限定販売となる。

(webCG)

「フィアット500 'O Sole Mio」
「フィアット500 'O Sole Mio」 拡大
「フィアット500C 'O Sole Mio」
「フィアット500C 'O Sole Mio」 拡大

関連キーワード:
500, フィアット, 自動車ニュース

フィアット 500 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
ホームへ戻る