新型「ホンダNSX」に新展開 生産工場設立へ

2013.05.15 自動車ニュース

新型「ホンダNSX」に新展開 生産工場設立へ

本田技研工業の米国における生産子会社ホンダオブアメリカマニュファクチュアリング・インコーポレーテッドは、2013年5月14日(現地時間)、新型「NSX」の生産工場を設立すると発表した。

新工場設立発表会でのひとこま。「アキュラNSXコンセプト」の傍らに立つのは、岩田秀信 ホンダオブアメリカマニュファクチュアリング・インコーポレーテッド社長(写真左)と、ジョン・ケイシック オハイオ州知事。
新工場設立発表会でのひとこま。「アキュラNSXコンセプト」の傍らに立つのは、岩田秀信 ホンダオブアメリカマニュファクチュアリング・インコーポレーテッド社長(写真左)と、ジョン・ケイシック オハイオ州知事。
    拡大
こちらは日本市場用「ホンダNSX」のコンセプトモデル。写真は2012年2月に展示されたもの(下写真も)。
こちらは日本市場用「ホンダNSX」のコンセプトモデル。写真は2012年2月に展示されたもの(下写真も)。
    拡大

新型「ホンダNSX」に新展開 生産工場設立への画像 拡大

ホンダオブアメリカマニュファクチュアリング・インコーポレーテッドは、約7000万USドル(1ドル100円換算で約70億円)を投資して、アメリカのオハイオ州に新型NSXを生産するための新工場「パフォーマンス・マニュファクチュアリング・センター」を設立する。

新型NSXは、「職人の技と新たなアプローチを取り入れる生産技術を調和させた」という同工場でのみ生産される予定。新工場には、オハイオ州の他工場から選抜された約100名の従業員が配備される。同車を高度なクラフトマンシップで生産するためのトレーニングも行われる。

次世代の直噴V6エンジンとハイブリッドシステム「SPORT HYBRID SH-AWD」がポイントとされる、新型NSX。その量産は2015年に始まり、北米を皮切りに世界の市場にデリバリーされる見通しだ。

(webCG)

関連キーワード:
NSX, ホンダ, -->, 自動車ニュース

ホンダ NSX の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ホンダNSX(2019年モデル) 2018.10.25 画像・写真 デビューから2年がたち、ダイナミクス性能のさらなる熟成を目指してマイナーチェンジが施された「ホンダNSX」。「クルバレッド」と新色「サーマルオレンジ・パール」をまとう最新型の姿を写真で紹介する。
  • ホンダNSX(その1) 2016.8.25 画像・写真 ホンダの新型「NSX」を発表。専用設計の3.5リッターV6ツインターボエンジンと3基のモーターからなるハイブリッドシステム「スポーツハイブリッドSH-AWD」を搭載し、11年ぶりに復活した高性能スポーツモデルの姿を写真で紹介する。
  • 「ロサンゼルスショー2017」の会場から(アキュラ) 2017.12.8 画像・写真 大幅改良を受けた新型「RLX(日本名:ホンダ・レジェンド)」に、迫力のサーキット専用車「NSX GT3」の姿も。ロサンゼルスモーターショーの会場から、ホンダのプレミアムブランド、アキュラの展示車両を写真で紹介する。
  • メルセデス・ベンツEQC400 4MATIC(4WD)【試乗記】 2019.10.10 試乗記 メルセデス・ベンツ初の量産型電気自動車「EQC」が、日本の道を走りだす――興味津々でステアリングを握った筆者は、従来の常識では予想できなかった、その動力性能や静粛性に時代の変化を感じたのだった。
  • アウディRS 5スポーツバック(4WD/8AT)【試乗記】 2019.10.7 試乗記 伸びやかな5ドアのボディーに、パワフルな2.9リッターV6ツインターボエンジンを搭載した「アウディRS 5スポーツバック」。最高出力450PS、最大トルク600N・mのアウトプットを自慢の「クワトロ」フルタイム4WDで御す、その走りを試した。
ホームへ戻る