「ボルボV50」にスポーティーな特別限定車

2012.03.13 自動車ニュース

「ボルボV50」にスポーティーな特別限定車

ボルボ・カーズ・ジャパンは2012年3月13日、コンパクトワゴン「V50」に特別仕様車「V50 2.0 R-DESIGN」を設定し、100台限定で発売した。

今回設定された「V50 2.0 R-DESIGN」は、2リッター直4エンジンを搭載。専用スポーツサスペンションを採用するほか、ショックアブソーバーやアンチロールバー、リアブッシュなどを強化し、ハンドリング性能を高めたスポーティーモデルだ。

内外装にも、専用アイテムを装備することで、スポーティーでデザイン性の高い特別な仕様としている。主な特別装備は以下のとおり。

【パフォーマンス/エクステリア】
・R−DESIGN専用(スポーツサスペンション、ボディーキット<フロントスポイラー、サイドスカート、リアスカート>、R−DESIGNエンブレム付き専用フロントグリル、マットクロームドアミラーカバー)
・リアルーフスポイラー
・デュアルキセノンヘッドライト(自動光軸調整機構付き)/ヘッドライトウォッシャー
・フロントフォグランプ
・スペシャルデザインアルミホイール“Cratus”(7.0J×17)/205/50R17タイヤ

【インテリア】
・R−DESIGN専用(V−Flex/スムースレザーコンビネーションシート、アルミニウムパネル、本革巻き/アルミニウムスポーツステアリングホイール<3本スポーク>、メーターパネル、フロアマット)
・本革巻き/アルミニウムシフトノブ
・スポーツペダル
・フロント8ウェイパワーシート(運転席メモリー機構付き)
・クルーズコントロール
・ハイパフォーマンスオーディオシステム
・オーディオリモートコントロール機能(ステアリングホイール内蔵)
・USBポート(外部入力端子)
・レインセンサー
・自動防眩(ぼうげん)機能付きルームミラー
・ラゲッジカバー
・エキストラ12Vパワーソケット(ラゲッジルーム)

ボディーカラーは「ブラックサファイヤメタリック」「パッションレッド」「アイスホワイト」の3色を用意。シートカラーは、オフブラック/カルサイトクリームのコンビネーションとなる。

価格は339万円。100台限定で販売される。

(webCG ワタナベ)

「ボルボV50 2.0 R-DESIGN」
「ボルボV50 2.0 R-DESIGN」 拡大

「ボルボV50」にスポーティーな特別限定車の画像 拡大

「ボルボV50」にスポーティーな特別限定車の画像 拡大

関連キーワード:
V50, ボルボ, 自動車ニュース

ボルボ V50 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ボルボV60 2018.2.23 画像・写真 ボルボは第88回ジュネーブモーターショー(開催期間:2018年3月6日~18日)で、ミドルクラスワゴン「V60」の新型を世界初公開する。その姿を画像で紹介する。
  • 「ボルボV60」に48Vマイルドハイブリッドパワートレインの「B4」「B5」登場 2020.10.21 自動車ニュース ボルボ・カー・ジャパンは2020年10月21日、ステーションワゴン「V60」の一部仕様変更モデルの導入を発表し、販売を開始した。パワートレインの設定を見直しており、純ガソリンモデルに代えて48Vマイルドハイブリッド車を導入。全車が電動パワートレイン搭載モデルとなっている。
  • ボルボV60 B5 R-DESIGN(FF/8AT)【試乗記】 2021.1.6 試乗記 ボルボのステーションワゴン「V60」の最新モデルに試乗。連れ出したのは新たに設定された48Vハイブリッドパワートレインと、スポーティーなセッティングのサスペンションを備えた「B5 R-DESIGN」。果たしてその仕上がりは?
  • ボルボV60 T5インスクリプション(FF/8AT)【試乗記】 2018.11.26 試乗記 2代目「S60」のステーションワゴン版として登場したボルボの「V60」がフルモデルチェンジを果たした。スポーツワゴン的な性格を持っていた初代に対し、こちらは「V90」の血筋を色濃く感じる内外装デザインが特徴だ。日本向けにこだわりをもって開発したという最新モデルの実力を探る。
  • ボルボが多くのモデルの希望小売価格を改定 2020年1月1日より新価格を適用 2019.12.2 自動車ニュース ボルボ・カー・ジャパンは2019年12月2日、取り扱い車種の希望小売価格を改定すると発表した。対象となるのは「XC40」と「S60」を除く全モデルで、2020年1月1日より値上げされた新価格が適用される。
ホームへ戻る