次期「マツダ・アクセラ」の姿が明らかに

2013.06.27 自動車ニュース
マツダ3(北米仕様車)
マツダ3(北米仕様車) 拡大

次期「マツダ・アクセラ」の姿が明らかに

マツダは2013年6月27日、新型「マツダ3」(日本名:マツダ・アクセラ)のハッチバックモデルを発表した。2013年秋から、北米市場を皮切りに順次グローバルに導入する。日本では2013年内に正式発表する予定。

■日本向けにはハイブリッド仕様も

新型「マツダ3」は、SKYACTIV技術とデザインテーマ「魂動(こどう)」が全面的に採用された、同社の新世代商品の第3弾となる。
ドライバーの危険認知・判断をサポートする先進安全技術「i-ACTIVSENSE」が広く搭載されるほか、走行安全性を最優先に考えたヒューマンマシンインターフェイス(HMI)を備える新しいカーコネクティビティーシステムも導入される予定。

ボディーサイズは全長×全幅×全高=4460(±0)×1795(+40)×1455(-15)mm(カッコ内は先代型との比較)。ホイールベースは従来型より60mm長い2700mmとされる。

エンジンは新開発の「SKYACTIV-G 1.5」を含む1.5リッターから2.5リッターまでのガソリンエンジンと2.2リッターのディーゼルが用意され、トランスミッションはATとMTが設定されるなどラインナップの幅広さが自慢。これらは市場ごとに適切なラインナップで展開されるという。また日本市場向けとして、ハイブリッドシステムがセダンモデルに搭載される。

「マツダ3」は2003年の初代モデル発売以来、グローバルで350万台以上が販売され、同社の年間販売台数の3割以上を占める最量販モデルとなっている。

(webCG)

→新型「マツダ3(マツダ・アクセラ)」のさらに詳しい画像はこちら

関連キーワード:
アクセラスポーツ, アクセラハイブリッド, マツダ, 自動車ニュース

マツダ アクセラスポーツ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • マツダ3ファストバック<eスカイアクティブX搭載車> プロトタイプ【試乗記】 2020.11.11 試乗記 「ガソリンエンジンとディーゼルエンジンの長所を併せ持つ」というマツダの新世代エンジン「スカイアクティブX」がバージョンアップ。それで走りはどう変わったのか? 「eスカイアクティブX」と名づけられた新ユニットを搭載する「マツダ3」で確かめた。
  • マツダ3ファストバックX Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2020.7.7 試乗記 新世代エンジン「SKYACTIV-X(スカイアクティブX)」を搭載した「マツダ3ファストバック」に試乗。他に例を見ない挑戦的なスタイリングと、独自の内燃機関技術によって高い評価を得ている今日のマツダに“欠けているもの”とは?
  • ルノー・ルーテシア インテンス テックパック(FF/7AT)【試乗記】 2020.11.4 試乗記 ルノーのコンパクトハッチバック「ルーテシア」の新型がいよいよ日本に上陸。新型のポイントはズバリ「すべてが新しい」ところだ。新登場のプラットフォームやエンジン、さらにルノーらしからぬ(?)充実の先進安全装備の仕上がりをリポートする。
  • トヨタGRヤリス【試乗記】 2020.11.20 試乗記 トヨタのクルマは低燃費だけど低刺激。そんなイメージをすっかり忘れさせてしまうのが「GRヤリス」だ。専用設計のシャシーに最高出力272PSの1.6リッター直3ターボエンジンや独自設計の4WDシステムを積んだ、幻のホモロゲーションモデルの実力を試す。
  • トヨタGRヤリス プロトタイプ【試乗記】 2020.8.10 試乗記 WRCへの投入を念頭に、トヨタが開発した「GRヤリス」。公道デビューを間近に控えたそのカタログモデル3グレードに試乗。トヨタ久々のコンパクトスポーツは、モータースポーツ直系マシンならではの“本気度”と、操る楽しさを併せ持つ一台となっていた。
ホームへ戻る