ポルシェ「911」50周年記念モデルの受注を開始

2013.07.05 自動車ニュース
「ポルシェ911 50thアニバーサリーエディション」
「ポルシェ911 50thアニバーサリーエディション」
    拡大

ポルシェ「911」50周年記念モデルの受注を開始

ポルシェ ジャパンは2013年7月5日、「ポルシェ911 50thアニバーサリーエディション」の予約受注を同年7月10日に開始すると発表した。

既報の通り、911 50thアニバーサリーエディションは、「ポルシェ911」の誕生50周年を祝う特別限定モデルであり、初代911が1963年に世界初公開されたことにちなんで1963台が限定生産される。

ベースとなるのは3.8リッターエンジンを搭載した「カレラS」の後輪駆動モデルだが、今回の限定車には4WDモデル譲りのワイドボディーを採用。広くなったトレッドに合わせて専用のチューニングがなされたポルシェ・アクティブサスペンション・マネージメントシステム(PASM)や、スポーツエグゾーストシステム、初代911の「フックスホイール」をモチーフにした専用の20インチホイールなどを標準で装備している。

動力性能は0-100km/h加速が4.3秒で、最高速度が298km/h。燃費は8.7リッター/100km(約11.5km/リッター、欧州複合モード)となっている。

実車は、2013年9月に開催されるフランクフルト国際モーターショーで公開される予定。ハンドル位置は左右から選択可能だが、トランスミッションは7段PDKのみの設定となる。価格は1712万円。

(webCG)
 

関連キーワード:
911, ポルシェ, 自動車ニュース

ポルシェ 911 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ポルシェ718ケイマンGTS 4.0(MR/6MT)【試乗記】 2020.12.29 試乗記 4リッターの水平対向6気筒自然吸気エンジンを搭載する「ポルシェ718ケイマンGTS 4.0」に試乗。従来型「GTS」の2.5リッター4気筒ターボでは味わうことのできない、新たなパワーユニットならではのパフォーマンスと魅力に迫った。
  • ポルシェ718ボクスターGTS 4.0(MR/6MT)【試乗記】 2021.1.11 試乗記 自然吸気の4リッター6気筒エンジンを搭載する「ポルシェ718ボクスターGTS 4.0」。その走りは、パワーユニットを共有する上位モデルとも、4気筒ターボエンジンを積むエントリーモデルとも異なる、独自の魅力にあふれていた。
  • ポルシェ911ターボSカブリオレ(4WD/8AT)【試乗記】 2021.1.5 試乗記 最高出力650PSを誇る、新型「ポルシェ911ターボSカブリオレ」に試乗。その加速やコーナリングからは、つくり手がこのハイパフォーマンスカーに込めた、すさまじいほどの気合が伝わってきた。
  • ポルシェ・タイカン ターボS(4WD)【試乗記】 2020.12.30 試乗記 ポルシェは並のクルマはつくらない。ブランド初の電気自動車(EV)として送り出された「タイカン」は、EVであると同時に第一級のスポーツサルーンでもある。ワインディングロードで味わえたのはあまりに濃密な「ポルシェらしさ」だった。
  • ポルシェ718ケイマンGT4(MR/6MT)【試乗記】 2020.9.8 試乗記 「ポルシェ718ケイマン」に追加設定されたハードコアモデル「GT4」に試乗。車名の由来ともなった水平対向4気筒ターボから、新開発の自然吸気フラット6へとエンジンが置き替えられた、高性能ミドシップマシンのパフォーマンスやいかに。
ホームへ戻る