10台限定の黒い「BMW M5」が登場

2013.07.10 自動車ニュース

「BMW M5 Nighthawk」


    「BMW M5 Nighthawk」
    拡大

10台限定の黒い「BMW M5」が登場

BMWジャパンは2013年7月10日、「BMW M5」の限定モデル「M5 Nighthawk(ナイトホーク)」を10台限定で販売すると発表した。

今回の限定モデルは、M5をベースに特別な内外装のコーディネートやエンジン、ドライブトレインのチューニングを施したものである。

外装では、ボディーカラーにマットペイントのBMW Individualフローズン・ブラックを採用。鍛造の20インチホイールもマットブラックで塗装しているほか、キドニーグリル、サイドギル(フロントフェンダーのエアアウトレット)、ドアハンドル、スポーツエキゾーストテールパイプをダーククロム仕上げとするなど、ボディー全体がブラックでまとめられている。

一方内装には、鮮やかなサキールオレンジのパーフォレーテッドフルレザー・メリノインテリアと、BMW M Performanceカーボンインテリアトリムを採用している。

ドライビングダイナミクスについても専用のセッティングを施しており、4.4リッターV8ツインターボはベース車より15ps高い575psの最高出力を発生。0-100km/h加速は4.2秒と、0.1秒の短縮を実現している。
また、サスペンションとステアリングにも専用のセッティングを施しているほか、ブレーキにはMカーボンセラミックブレーキシステムを標準装備している。

これらを含む具体的な仕様、装備は以下の通り。

・ボディーカラー:BMW Individualフローズンブラック
・コンペティションパッケージ
専用サスペンションセッティング
専用ステアリングセッティング
専用Mダイナミックモードセッティング
スポーツエキゾーストシステム
ブラッククロムテールパイプ
・Mライトアロイホイールダブルスポークスタイリング343M(鍛造/20インチ/専用マットブラック塗装仕上げ)
(フロント)9Jx20ホイール+265/35ZR20タイヤ、
(リヤ)10Jx20ホイール+295/30ZR20タイヤ
・Mカーボンセラミックブレーキシステム
・LEDヘッドライト
・ダーククロム仕上げのキドニーグリル、サイドギル、ドアハンドル
・パーフォレーテッドフルレザーメリノインテリア(シート、ドア内張り、センターコンソールサイド、インストゥルメントパネル、シートバック裏側)
・シート/インテリアカラー:サキールオレンジ/ブラック
・BMW M Performanceカーボンインテリアトリム(インストゥルメントパネルおよびドアトリム)
・ドライビングアシスト:レーンディパーチャーウォーニング[車線逸脱警告システム]、前車接近警告機能、衝突回避被害軽減ブレーキ
・レーンチェンジウォーニング
・アクティブプロテクション
・専用インテリアバッジ(シリアルナンバー入り)

予約受付は2013年7月10日から同年8月30日までの期間限定で、申し込みが10名を上回った場合は抽選で購入者を決定。納車は同年10月からを予定している。価格は1820万円。

(webCG)
 

関連キーワード:
M5セダン, BMW, 自動車ニュース

BMW M5セダン の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • BMW M5コンペティション(4WD/8AT)【試乗記】 2021.2.17 試乗記 マイナーチェンジした「BMW 5シリーズ」のトップモデル「M5コンペティション」に試乗。625PSのV8ツインターボに4WDシャシーが組み合わされた歴代最高性能を誇るスーパーサルーンは、いったいどれほどの進化を遂げたのか。
  • BMWアルピナD3 Sリムジン アルラット(4WD/8AT)【試乗記】 2021.3.2 試乗記 アルピナが提案するディーゼルの高性能セダン「D3 Sリムジン アルラット」に試乗。そのステアリングを握った筆者は、どこか懐かしくも目を見張る、このブランドならではのパフォーマンスに酔いしれたのだった。
  • トヨタGRヤリスRZ“ハイパフォーマンス”(4WD/6MT)【試乗記】 2021.2.27 試乗記 出自や立ち位置は微妙になりつつある「トヨタGRヤリス」だが、そのスポーツモデルとしての性能が第一級であることは間違いない。前代未聞の高出力3気筒ターボエンジンや異色の4WDシステムの仕上がりを一般道で試してみた。
  • 新型「BMW 4シリーズ カブリオレ」が日本上陸 高性能バージョン「M440i xDriveカブリオレ」も設定 2021.2.25 自動車ニュース BMWジャパンは2021年2月25日、オープントップモデル「4シリーズ カブリオレ」の新型をオンラインで発表。同日、販売を開始した。同モデルをベースにしたハイパフォーマンスバージョン「M440i xDriveカブリオレ」も設定している。
  • ベントレー・ベンテイガ(4WD/8AT)【試乗記】 2021.2.20 試乗記 マイナーチェンジを受けた「ベントレー・ベンテイガ」のV8モデルに試乗。大きく変わった内外装デザインと、リアトレッド拡大やドライブモードの追加で磨きのかかった走りを中心に“元祖ラグジュアリーSUV”の進化を確かめた。
ホームへ戻る