新型「ロータス・エキシージ」は2013年7月上陸

2013.06.14 自動車ニュース
「ロータス・エキシージS」
「ロータス・エキシージS」
    拡大

新型「ロータス・エキシージ」は2013年7月上陸

ロータスの正規輸入元エルシーアイは2013年6月13日、スポーツカー「エキシージ」の新型を同年7月25日に発売すると発表した。

日本市場で扱われるロータス車の中で、しばらくカタログから姿を消していた「エキシージ」が、新型になって帰ってくる。

正式なモデル名は、「エキシージS」。駆動方式はこれまでと同じMRであるものの、ホイールベースは既存の「エリーゼ」シリーズよりも長くとられ、さらにパワフルなトヨタ製の3.5リッターV6スーパーチャージドエンジンが搭載される。

車両重量は1176kgで、公表されている0-100km/hの加速タイムは4秒、最高速は274km/h。現行のロータス車の中で、最もスパルタンなモデルになっているという。
価格は、現時点では明らかにされていない。

(webCG)

■「ロータス・エキシージS」オフィシャルムービー
 


 

関連キーワード:
エキシージ, ロータス, 自動車ニュース

ロータス エキシージ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 第3回:ロータス・ヨーロッパ スペシャル 2017.3.29 スーパーカークロニクル スーパーカーとは何だろうか。排気量と価格で判断したら、「ロータス・ヨーロッパ」をそう呼ぶのはためらわれる。しかしヨーロッパはまちがいなくスーパーだった。この軽やかさ! レースとの絆は、同時代のフェラーリよりも濃いかもしれない。
  • ロータス・エキシージ スポーツ410(MR/6MT)【試乗記】 2019.7.5 試乗記 過給機付きの3.5リッターV6エンジンを搭載した「ロータス・エキシージ」の最新モデル「スポーツ410」。7年にわたり連綿と施されてきた改良は、このクルマにどのような進化をもたらしたのか? 卓越した走行安定性と洗練されたエンジンの妙味を堪能した。
  • ロータス・エキシージ スポーツ380(MR/6MT)【試乗記】 2018.2.1 試乗記 ロータスの製品群の中でも、より走りを突き詰めた「エキシージ」が“380”に進化。より強力になった3.5リッターV6スーパーチャージドエンジンと、さらなる軽量化が図られたボディー、それに合わせて最適化の図られた足まわりが織り成す走りに触れた。
  • ロータス・エキシージ スポーツ350(MR/6MT)【試乗記】 2016.10.19 試乗記 大幅な軽量化により、動力性能をさらに突き詰めた「ロータス・エキシージ スポーツ350」。より速く、より荒々しくなったその走りを堪能し、名だたるスーパーカーでさえ持ち合わせていない、このクルマだけの“特権”に触れた。
  • ポルシェ718ケイマンGTS 4.0(前編) 2021.4.18 池沢早人師の恋するニューモデル 漫画『サーキットの狼』の作者、池沢早人師が今回試乗するのは、ポルシェの2シーターミドシップクーペ「718ケイマンGTS 4.0」。4気筒版の「GTS」に対し35PS増しとなる、最高出力400PSの4リッター水平対向6気筒NA+6段MTの印象は?
ホームへ戻る