米国の「スバル・レガシィ」が大幅な仕様変更【ニューヨークショー2012】

2012.03.30 自動車ニュース

【ニューヨークショー2012】米国仕様の「スバル・レガシィ」、大幅に仕様を変更

富士重工業は、2012年4月4日のプレスデイで幕を開けるニューヨーク国際自動車ショーに、内外装などに大幅な変更を加えた、2013年型の「レガシィ」と「アウトバック」を出展する。

2013年モデルの北米版「レガシィ」(日本名:レガシィB4)と「アウトバック」(日本名:レガシィアウトバック)には、スバルが言うところの“全性能モデルチェンジ”が施される。

フロントグリルやバンパー、ヘッドランプなどの変更で、エクステリアはより個性的なものに。インテリアも、木目の装飾などで質感向上が図られる。北米仕様車で初めて、“ぶつからない安全機能”「EyeSight」が導入されるのもトピックである。

機関面では、新世代の2.5リッター水平対向エンジンとスバル独自のCVT「リニアトロニック」を採用。車体骨格の補強に加え、サスペンションの設定変更も実施し、スポーティーで快適な乗り味に一層磨きをかけたという。

(webCG 関)

ニューヨークショー2012に出展される、2013年型「スバル・レガシィ」(米国仕様)。
ニューヨークショー2012に出展される、2013年型「スバル・レガシィ」(米国仕様)。 拡大
こちらは、2013年型「スバル・アウトバック」(米国仕様)。
こちらは、2013年型「スバル・アウトバック」(米国仕様)。 拡大

関連キーワード:
レガシィB4, レガシィアウトバック, スバル, 自動車ニュース

スバル レガシィB4 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スバルWRX S4 2.0GT-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.11.16 試乗記 スバルが、デビューから3年を経たスポーツセダン「WRX S4」に、再びの改良を実施。BMWやアウディとの比較によって磨かれたという、静的質感や静粛性、そしてスポーティーな走りと快適な乗り心地の両立に、熟成された機械ならではの“豊かさ”を感じた。
  • 新型「スバル・インプレッサ」プレビューイベントの会場から 2016.7.26 画像・写真 富士重工業が東京・恵比寿の本社ショールームにて「NEWインプレッサ プレビューイベント」を開催。新型「スバル・インプレッサ」の日本仕様車を初公開した。イベントの様子と、「インプレッサ スポーツ/G4」の姿を、写真でリポートする。
  • スバル・インプレッサG4 2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.3.21 試乗記 新型「スバル・インプレッサ」のセダンモデル「G4」に試乗。販売の主力となっているハッチバックモデルではなく、あえてマイナーなセダンを選ぶ理由はあるのか? 2リッターエンジン+18インチアルミホイールの上級グレードで検証した。
  • 「スバルWRX S4」の特別仕様車「STI Sport♯」登場 2020.7.6 自動車ニュース スバルは2020年7月6日、スポーツセダン「WRX S4」の仕様を一部変更し、同年8月20日に発売すると発表した。グレードラインナップを「STI Sport EyeSight」に一本化したほか、カタログ燃費の表記をJC08モードからWLTCモードに変更している。
  • トヨタRAV4 PHVプロトタイプ【試乗記】 2020.6.18 試乗記 グローバルで高い人気を誇るトヨタのミドルサイズSUV「RAV4」に、プラグインハイブリッド車の「RAV4 PHV」が登場。95kmの距離をゼロエミッションで走れるエコロジカルな新モデルは、同時に電動車ならではの“走る楽しさ”も追求した一台となっていた。
ホームへ戻る