「ホンダN BOX」に“鈴鹿”を冠した特別仕様車

2013.05.16 自動車ニュース
「N BOX+ SSパッケージ 2トーンカラースタイル」
「N BOX+ SSパッケージ 2トーンカラースタイル」 拡大

「ホンダN BOX」に“鈴鹿”を冠した特別仕様車

本田技研工業は2013年5月16日、軽乗用車「N BOX」「N BOX+」および「N BOXカスタム」「N BOX+カスタム」の特別仕様車、「SSパッケージ」と「ターボSSパッケージ」を発売した。

「N BOX+カスタム SSパッケージ」
「N BOX+カスタム SSパッケージ」 拡大
「N BOXカスタム SSパッケージ」のインテリア。
「N BOXカスタム SSパッケージ」のインテリア。 拡大
「N BOXカスタム ターボSSパッケージ」
「N BOXカスタム ターボSSパッケージ」 拡大

今回の「SSパッケージ」と「ターボSSパッケージ」は、装備を充実させながら価格をおさえたとされる特別仕様車。車名に添えられる「SS」は、「Suzuka Special」の略である。
それぞれのベースモデルと特別装備の内容は、以下のとおり。

■N BOX/N BOX+の「SSパッケージ」
(G・Lパッケージの装備に加えて)
・パワースライドドア(リア右側)
・クロムメッキ(アウタードアハンドル/セレクトレバーボタン/エアコンアウトレットノブ/リング)
・シルバーリング塗装ドリンクホルダー(運転席/助手席)
・シルバー塗装メーターリング
・運転席ハイトアジャスター(ラチェット式)
・ブラックインテリア

価格は「N BOX」(FF車)ベースの139万円から「N BOX+」(4WD車)ベースの163万円まで。

■N BOX/N BOX+の「ターボSSパッケージ」
(G・ターボパッケージの装備に加えて)
・ディスチャージヘッドライト<HID>(ハイ/ロービーム、オートレベリング/オートライトコントロール機構付き)
・クロムメッキ・アウタードアハンドル
・運転席ハイトアジャスター(ラチェット式)
・ブラックインテリア

価格は「N BOX」(FF車)ベースの149万円から「N BOX+」(4WD車)ベースの174万円まで。

■N BOXカスタム/N BOX+カスタムの「SSパッケージ」
(G・Lパッケージの装備に加えて)
・パワースライドドア(リア右側)
・14インチアルミホイール(ブラック)
・ピアノブラック調ガーニッシュ付き本革巻きステアリングホイール(専用シルバーステッチ)
・本革巻きセレクトレバー(専用シルバーステッチ)
・運転席ハイトアジャスター(ラチェット式)
・LEDランプ(フロントマップランプ/ラゲッジルームランプなど)

価格は「N BOXカスタム」(FF車)ベースの159万円から「N BOX+カスタム」(4WD車)ベースの181万円まで。

■N BOXカスタム/N BOX+カスタムの「ターボSSパッケージ」
(G・ターボパッケージの装備に加えて)
・ナビ装着用スペシャルパッケージ<リアワイドカメラ、リア2スピーカー、マイクロアンテナ(ワンセグTV対応)付き>
・ピアノブラック調ガーニッシュ付き本革巻きステアリングホイール(専用シルバーステッチ)
・本革巻きセレクトレバー(専用シルバーステッチ)
・運転席ハイトアジャスター(ラチェット式)
・LEDランプ(フロントマップランプ/ラゲッジルームランプなど)

価格は「N BOXカスタム」(FF車)ベースの168万円から「N BOX+カスタム」(4WD車)ベースの189万円まで。

(webCG)

関連キーワード:
N-BOX, N-BOXカスタム, N-BOX+, N-BOX+カスタム, ホンダ, 自動車ニュース

ホンダ N-BOX の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ホンダN-ONE【開発者インタビュー】 2020.11.19 試乗記 丸いような四角いような、クラシックでシンプルなスタイリングが特徴の「ホンダN-ONE」がフルモデルチェンジ。実用性重視のトールワゴン全盛期に、趣味性に振った軽乗用車を存続させた意図とは? “個性派モデル”にかけるホンダの意気込みを、開発者に聞いた。
  • ホンダN-ONEオリジナル/N-ONEプレミアムツアラー 2020.11.19 画像・写真 シンプルでクラシックなスタイルが特徴の軽乗用車「ホンダN-ONE」がフルモデルチェンジ。好評を博したエクステリアデザインは受け継ぎつつ、インテリアやプラットフォームを全面刷新して登場した。タイムレスな存在感を追求した2代目N-ONEを写真で紹介する。
  • ホンダN-WGNカスタムL・ターボ Honda SENSING(FF/CVT)【試乗記】 2019.11.12 試乗記 新型「N-WGN」の仕上がりにはスキがない。さすが軽自動車市場を席巻するホンダの最新作といえる仕上がりだ。クルマの出来栄えをリポートするとともに、ヒット作ばかりの「N」シリーズを生み出す、ホンダのクルマづくり・人づくりの最前線を紹介する。
  • スバルが新型「BRZ」の概要を発表 北米仕様車は2.4リッターエンジン搭載 2020.11.18 自動車ニュース スバルは2020年11月18日、FRスポーツカー「BRZ」の新型(北米仕様車)を世界初公開した。フルモデルチェンジを機に、エンジンの排気量は拡大。AT車には運転支援システム「アイサイト」が搭載される。
  • ホンダが2代目となる新型「N-ONE」を発表 デザインは踏襲しつつ中身を全面刷新 2020.11.19 自動車ニュース ホンダが軽乗用車「N-ONE」をフルモデルチェンジ。2代目となる新型は、初代で好評だった外観デザインは受け継ぎつつ、内装やボディー骨格、パワーユニットなどを刷新。タイムレスなイメージに、充実した装備、快適で楽しい走りを併せ持つモデルとなっているという。
ホームへ戻る