「トヨタ・ヴィッツ」に152psのターボモデル

2013.08.07 自動車ニュース
「トヨタ・ヴィッツ“GRMNターボ”」
「トヨタ・ヴィッツ“GRMNターボ”」
    拡大

「トヨタ・ヴィッツ」に152psのターボモデル

トヨタ自動車は2013年8月7日、GAZOO Racingが開発したコンプリートカー「トヨタ・ヴィッツ“GRMNターボ”」の商談申し込みの受け付けを、ウェブ限定で同年8月25日に開始すると発表した。販売台数は200台。発売は9月下旬を予定している。

ベースとなったのは日本では販売されていない3ドアモデルの「ヴィッツRS」で、エンジンには最高出力152ps(112kW)/6000rpm、最大トルク21.0kgm(206Nm)/4000rpmの1.5リッターターボを搭載。ベース車(最高出力109ps、最大トルク14.1kgm)から大幅な性能向上を果たしている。

これに組み合わされるトランスミッションは5段MTのみ。足まわりは専用セッティングのサスペンションやリミテッドスリップデフ、対向4ピストンのフロントブレーキキャリパー、専用の前後ブレーキパッドなどでチューニングしており、ボディーにもブレースの追加などによる補強を施している。

内外装も特別仕立てで、エクステリアにはLEDを配したヘッドランプや専用フロントバンパー、大口径マフラーエンド、リアスポイラー、大型ロッカーモールを装備。ボディーサイドには「GRMN」のロゴをエンボス加工で施している。

また、インテリアにも表皮一体発泡工法のスポーツシートをはじめ、レッドステッチ入りの本革巻き3スポークステアリングホイール、タコメーターを中央に据えたアルミ調の3眼メーターなど、随所にGRMN専用の装備を採用。ペダルはアルミ製で、ヒール・アンド・トウをしやすくするためにレイアウトが見直されている。

ボディーカラーは「スーパーホワイトII」と「ブラックマイカ」の2色を設定。価格は270万円。

(webCG)

→関連記事「トヨタGRMNヴィッツ ターボ プロトタイプ」試乗記
 

関連キーワード:
ヴィッツ, トヨタ, 自動車ニュース

トヨタ ヴィッツ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタGRヤリス(後編) 2020.9.4 画像・写真 多彩なバリエーションや、モータースポーツ向けに取りそろえられた豊富な用品も「トヨタGRヤリス」の魅力。貴重な初版限定モデル「ファーストエディション」や、FF+CVTのエントリーモデル「RS」、競技用ベース車「RC」、各種用品装着車を写真で紹介する。
  • トヨタGRヤリス(前編) 2020.9.4 画像・写真 いよいよ発売となったトヨタのコンパクトスポーツ「GRヤリス」。まずは1.6リッター直噴ターボエンジンと、トヨタ久々のスポーツ4WDシステムを組み合わせたハイパフォーマンスグレード「RZ」「RZ“ハイパフォーマンス”」の詳細を写真で紹介する。
  • トヨタGRヤリス【試乗記】 2020.11.20 試乗記 トヨタのクルマは低燃費だけど低刺激。そんなイメージをすっかり忘れさせてしまうのが「GRヤリス」だ。専用設計のシャシーに最高出力272PSの1.6リッター直3ターボエンジンや独自設計の4WDシステムを積んだ、幻のホモロゲーションモデルの実力を試す。
  • ホンダ・シビック タイプR リミテッドエディション(FF/6MT)【試乗記】 2020.11.21 試乗記 ホームコースの鈴鹿サーキットで、ホンダがFF車最速の座を宿敵ルノーから奪還した。その立役者となったのが、「シビック タイプR」のマイナーチェンジと同時に登場した「リミテッドエディション」。聖地・鈴鹿に赴き、進化と速さの秘密を探った。
  • トヨタGRヤリス プロトタイプ【試乗記】 2020.8.10 試乗記 WRCへの投入を念頭に、トヨタが開発した「GRヤリス」。公道デビューを間近に控えたそのカタログモデル3グレードに試乗。トヨタ久々のコンパクトスポーツは、モータースポーツ直系マシンならではの“本気度”と、操る楽しさを併せ持つ一台となっていた。
ホームへ戻る