レクサス「RX」を一部改良

2013.07.25 自動車ニュース
「レクサスRX450h“Fスポーツ”」
「レクサスRX450h“Fスポーツ”」
    拡大

レクサス「RX」を一部改良

トヨタ自動車は2013年7月25日、「レクサスRX」に一部改良を実施し、同年8月1日に発売すると発表した。

「RX350“バージョンL”」
「RX350“バージョンL”」
    拡大

今回の一部改良では、全車にデイライト機能付きのLEDクリアランスランプと、ITS(高度道路交通システム)スポット対応DSRCユニットを標準装備。高速道路上などに設置されたITSスポットと双方向通信を行うことで、前方の障害物情報や合流支援情報などをドライバーに提供することが可能となった。

カラーバリエーションも一部を変更しており、「RX450h“Fスポーツ”」「RX350“Fスポーツ”」には、ボディーカラーに“Fスポーツ”専用色のホワイトノーヴァガラスフレークを追加。インテリアカラーはサドルタン、ガーネットを含む全4色の設定とした。

また「RX450h“バージョンL”」「RX450h“バージョンL エアサスペンション”」「RX350“バージョンL”」「RX270“バージョンL”」には、オーナメントパネルに新たにバンブーを設定した。

ラインナップと価格は以下の通り。
・RX270:432万円(FF)
・RX270“バージョンL”:485万円(FF)
・RX350:477万円(FF)/502万円(4WD)
・RX350“バージョンL”:527万円(FF)/552万円(4WD)
・RX350“Fスポーツ”:562万円(4WD)
・RX450h:561万円(FF)/586万円(4WD)
・RX450h“バージョンL”:611万円(FF)/636万円(4WD)
・RX450h“バージョンL エアサスペンション”:661万円(4WD)
・RX450h“Fスポーツ”:676万円(4WD)

(webCG)
 

関連キーワード:
RX, レクサス, 自動車ニュース

レクサス RX の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • レクサスUX200 2018.11.27 画像・写真 レクサスの最もコンパクトなクロスオーバーモデル「UX」がデビュー。そのうち新開発の2リッター直4エンジンを搭載する「UX200」の姿を、さまざまなグレードを織り交ぜながら紹介する。
  • レクサスUX200“バージョンL”(FF/CVT)【試乗記】 2019.2.21 試乗記 コンパクトSUVのカテゴリーは、各ブランドが精鋭を投入するまれにみる激戦区。ここにレクサスは「UX」を送り込んだ。同ブランドのSUVラインナップにおけるボトムも担当するこのニューフェイスは、ライバルとは違うどんな魅力を持っているのか?
  • レクサスUX200“バージョンL”/UX250h“Fスポーツ”/UX250h“バージョンL”【試乗記】 2018.12.29 試乗記 レクサス初のコンパクトクロスオーバー「UX」がいよいよ日本の道を走りだした。小さなSUV系のクルマがモテる今、このニューフェイスは“買い”なのか? パワーユニットや駆動方式の異なる3モデルに試乗し、その印象を報告する。
  • レクサスUX250h“バージョンL”(4WD/CVT)【試乗記】 2019.1.30 試乗記 デザインコンシャスなコンパクトSUVと片付けられそうな「レクサスUX」だが、その本質は走りのよさにある。かつてレクサスが掲げた、実現困難ながらも高潔な志……。それを思い起こさせてくれる一台に仕上がっていた。
  • 第20回:レクサスUX(後編) 2019.1.23 カーデザイナー明照寺彰の直言 レクサスのグローバル戦略を担うコンパクトSUV「UX」。そのデザインとパッケージングを観察してみると、どうしても看過できない問題に直面した。プラットフォームを共有する「トヨタC-HR」との比較も通し、現役のカーデザイナーがレクサスUXを語る。
ホームへ戻る