次期「マツダ・アクセラ」の姿が明らかに

2013.06.27 自動車ニュース
マツダ3(北米仕様車)
マツダ3(北米仕様車) 拡大

次期「マツダ・アクセラ」の姿が明らかに

マツダは2013年6月27日、新型「マツダ3」(日本名:マツダ・アクセラ)のハッチバックモデルを発表した。2013年秋から、北米市場を皮切りに順次グローバルに導入する。日本では2013年内に正式発表する予定。

■日本向けにはハイブリッド仕様も

新型「マツダ3」は、SKYACTIV技術とデザインテーマ「魂動(こどう)」が全面的に採用された、同社の新世代商品の第3弾となる。
ドライバーの危険認知・判断をサポートする先進安全技術「i-ACTIVSENSE」が広く搭載されるほか、走行安全性を最優先に考えたヒューマンマシンインターフェイス(HMI)を備える新しいカーコネクティビティーシステムも導入される予定。

ボディーサイズは全長×全幅×全高=4460(±0)×1795(+40)×1455(-15)mm(カッコ内は先代型との比較)。ホイールベースは従来型より60mm長い2700mmとされる。

エンジンは新開発の「SKYACTIV-G 1.5」を含む1.5リッターから2.5リッターまでのガソリンエンジンと2.2リッターのディーゼルが用意され、トランスミッションはATとMTが設定されるなどラインナップの幅広さが自慢。これらは市場ごとに適切なラインナップで展開されるという。また日本市場向けとして、ハイブリッドシステムがセダンモデルに搭載される。

「マツダ3」は2003年の初代モデル発売以来、グローバルで350万台以上が販売され、同社の年間販売台数の3割以上を占める最量販モデルとなっている。

(webCG)

→新型「マツダ3(マツダ・アクセラ)」のさらに詳しい画像はこちら

関連キーワード:
アクセラスポーツ, アクセラハイブリッド, マツダ, 自動車ニュース

マツダ アクセラスポーツ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • マツダ3ファストバックX Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2020.7.7 試乗記 新世代エンジン「SKYACTIV-X(スカイアクティブX)」を搭載した「マツダ3ファストバック」に試乗。他に例を見ない挑戦的なスタイリングと、独自の内燃機関技術によって高い評価を得ている今日のマツダに“欠けているもの”とは?
  • マツダ3ファストバックXバーガンディーセレクション(4WD/6MT)【試乗記】 2020.3.12 試乗記 「マツダ3」に、世界で初めて圧縮着火を実現したガソリンエンジン「SKYACTIV-X(スカイアクティブX)」搭載モデルが登場。マツダ自慢の新エンジンは、どのような走りを見せるのか? デビューから半年を経たシャシーの進化とともに報告する。
  • 第182回:細かいことは忘れよう! 2020.6.30 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第182回は「細かいことは忘れよう!」。マイナーチェンジ後の「マツダ・ロードスター」にリベンジ試乗。完璧すぎたフィーリングに違和感!? カーマニアがスポーツカーに求める、あるべき姿とは?
  • 三菱eKクロス スペースT(FF/CVT)【試乗記】 2020.6.25 試乗記 三菱の新たな軽スーパーハイトワゴン「eKクロス スペース」に試乗。まずは迫力満点のフロントマスクに目が行ってしまうが、肝心の使い勝手はどうなのか。あれこれいじってみるとともに、ワインディングロードにも持ち込んでみた。
  • ホンダS2000<20周年記念純正アクセサリー装着車>(FR/6MT)【試乗記】 2020.6.19 試乗記 ホンダのオープントップスポーツ「S2000」の純正アクセサリーが新たに発売される。ホンダアクセスが手がけたこれらアイテムの開発コンセプトは“20年目のマイナーモデルチェンジ”。ワインディングロードで試乗し、その仕上がりを確かめた。
ホームへ戻る