VW初の電気自動車「e-up!」の値段が明らかに

2013.07.09 自動車ニュース
「フォルクスワーゲンe-up!」
「フォルクスワーゲンe-up!」 拡大

フォルクスワーゲン初の電気自動車「e-up!」の値段が明らかに

独フォルクスワーゲンは2013年7月5日、電気自動車「e-up!」のエントリーグレードの価格を発表した。

 

e-up!の価格は、欧州で開催される次世代エコカーのラリーイベント「Silvretta E-Car Rally」への参加発表のリリースの中で明らかにされた。それによると、ドイツ本国での価格は、エントリーグレードで2万6900ユーロ(約349万7000円、1ユーロ=130円で換算)となっている。

e-up!はフォルクスワーゲンが今秋のフランクフルトショーで正式発表を予定する、同社初の量産型電気自動車である。モーターの最高出力は60kW(82ps)、最大トルクは210Nm(21.4kgm)となっており、0-100km/h加速12.4秒、最高速度130km/hの動力性能を実現。バッテリーは蓄電量18.7kWhのリチウムイオン式で、1回の充電で160kmの走行を可能としている(欧州複合モード)。

また充電は、ドイツで一般的な2.3kW、230Vの家庭用電源などに加え、40kWの急速充電にも対応。30分でバッテリーを80%まで充電することができる。

(webCG)
 

関連キーワード:
e-up!, フォルクスワーゲン, 自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フォルクスワーゲンup! GTI(FF/6MT)【試乗記】 2018.6.19 試乗記 「フォルクスワーゲンup!」に伝統の高性能バージョン「GTI」が登場。初代「ゴルフGTI」に近い小柄なボディーを1リッター直3ターボで引っ張る600台の限定モデルは、ホットハッチとしてあらゆる意味で“ちょうどいい”一台に仕上がっていた。
  • フォルクスワーゲンup! with beats(FF/5AT)【試乗記】 2017.6.15 試乗記 フォルクスワーゲンのラインナップの中で最もコンパクトな「up!」がマイナーチェンジ。デビューから5年がたち、走りや乗り心地はどのように変わったのか、専用のドレスアップやbeatsのオーディオを特徴とする限定車で確かめた。
  • フォルクスワーゲン・ゴルフ1.5 eTSI(FF/7AT)/ゴルフ2.0 TDI(FF/7AT)【海外試乗記】 2020.5.6 試乗記 「フォルクスワーゲン・ゴルフ」が8代目に生まれ変わった。車車間通信や対話型インフォテインメントシステムを採用するなど、今回のモデルチェンジをひと言で表すならば“デジタライゼーション”だ。ハッチバック車のベンチマークの、最新モデルの仕上がりやいかに!?
  • フォルクスワーゲンhigh up!(FF/5AT)【試乗記】 2017.5.17 試乗記 「フォルクスワーゲンup!」が初のマイナーチェンジ。内外装ともにリフレッシュされた、“末っ子”の使い勝手をテストした。走らせて一番快適だったのは、小さなボディーとは結びつかない意外な場所だった。 
  • カワサキZ H2(MR/6MT)【レビュー】 2020.5.21 試乗記 240kgの車体に最高出力200PSのスーパーチャージドエンジンを抱く「カワサキZ H2」。クルマでいうなら1000PS級のネイキッドバイクは、どんなパフォーマンスを見せてくれるのか?
ホームへ戻る