トヨタ、オフロード四駆の「FJクルーザー」発売

2010.11.25 自動車ニュース

トヨタ、オフロード四駆の「FJクルーザー」発売

トヨタ自動車は2010年11月25日、オフロード4WD車「FJクルーザー」の日本導入を発表した。同年12月4日に発売する。

■アメリカで人気のSUVがついに日本上陸

「FJクルーザー」は、2006年3月にトヨタが北米向けに投入したミッドサイズのSUV。往年の「ランドクルーザーFJ40」をイメージしたレトロなスタイルや手頃な価格が受けて、かの地で人気を博しているが、日本でも関心が高まっていることから、このたび国内導入に踏み切った。

本格派オフローダーをうたうFJクルーザーは、フレーム構造のボディや車軸式のリアサスペンション、パートタイム4WD(アメリカではFRも選べる)など、街乗りSUVとは一線を画するメカニズムを採用。日本向けは、4リッターV6エンジンと5段ATを搭載する。エンジンはレギュラーガソリン仕様で、10・15モード燃費は8.4km/リッター。

価格は、ベースの「FJクルーザー」が314万円、ドアトリムがボディ同色となる「カラーパッケージ」が324万円、リアデフロックが標準装備される「オフロードパッケージ」が332万円である。

■実はメイド・イン・ジャパン

トヨタによる正式導入前から、日本でもその姿をちらほら見かけることがあったFJクルーザー。丸型のヘッドライトやポップなボディカラー、そして、レトロな雰囲気がなんとも魅力的で、日本での販売を心待ちにしていたファンは多いはずだ。

もともと北米向けに企画されたFJクルーザーだが、現地生産車のように見えて、実は日野自動車の羽村工場でつくられる、れっきとした日本車だ。「ランドクルーザープラド」をベースとし、ラダーフレーム構造やサスペンションなどの基本部分を踏襲する。

一見2ドア風のボディは、観音開きのドアを採用。ボディサイズは全長4635mm×全幅1905mm×全高1840mmと「プラド」よりもひとまわり小さく、ホイールベースも2690mmと100mm短い。
「オフロードにおける運動性能を念頭に置き、ショートオーバーハング、ショートホイールベースのディメンションを採用した」(プレスリリース)とされ、オフローダー・ディメンションは、アプローチアングル34度、ディパーチャーアングル27度、ランプブレークオーバーアングル28.5度を誇る。

■4WDはいまや少数派のパートタイム式

サスペンションは、フロントにダブルウィッシュボーン、リアはトレーリングリンク車軸式を採用。さらに、フルタイム4WD全盛のいま、パートタイム4WDを搭載。シフトレバー横には、後輪駆動(H2)、4輪駆動(H4)、ローレンジの4輪駆動(L4)を切り替える「トランスファーレバー」が備わるのも懐かしく、“本格派オフローダー”の性格を前面に押し出す格好である。

高い悪路走破性を実現するために、リアデフロックはオフロードパッケージに標準装備し、他グレードにオプション設定している。また、空転するホイールを制動することでトラクションを確保する「アクティブトラクションコントロール」は全グレードにオプション設定される。

一方、標準モデルとカラーパッケージでは、「X-リアス」が選択可能だ。これは、左右のダンパーをオイルラインで結び、中間部ユニットがロール時のエネルギーを吸収することでロール剛性と快適な乗り心地を両立するもので、ヤマハの技術が用いられている。

■街には似合わない!?

エンジンは、最高出力276ps/5600rpm、最大トルク38.8kgm/4400rpmの4リッターV6DOHC「1GR-FE」が搭載される。組み合わされるトランスミッションは5段AT。10・15モード燃費は8.4km/リッターだが、プラド同様、レギュラーガソリン仕様というのは、オーナーにはうれしい点だ。

インテリアはシンプルなデザインが特徴で、またシフトレバーやスイッチ類を大型化したり、ファブリックシートに防水・はっ水加工を施すなど、機能性にもこだわっている。横開きのバックドアにはガラスハッチが備わり、ドアを開けなくても荷室へのアクセスが可能。バックドアの奥には奥行き925mmの荷室が控えており、ダブルフォールディング式の後席を倒せば1505mmまで拡大することができる。

このように、アウトドア派にはうってつけといえるFJクルーザー。デザインだけなら街も似合うが、できれば街中ではなく、活躍するにふさわしい場所でその実力を発揮してほしいものだ。

(文=生方聡)

「FJクルーザー カラーパッケージ」
「FJクルーザー カラーパッケージ」 拡大
「FJクルーザー カラーパッケージ」のインテリアは、センタークラスターパネルとドアトリムパネルがボディ同色となる。(外装色ツートーンブルー)
「FJクルーザー カラーパッケージ」のインテリアは、センタークラスターパネルとドアトリムパネルがボディ同色となる。(外装色ツートーンブルー)
拡大
「FJクルーザー オフロードパッケージ」
「FJクルーザー オフロードパッケージ」 拡大
シート表皮は、はっ水・防水ファブリックを採用。後席は6:4分割可倒式で座面を上げてシートを倒すダブルフォールディング機構が備わる。
シート表皮は、はっ水・防水ファブリックを採用。後席は6:4分割可倒式で座面を上げてシートを倒すダブルフォールディング機構が備わる。 拡大
「FJクルーザー」は、両側に観音開きドアを採用。リアドアは90度開口が可能だ。
「FJクルーザー」は、両側に観音開きドアを採用。リアドアは90度開口が可能だ。 拡大
大型のシフトレバーノブとトランスファーノブ。
大型のシフトレバーノブとトランスファーノブ。 拡大
荷室のデッキには、ラバー調素材の防水カーペットを採用。室内同様アウトドアでの使用に配慮されている。また、小さい荷物などの出し入れに便利な、バックドアガラスハッチも備わる。
荷室のデッキには、ラバー調素材の防水カーペットを採用。室内同様アウトドアでの使用に配慮されている。また、小さい荷物などの出し入れに便利な、バックドアガラスハッチも備わる。 拡大

トヨタ、オフロード四駆の「FJクルーザー」発売の画像 拡大

関連キーワード:
FJクルーザー, トヨタ, 自動車ニュース

トヨタ FJクルーザー の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタRAV4 PHVプロトタイプ【試乗記】 2020.6.18 試乗記 グローバルで高い人気を誇るトヨタのミドルサイズSUV「RAV4」に、プラグインハイブリッド車の「RAV4 PHV」が登場。95kmの距離をゼロエミッションで走れるエコロジカルな新モデルは、同時に電動車ならではの“走る楽しさ”も追求した一台となっていた。
  • トヨタRAV4アドベンチャー(4WD/CVT)/RAV4ハイブリッドG(4WD/CVT)【試乗記】 2019.11.26 試乗記 国内での復活デビュー以来、好調なセールスが伝えられる新型「トヨタRAV4」。現実にはシティーユースがほとんどと思われるSUVだが、未舗装路ではどんな走りが味わえるのか? タイプの異なる売れ筋4WD車でチェックした。
  • トヨタ・ヤリスクロス プロトタイプ【試乗記】 2020.7.30 試乗記 着々とSUVラインナップの整備を進めるトヨタが、2020年秋にはさらに「ヤリスクロス」を投入する。発売前のプロトタイプモデルに試乗し、「ヤリス」のSUV版をうたうニューモデルの仕上がりを試した。
  • BMW M340i xDrive(4WD/8AT)【試乗記】 2020.7.8 試乗記 「BMW 3シリーズ」のハイパフォーマンスモデル「M340i xDrive」に試乗。強化シャシーと最高出力387PSを誇る3リッター直6ターボ、そしてFRベースの四駆システムなどで構築された走りの実力を、ワインディングロードで確かめた。
  • トヨタRAV4ハイブリッドG/ホンダCR-VハイブリッドEX・マスターピース(後編)【試乗記】 2019.7.30 試乗記 1990年代半ばのデビューからの浮沈の歴史が、面白いように似ている「トヨタRAV4」と「ホンダCR-V」。比較試乗記の後編となる今回は、ハイブリッドパワートレインの出来栄えに加えて、細かなユーティリティー性能をチェックする。
ホームへ戻る