「ホンダN BOX」に“鈴鹿”を冠した特別仕様車

2013.05.16 自動車ニュース
「N BOX+ SSパッケージ 2トーンカラースタイル」
「N BOX+ SSパッケージ 2トーンカラースタイル」 拡大

「ホンダN BOX」に“鈴鹿”を冠した特別仕様車

本田技研工業は2013年5月16日、軽乗用車「N BOX」「N BOX+」および「N BOXカスタム」「N BOX+カスタム」の特別仕様車、「SSパッケージ」と「ターボSSパッケージ」を発売した。

「N BOX+カスタム SSパッケージ」
「N BOX+カスタム SSパッケージ」 拡大
「N BOXカスタム SSパッケージ」のインテリア。
「N BOXカスタム SSパッケージ」のインテリア。 拡大
「N BOXカスタム ターボSSパッケージ」
「N BOXカスタム ターボSSパッケージ」 拡大

今回の「SSパッケージ」と「ターボSSパッケージ」は、装備を充実させながら価格をおさえたとされる特別仕様車。車名に添えられる「SS」は、「Suzuka Special」の略である。
それぞれのベースモデルと特別装備の内容は、以下のとおり。

■N BOX/N BOX+の「SSパッケージ」
(G・Lパッケージの装備に加えて)
・パワースライドドア(リア右側)
・クロムメッキ(アウタードアハンドル/セレクトレバーボタン/エアコンアウトレットノブ/リング)
・シルバーリング塗装ドリンクホルダー(運転席/助手席)
・シルバー塗装メーターリング
・運転席ハイトアジャスター(ラチェット式)
・ブラックインテリア

価格は「N BOX」(FF車)ベースの139万円から「N BOX+」(4WD車)ベースの163万円まで。

■N BOX/N BOX+の「ターボSSパッケージ」
(G・ターボパッケージの装備に加えて)
・ディスチャージヘッドライト<HID>(ハイ/ロービーム、オートレベリング/オートライトコントロール機構付き)
・クロムメッキ・アウタードアハンドル
・運転席ハイトアジャスター(ラチェット式)
・ブラックインテリア

価格は「N BOX」(FF車)ベースの149万円から「N BOX+」(4WD車)ベースの174万円まで。

■N BOXカスタム/N BOX+カスタムの「SSパッケージ」
(G・Lパッケージの装備に加えて)
・パワースライドドア(リア右側)
・14インチアルミホイール(ブラック)
・ピアノブラック調ガーニッシュ付き本革巻きステアリングホイール(専用シルバーステッチ)
・本革巻きセレクトレバー(専用シルバーステッチ)
・運転席ハイトアジャスター(ラチェット式)
・LEDランプ(フロントマップランプ/ラゲッジルームランプなど)

価格は「N BOXカスタム」(FF車)ベースの159万円から「N BOX+カスタム」(4WD車)ベースの181万円まで。

■N BOXカスタム/N BOX+カスタムの「ターボSSパッケージ」
(G・ターボパッケージの装備に加えて)
・ナビ装着用スペシャルパッケージ<リアワイドカメラ、リア2スピーカー、マイクロアンテナ(ワンセグTV対応)付き>
・ピアノブラック調ガーニッシュ付き本革巻きステアリングホイール(専用シルバーステッチ)
・本革巻きセレクトレバー(専用シルバーステッチ)
・運転席ハイトアジャスター(ラチェット式)
・LEDランプ(フロントマップランプ/ラゲッジルームランプなど)

価格は「N BOXカスタム」(FF車)ベースの168万円から「N BOX+カスタム」(4WD車)ベースの189万円まで。

(webCG)

関連キーワード:
N-BOX, N-BOXカスタム, N-BOX+, N-BOX+カスタム, ホンダ, 自動車ニュース

ホンダ N-BOX の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • BMW 218iグランクーペMスポーツ(FF/7AT)【試乗記】 2021.5.3 試乗記 BMWが初めて手がけた、コンパクトな4ドアクーペ「2シリーズ グランクーペ」。ハッチバック「1シリーズ」と同じ前輪駆動プラットフォームで開発された新型車に、ドライビングプレジャーはあるのか?
  • ホンダN-WGN/N-WGNカスタム 2019.7.18 画像・写真 ホンダから軽ハイトワゴンの新型「N-WGN」が登場。2代目となる新型は、より生活に寄り添うクルマとなるべくすべてを刷新。シンプルさを重視したエクステリアや、日々快適に使えることを重視したインテリアが特徴となっている。その詳細な姿を写真で紹介する。
  • BMW 218dグランクーペ プレイ エディションジョイ+(FF/8AT)【試乗記】 2021.5.12 試乗記 FFを基本としたエンジン横置きプラットフォームに、コンパクトな4ドアボディーを架装した「BMW 2シリーズ グランクーペ」。FRを信奉する古くからのファンには敬遠されそうなモデルだが、実際に乗ってみると、FFの乗用車として出色の出来栄えだった。
  • スバル・インプレッサスポーツSTI Sport(4WD/CVT)【試乗記】 2021.5.14 試乗記 「スバル・インプレッサスポーツ」に新たな最上級グレードとなる「STI Sport」が追加された。車名とグレード名の双方に“スポーツ”と付くマニア待望のSTIチューニングモデルは、一体どんな走りをみせてくれるのだろうか。
  • メルセデスAMG E63 S 4MATIC+(4WD/9AT)【試乗記】 2021.5.10 試乗記 「史上最速の『Eクラス』」をうたう「メルセデスAMG E63 S 4MATIC+」がマイナーチェンジ。動力性能は据え置きながら、デジタル系装備が長足の進化を遂げているのが特徴だ。最新のユーザーインターフェイスや対話型音声認識システムの仕上がりを報告する。
ホームへ戻る