「スズキ・ワゴンR」の燃費と安全性能が向上

2013.07.16 自動車ニュース
「スズキ・ワゴンR FX」
「スズキ・ワゴンR FX」 拡大

「スズキ・ワゴンR」の燃費と安全性能が向上

スズキは2013年7月16日、軽乗用車「ワゴンR」シリーズの仕様を変更し、発売した。

「ワゴンRスティングレーT」
「ワゴンRスティングレーT」 拡大
フロントガラス内側上部に見られる、レーザーレーダー照射部。「ワイパー作動域にあるため、雨や汚れの影響を受けにくい」とは、開発陣の弁。
フロントガラス内側上部に見られる、レーザーレーダー照射部。「ワイパー作動域にあるため、雨や汚れの影響を受けにくい」とは、開発陣の弁。 拡大
「ワゴンR FXリミテッド」
「ワゴンR FXリミテッド」 拡大

5代目となる現行型「スズキ・ワゴンR」が発売されたのは、2012年9月のこと。以来最も大きな仕様変更が、このたび実施された。
ポイントは2つ。燃費のさらなる向上と、安全性能のレベルアップである。

「ワゴンR」は、リチウムイオンバッテリーを用いた回生機構「エネチャージ」や、停車時のスピードが13km/h以下になると機能する「新アイドリングストップシステム」、蓄冷材を使った空調システム「ECO-COOL(エコクール)」などがもたらす低燃費が自慢。
今回はこれに加えて、エンジンのフリクションロスの低減、ラジエーターの薄型軽量化、CVT制御の変更、空気抵抗の低減(エンジンアンダーカバーの採用)などを実施。最高28.8km/リッターだった燃費値(JC08モード)を、30.0km/hにまで向上させた。

安全性能については、他社のモデルでも普及が進む“ぶつからない技術”を、新たにセットオプションとして設定した。
5~30km/hでの走行中には、車内のフロントガラス上部に設置されたレーザーレーダーで前方の障害物を感知、必要なときには自動でブレーキをかけ、衝突を回避または衝突被害を軽減する。あわせて、ペダルの踏み間違いによる誤発進も防止する。
55km/h以上で急ブレーキをかけた際にハザードランプを点灯させて後続車の注意を促す「エマージェンシーストップシグナル」、スリップや横滑りを防止するESPも、これらセットオプションに含まれる。

エコドライブアシストの表示変更や、新たなボディーカラー(アーバンブラウンパールメタリック、スチールシルバーメタリック)の採用もトピックだ。

価格は、以下の通り。

「ワゴンR」
・FX(5MT):109万9350円(FF)/121万6950円(4WD)
・FX(CVT):110万9850円(FF)/122万7450円(4WD)
・FXリミテッド:124万9500円(FF)/136万7100円(4WD)

「ワゴンRスティングレー」
・X:134万4000円(FF)/146万1600円(4WD)
・T:149万6250円(FF)/161万3850円(4WD)

(webCG)

関連キーワード:
ワゴンR, ワゴンRスティングレー, スズキ, 自動車ニュース

スズキ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スズキ・ワゴンRスマイル 2021.8.27 画像・写真 スズキの新型軽乗用車「ワゴンRスマイル」がデビュー。ハイトワゴンでありながら売れ筋のスーパーハイトワゴンと同じスライドドアを採用し、運転しやすさと後席の使いやすさの一挙両得を狙った欲張りなモデルだ。その詳細を写真で詳しくご紹介!
  • スズキ・ワゴンRスマイル ハイブリッドX(FF/CVT)【試乗記】 2021.9.28 試乗記 スズキから、リアスライドドアを備えた新しい軽ハイトワゴン「ワゴンRスマイル」が登場。「ワゴンR」と「スペーシア」の間を埋めるニューモデルのターゲットは? ライバルとの違いは? 用意周到な戦略のもとに登場した新型車の仕上がりをリポートする。
  • トヨタ・カローラ クロスZ(FF/CVT)【試乗記】 2021.10.5 試乗記 半世紀以上におよぶ「トヨタ・カローラ」の歴史において、初のSUVとなる「カローラ クロス」。「新空間 新感覚 COROLLA」を開発コンセプトに掲げるニューモデルの仕上がりは? 純ガソリンエンジン車の上級グレードで試した。
  • ライバルとの競争が生んだニューフェイス 「ワゴンRスマイル」の投入に見るスズキの狙い 2021.9.17 デイリーコラム “軽のフルラインナップメーカー”であるスズキが、水も漏らさぬその布陣にさらに新型車を追加! 全高1700mm未満のスライドドア車「ワゴンRスマイル」は、どのような思惑のもとにリリースされたのか? ライバル車との比較も踏まえて解説する。
  • スズキ・ワゴンR/ワゴンRスティングレー【試乗記】
    2017.2.24 試乗記 「スズキ・ワゴンR」がフルモデルチェンジ! 3つの“顔”が用意されたエクステリアデザインや、マイルドハイブリッドシステムの採用、軽自動車で初となるヘッドアップディスプレイの搭載など、トピックス満載で登場した“6代目”の使い勝手を報告する。
ホームへ戻る