燃費36.4kmの新型「フィットHV」9月に発売

2013.07.19 自動車ニュース

次期型「ホンダ・フィットハイブリッド」(写真はすべてプロトタイプ)


    次期型「ホンダ・フィットハイブリッド」(写真はすべてプロトタイプ)
    拡大

36.4km/リッターの新型「フィットハイブリッド」、9月に発売

本田技研工業は2013年7月19日、36.4km/リッターの燃費を実現した新型「フィットハイブリッド」を、同年9月に発売すると発表した。

コンパクトカーのベストセラー「ホンダ・フィット」の新型が、2013年9月に発売される。

3代目となる次期モデルは、ガソリン車「フィット」とハイブリッド車「フィットハイブリッド」が同時にデビューする見通しだ。
中でも注目されるのが、完全新設計のハイブリッドシステム「i-DCD」を搭載する「フィットハイブリッド」。クラス最高となる36.4km/リッター(JC08モード)の燃費を達成したという。

ベースとなるエンジンは、アトキンソンサイクルの1.5リッター直4 DOHC 16バルブユニット。これにデュアルクラッチ式の7段DCTとコンパクトな電気モーターを組み合わせる。
バッテリーはリチウムイオン式。従来のハイブリッドシステム「IMA」と異なり、エンジンと連結しないモーターのみでのEV走行も可能となっている。「IMA」と比べた場合の燃費性能の向上率は、35%以上とされる。

走行性能もセリングポイントで、ホンダによれば「従来モデルを超える力強い加速Gとリズミカルで伸びのある加速感により、FUNな走りを実現した」とのこと。

(webCG)

→次期「フィット/フィットハイブリッド」の試乗記はこちら
→次期「フィット/フィットハイブリッド」の詳しい写真はこちら
 

関連キーワード:
フィット, ホンダ, 自動車ニュース

ホンダ フィット の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタ・ヤリス ハイブリッドZ/ホンダ・フィット e:HEVネス(前編)【試乗記】 2020.7.14 試乗記 かたや、小型車の常識を変えるという「トヨタ・ヤリス」。こなた、心地よさを強くアピールする「ホンダ・フィット」。今回は、今が旬のコンパクトなハイブリッドカー2台を乗り比べ、それぞれの持ち味を浮き彫りにした。まずは先攻、新型ヤリスについてリポートする。
  • トヨタ・ヤリス ハイブリッドZ/ホンダ・フィット e:HEVネス(後編)【試乗記】 2020.7.15 試乗記 2020年2月のデビュー以来ライバルとして好勝負を続ける、新型の「トヨタ・ヤリス」と「ホンダ・フィット」。ヤリスに続いて試乗したホンダのコンパクトカーは、過去のモデルから受け継いだ実力の高さを見せてくれた。
  • ホンダ・フィット ホーム(FF/CVT)【試乗記】 2020.5.4 試乗記 “心地よさ”をキーワードに開発されたという新型「ホンダ・フィット」。ホンダが満を持して投入したこのモデルは、意外にもフランス車のような趣を感じさせるクルマに仕上がっていた。4代目に進化したユーティリティー系コンパクトの出来栄えを報告する。
  • トヨタ・ヤリスZ(FF/CVT)【試乗記】 2020.4.6 試乗記 全面刷新された「ヴィッツ」あらため「ヤリス」。「ハイブリッドG」に続き、ガソリンエンジン搭載のFFトップグレード「Z」に試乗。最高出力120PSの新開発1.5リッター直3エンジン+CVTはどんな走りを見せるのか。そしてハイブリッドモデルとの違いは?
  • ホンダ・フィット ネス(FF/CVT)/フィットe:HEVホーム(FF)【試乗記】 2020.3.4 試乗記 ホンダの人気コンパクト「フィット」がついにモデルチェンジ。4代目となる新型は、どのようなクルマに仕上がっているのか? 使う人の「心地よさ」を追求したというコンセプトに、ホントに沿うものになっているか? 仕様の異なる2モデルに試乗して確かめた。
ホームへ戻る