燃費36.4kmの新型「フィットHV」9月に発売

2013.07.19 自動車ニュース

次期型「ホンダ・フィットハイブリッド」(写真はすべてプロトタイプ)


    次期型「ホンダ・フィットハイブリッド」(写真はすべてプロトタイプ)
    拡大

36.4km/リッターの新型「フィットハイブリッド」、9月に発売

本田技研工業は2013年7月19日、36.4km/リッターの燃費を実現した新型「フィットハイブリッド」を、同年9月に発売すると発表した。

コンパクトカーのベストセラー「ホンダ・フィット」の新型が、2013年9月に発売される。

3代目となる次期モデルは、ガソリン車「フィット」とハイブリッド車「フィットハイブリッド」が同時にデビューする見通しだ。
中でも注目されるのが、完全新設計のハイブリッドシステム「i-DCD」を搭載する「フィットハイブリッド」。クラス最高となる36.4km/リッター(JC08モード)の燃費を達成したという。

ベースとなるエンジンは、アトキンソンサイクルの1.5リッター直4 DOHC 16バルブユニット。これにデュアルクラッチ式の7段DCTとコンパクトな電気モーターを組み合わせる。
バッテリーはリチウムイオン式。従来のハイブリッドシステム「IMA」と異なり、エンジンと連結しないモーターのみでのEV走行も可能となっている。「IMA」と比べた場合の燃費性能の向上率は、35%以上とされる。

走行性能もセリングポイントで、ホンダによれば「従来モデルを超える力強い加速Gとリズミカルで伸びのある加速感により、FUNな走りを実現した」とのこと。

(webCG)

→次期「フィット/フィットハイブリッド」の試乗記はこちら
→次期「フィット/フィットハイブリッド」の詳しい写真はこちら
 

関連キーワード:
フィット, ホンダ, 自動車ニュース

ホンダ フィット の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ホンダ・フィット ネス(FF/CVT)【試乗記】 2020.8.20 試乗記 数字では表せない人間が持つ感性価値、すなわち“心地よさ”を開発のテーマとしたという新型「ホンダ・フィット」。ガソリンエンジン搭載のFF車を郊外に連れ出し、開発陣が目指したものやライバル車との違いを確かめてみた。
  • ホンダ・フィットe:HEVクロスター(FF)【試乗記】 2020.5.14 試乗記 スペック至上主義から脱却し、乗る人、使う人の“心地よさ”を重視したという新型「ホンダ・フィット」。ライバルにはないそうした開発テーマは、車両のどのような部分に表れ、またどの程度達成されているのか? SUVスタイルの「クロスター」に試乗し、確かめた。
  • トヨタ・ヤリス ハイブリッドZ/ホンダ・フィット e:HEVネス(後編)【試乗記】 2020.7.15 試乗記 2020年2月のデビュー以来ライバルとして好勝負を続ける、新型の「トヨタ・ヤリス」と「ホンダ・フィット」。ヤリスに続いて試乗したホンダのコンパクトカーは、過去のモデルから受け継いだ実力の高さを見せてくれた。
  • ホンダ・フィットの新開発4WDを試す 2020.3.10 だから新型フィットは心地いい<AD> いよいよ街を走りだした、新型「ホンダ・フィット」。フレンドリーなデザインや優れたユーティリティー性で話題だが、その走行性能も見逃せない。なかでも注目なのが、新開発のハイブリッドと4WDシステムの絶妙なコンビネーションが実現する心地いい走りだ。
  • ホンダ・フィット ネス(FF/CVT)/フィットe:HEVホーム(FF)【試乗記】 2020.3.4 試乗記 ホンダの人気コンパクト「フィット」がついにモデルチェンジ。4代目となる新型は、どのようなクルマに仕上がっているのか? 使う人の「心地よさ」を追求したというコンセプトに、ホントに沿うものになっているか? 仕様の異なる2モデルに試乗して確かめた。
ホームへ戻る