トヨタ86の「峠カルチャー活動」がスタート

2013.05.15 自動車ニュース

トヨタ86の「2013年度 峠カルチャー活動」がスタート

「トヨタ86(ハチロク)」の発売を機に「スポーツカーカルチャー活動」を推進しているトヨタマーケティングジャパンは2013年5月14日、同活動のこれからの取り組みについて発表した。

2012年に選定された86の峠すべてを制覇した「峠マイスター」のおふたり、IMUさん(写真右)とSUさん(写真左)。IMUさんは、北は北海道から南は沖縄までの全ノミネート峠をわずか3カ月半で、SUさんは、なんと2カ月で制覇したとのこと。
2012年に選定された86の峠すべてを制覇した「峠マイスター」のおふたり、IMUさん(写真右)とSUさん(写真左)。IMUさんは、北は北海道から南は沖縄までの全ノミネート峠をわずか3カ月半で、SUさんは、なんと2カ月で制覇したとのこと。 拡大
スポーツカーファンが選んだ86の峠を巡る「リッジクエスト」。電波の届かない峠でもGPSが作動していればチェックインできる。
スポーツカーファンが選んだ86の峠を巡る「リッジクエスト」。電波の届かない峠でもGPSが作動していればチェックインできる。 拡大
コミュニティーサイト「86 SOCIETY」もリニューアルされた。
コミュニティーサイト「86 SOCIETY」もリニューアルされた。 拡大

2012年4月の発売から1年がたち、販売台数が2万6000台を数えるトヨタ86。トヨタマーケティングジャパンは、その86のユーザーを中心とするスポーツカーファンのためのコミュニティーサイト「86 SOCIETY」の運営を主軸に、スポーツカーカルチャーを育てる活動を行ってきた。その86 SOCIETYには、3600人以上(5月15日現在)がユーザー登録し、オンライン参加しているユーザーが自主運営するオフ会なども頻繁に行われているという。

2013年度については、「峠を大人の健全な遊び場として再発見する」がテーマの「峠カルチャー活動」を活動の中心に据え、スポーツカーカルチャーの育成を継続していくとのことで、ファン参加型の各種プログラムのリニューアルを発表した。

概要は以下のとおり。

・「峠ガイド」の拡充と「86 峠セレクション」のリニューアル
「さらにファンが参加でき、ファンがカルチャーを育てる実感を強化」をコンセプトにシステムをリニューアル。人気投票の対象となるノミネート峠を昨年の120カ所から151カ所に増加。追加の31カ所は、ファンからの要望があった峠を中心に選ばれた。これらの峠の中からWEB投票を経て、2013年度版86 峠セレクションランキングを決定する。

・「リッジクエスト」のリニューアル
実際に訪れた峠でチェックインすると、自分の来訪ログが記録・シェアできる峠スタンプラリーアプリ「リッジクエスト」では、ランキング上位の峠だけでなく、151カ所のノミネート峠すべてでチェックインできるようになった。

・「86 SOCIETY」のリニューアル
スポーツカーファンのためのコミュニティーサイト「86 SOCIETY」は峠を前面に打ち出した、写真を中心としたデザインへと一新。使い勝手のいいユーザーインターフェイスへと変更された。5月末には、携帯アプリも公開されるとのこと。

(webCG)
 

関連キーワード:
86, トヨタ, イベント, 自動車ニュース

トヨタ 86 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 新型「トヨタ・スープラ」(その1) 2019.1.14 画像・写真 トヨタのスポーツクーペ「スープラ」が17年ぶりに復活。2019年春の日本導入が予定されている新型は5代目のモデルにあたり(日本では3代目)、最高出力340psを発生する3リッター直6ターボを筆頭に、3種類のエンジンが用意されている。内外装の詳細を写真で紹介する。
  • トヨタ・スープラRZ“ホライズンブルーエディション”(FR/8AT)【試乗記】 2020.8.24 試乗記 デビューからわずか1年余りで、エンジンのパワーアップを伴う大きな改良を受けた「トヨタ・スープラRZ」。“いいものがあれば即座に使う”というGRならではのクルマづくりは、3リッター直6ターボの高性能スポーツカーに、劇的な進化をもたらしていた。
  • TOM'Sスープラ(FR/8AT)【試乗記】 2020.8.8 試乗記 トヨタのオフィシャルチューナーであるTOM'Sから、「トヨタ・スープラ」のコンプリートモデル「TOM'Sスープラ」が登場。レースカーかと見まがうボディーにノーマル比+120PSのハイチューンエンジンを搭載したマシンは、“通(ツウ)”をもうならせる一台に仕上がっていた。
  • トヨタ・スープラSZ-R(FR/8AT)【試乗記】 2019.8.6 試乗記 新型「トヨタ・スープラ」の中でイチオシのグレードだと、開発テストドライバーが口をそろえる「スープラSZ-R」。ワインディングロードで試乗してみると、その評価に納得できる楽しさが伝わってきた。
  • トヨタ・スープラRZ(FR/8AT)【試乗記】 2019.8.28 試乗記 4気筒モデルのバランスのよさも伝えられているが、「トヨタ・スープラ」といえば、やはり直6モデル「RZ」にとどめを刺す。電動化の波が押し寄せるさなかに復活した、古式ゆかしいスポーツカーの魅力を堪能した。
ホームへ戻る