「トヨタFJクルーザー」に2色の新色が登場

2013.07.30 自動車ニュース
「トヨタFJクルーザー」
「トヨタFJクルーザー」
    拡大

「トヨタFJクルーザー」に2色の新色が登場

トヨタ自動車は2013年7月30日、「FJクルーザー」を一部改良し、発売した。

「FJクルーザー“カラーパッケージ”」。ボディーカラーは新色のスモーキーブルー。
「FJクルーザー“カラーパッケージ”」。ボディーカラーは新色のスモーキーブルー。
    拡大

今回の改良では、ホワイトルーフとの組み合わせとなるツートン仕様のボディーカラーを、新色のスモーキーブルー、ダークグリーンを含む全7色の設定に変更。また “ブラックカラーパッケージ”を除く全車に新デザインの17インチアルミホイールを、“オフロードパッケージ”を除く全車にパフォーマンスダンパー(フロント・リア)をオプション設定した。

ラインナップと価格は以下の通り。
・FJクルーザー:315万円
・FJクルーザー“カラーパッケージ”:325万円
・FJクルーザー“ブラックカラーパッケージ”:336万円
・FJクルーザー“オフロードパッケージ”:337万円

(webCG)
 

関連キーワード:
FJクルーザー, トヨタ, 自動車ニュース

トヨタ FJクルーザー の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタRAV4 PHVプロトタイプ【試乗記】 2020.6.18 試乗記 グローバルで高い人気を誇るトヨタのミドルサイズSUV「RAV4」に、プラグインハイブリッド車の「RAV4 PHV」が登場。95kmの距離をゼロエミッションで走れるエコロジカルな新モデルは、同時に電動車ならではの“走る楽しさ”も追求した一台となっていた。
  • トヨタが「RAV4 PHV」を発表 95kmのモーター走行が可能なプラグインハイブリッドモデル 2020.6.4 自動車ニュース トヨタが「RAV4」をベースとしたプラグインハイブリッド車「RAV4 PHV」を発表した。総電力量18.1kWhのリチウムイオンバッテリーを搭載することで、最大95kmというEV走行距離を実現。優れた加速性能や高い操縦安定性など、「走る楽しさ」も追求されている。
  • 「ランボルギーニ・ウルス」に初のカスタマイズオプションが登場 2020.6.19 自動車ニュース 伊アウトモビリ・ランボルギーニは2020年6月17日(現地時間)、SUV「ウルス」の新たなデザインエディション「パールカプセル」を発表した。ランボルギーニのデザイン部門であるチェントロ・スティーレが手がけている。
  • トヨタ・ハリアー プロトタイプ【試乗記】 2020.6.12 試乗記 都市型プレミアムSUVの元祖であり、トヨタが誇る人気モデルの一台にも数えられる「ハリアー」。レクサスとたもとを分かった現行型の“味”を引き継ぎつつ、あらためて世界に挑もうとする新型の出来栄えは? クローズドコースでプロトタイプの走りを確かめた。
  • トヨタRAV4ハイブリッドG(4WD/CVT)【試乗記】 2019.6.24 試乗記 約3年のブランクを経て「トヨタRAV4」が日本市場に帰ってきた。とはいえその主戦場が、日本とは桁違いの台数が販売されているアメリカであることは明らか。新型は、日本にクロスオーバーSUVブームをもたらした初代のようなポジションに返り咲くことはできるのだろうか。
ホームへ戻る