「ホンダN BOX」に“鈴鹿”を冠した特別仕様車

2013.05.16 自動車ニュース
「N BOX+ SSパッケージ 2トーンカラースタイル」
「N BOX+ SSパッケージ 2トーンカラースタイル」 拡大

「ホンダN BOX」に“鈴鹿”を冠した特別仕様車

本田技研工業は2013年5月16日、軽乗用車「N BOX」「N BOX+」および「N BOXカスタム」「N BOX+カスタム」の特別仕様車、「SSパッケージ」と「ターボSSパッケージ」を発売した。

「N BOX+カスタム SSパッケージ」
「N BOX+カスタム SSパッケージ」 拡大
「N BOXカスタム SSパッケージ」のインテリア。
「N BOXカスタム SSパッケージ」のインテリア。 拡大
「N BOXカスタム ターボSSパッケージ」
「N BOXカスタム ターボSSパッケージ」 拡大

今回の「SSパッケージ」と「ターボSSパッケージ」は、装備を充実させながら価格をおさえたとされる特別仕様車。車名に添えられる「SS」は、「Suzuka Special」の略である。
それぞれのベースモデルと特別装備の内容は、以下のとおり。

■N BOX/N BOX+の「SSパッケージ」
(G・Lパッケージの装備に加えて)
・パワースライドドア(リア右側)
・クロムメッキ(アウタードアハンドル/セレクトレバーボタン/エアコンアウトレットノブ/リング)
・シルバーリング塗装ドリンクホルダー(運転席/助手席)
・シルバー塗装メーターリング
・運転席ハイトアジャスター(ラチェット式)
・ブラックインテリア

価格は「N BOX」(FF車)ベースの139万円から「N BOX+」(4WD車)ベースの163万円まで。

■N BOX/N BOX+の「ターボSSパッケージ」
(G・ターボパッケージの装備に加えて)
・ディスチャージヘッドライト<HID>(ハイ/ロービーム、オートレベリング/オートライトコントロール機構付き)
・クロムメッキ・アウタードアハンドル
・運転席ハイトアジャスター(ラチェット式)
・ブラックインテリア

価格は「N BOX」(FF車)ベースの149万円から「N BOX+」(4WD車)ベースの174万円まで。

■N BOXカスタム/N BOX+カスタムの「SSパッケージ」
(G・Lパッケージの装備に加えて)
・パワースライドドア(リア右側)
・14インチアルミホイール(ブラック)
・ピアノブラック調ガーニッシュ付き本革巻きステアリングホイール(専用シルバーステッチ)
・本革巻きセレクトレバー(専用シルバーステッチ)
・運転席ハイトアジャスター(ラチェット式)
・LEDランプ(フロントマップランプ/ラゲッジルームランプなど)

価格は「N BOXカスタム」(FF車)ベースの159万円から「N BOX+カスタム」(4WD車)ベースの181万円まで。

■N BOXカスタム/N BOX+カスタムの「ターボSSパッケージ」
(G・ターボパッケージの装備に加えて)
・ナビ装着用スペシャルパッケージ<リアワイドカメラ、リア2スピーカー、マイクロアンテナ(ワンセグTV対応)付き>
・ピアノブラック調ガーニッシュ付き本革巻きステアリングホイール(専用シルバーステッチ)
・本革巻きセレクトレバー(専用シルバーステッチ)
・運転席ハイトアジャスター(ラチェット式)
・LEDランプ(フロントマップランプ/ラゲッジルームランプなど)

価格は「N BOXカスタム」(FF車)ベースの168万円から「N BOX+カスタム」(4WD車)ベースの189万円まで。

(webCG)

関連キーワード:
N-BOX, N-BOXカスタム, N-BOX+, N-BOX+カスタム, ホンダ, 自動車ニュース

ホンダ N-BOX の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ホンダN-WGN L・Honda SENSING(FF/CVT)【試乗記】 2019.10.24 試乗記 ホンダの軽シリーズの中で、かつてはそれほど目立たなかった「N-WGN」。どこか懐かしいデザインをまとう2代目は、さまざまなユーザーニーズに応えられる、極めて商品力の高い軽乗用車に仕上がっていた。
  • ホンダN-WGN/N-WGNカスタム 2019.7.18 画像・写真 ホンダから軽ハイトワゴンの新型「N-WGN」が登場。2代目となる新型は、より生活に寄り添うクルマとなるべくすべてを刷新。シンプルさを重視したエクステリアや、日々快適に使えることを重視したインテリアが特徴となっている。その詳細な姿を写真で紹介する。
  • ホンダN-WGNカスタムL・ターボ Honda SENSING(FF/CVT)【試乗記】 2019.11.12 試乗記 新型「N-WGN」の仕上がりにはスキがない。さすが軽自動車市場を席巻するホンダの最新作といえる仕上がりだ。クルマの出来栄えをリポートするとともに、ヒット作ばかりの「N」シリーズを生み出す、ホンダのクルマづくり・人づくりの最前線を紹介する。
  • トヨタ・グランエースG(FR/6AT)【試乗記】 2020.3.19 試乗記 トヨタの大型ミニバン「グランエース」に試乗。年間販売目標600台という数字が示す通り、その実態はプロユースの送迎用車両だ。果たしてそんなクルマに、目の肥えすぎた(?)自動車マニアが飛びついて持て余すことはないのだろうか。にわかオーナー体験の様子をリポートする。
  • トヨタ・ヤリス ハイブリッドG(FF/CVT)【試乗記】 2020.3.21 試乗記 トヨタのコンパクトカー「ヴィッツ」がフルモデルチェンジ。プラットフォームやパワートレイン、内外装デザインなどすべてが刷新され、車名まで従来のグローバル名たる「ヤリス」に改められて登場した。まずは最量販モデルと位置付けられる「ハイブリッドG」の出来栄えを確かめる。
ホームへ戻る