フォルクスワーゲンから2台のEVが登場【フランクフルトショー2013】

2013.09.02 自動車ニュース
フォルクスワーゲンの電気自動車「e-up!」(左)と「e-ゴルフ」(右)
フォルクスワーゲンの電気自動車「e-up!」(左)と「e-ゴルフ」(右) 拡大

【フランクフルトショー2013】フォルクスワーゲンから2台のEVが登場

独フォルクスワーゲンは2013年8月27日、電気自動車の「e-ゴルフ」と「e-up!」を同年のフランクフルトショー(開催期間:2013年9月10日~22日)で公開すると発表した。

e-ゴルフは、最高出力115ps(85kW)、最大トルク27.5kgm(270Nm)の電動モーターを搭載したモデルで、0-100km/h加速10.4秒という動力性能を発揮。最高速はリミッターによって140km/hに制限される。バッテリーは蓄電量24.2kWhのリチウムイオン式で、1回の充電で190kmの距離を走行することが可能。フォルクスワーゲンでは初採用となるLED式のヘッドライトも特徴となっている。

一方、e-up!は最高出力82ps(60kW)、最大トルク21.4kgm(210Nm)のモーターと18.7kWhのリチウムイオンバッテリーを搭載しており、0-100km/h加速12.4秒、最高速130km/hという動力性能を発揮。1回の充電による航続可能距離は160kmと発表されている。

(webCG)
 

関連キーワード:
ゴルフ, e-up!, フォルクスワーゲン, 自動車ニュース

フォルクスワーゲン の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フォルクスワーゲン・ゴルフeTSIスタイル(FF/7AT)【試乗記】 2021.8.6 試乗記 いよいよ日本の公道を走りだした8代目「フォルクスワーゲン・ゴルフ」。長年にわたりCセグメントハッチバックのベンチマークとされてきたゴルフだが、そのアドバンテージは新型でも健在か? 1.5リッターエンジンを搭載した上級モデルで実力を確かめた。
  • 新型フォルクスワーゲン・ゴルフ 2021.6.15 画像・写真 8代目となる新型「フォルクスワーゲン・ゴルフ」がついに日本上陸! デザインが刷新されただけでなく、装備のデジタル化やパワートレインの電動化が推し進められるなど、中身も先代モデルから飛躍的な進化を遂げている。その姿を写真で詳しく紹介する。
  • ホンダNSXタイプS(4WD/9AT)【試乗記】 2021.10.8 試乗記 ハイブリッドスーパースポーツ「ホンダNSX」の生産終了に合わせて登場した、高性能バージョン「NSXタイプS」。その洗練された走りは、たゆまぬ開発の到達点として納得できるだけの、完成度の高さをみせてくれた。
  • フォルクスワーゲン・ゴルフeTSIアクティブ/ゴルフeTSI Rライン【試乗記】 2021.6.15 試乗記 コンパクトカーのベンチマークたる「フォルクスワーゲン・ゴルフ」の8代目モデルがついに日本の道を走り始めた。従来モデルよりも低く構えたフロントマスクが新型感を強く漂わせているが、果たして中身はどんな進化を遂げているのだろうか。
  • フォルクスワーゲン・ゴルフ1.5 eTSI(FF/7AT)/ゴルフ2.0 TDI(FF/7AT)【海外試乗記】 2019.12.14 試乗記 Cセグメントハッチバックの世界的ベンチマーク「フォルクスワーゲン・ゴルフ」がいよいよフルモデルチェンジ。劇的なまでのデジタル化に込められたフォルクスワーゲンの狙いとは? 8代目となる新型の出来栄えを、ポルトガルよりリポートする。
ホームへ戻る