「フェラーリ458」にさらなる高性能版が登場【フランクフルトショー2013】

2013.08.21 自動車ニュース
「フェラーリ458スペチアーレ」
「フェラーリ458スペチアーレ」 拡大

【フランクフルトショー2013】「フェラーリ458」にさらなる高性能版が登場

伊フェラーリは2013年8月20日、新型車「フェラーリ458スペチアーレ」の概要を発表した。

458スペチアーレは、現在販売されている“V8フェラーリ”「458イタリア」をベースに、その走行性能をさらに高めたモデルだ。

458イタリアで570ps/9000rpmを発生する4.5リッターV8エンジンには手が加えられ、35ps増しの605ps/9000rpmを発生(最大トルクは55.1kgm/6000rpmで変わらず)。0-100km/hの加速タイムは、3.4秒から3.0秒へと短縮された。
なお、今回公表された車重(乾燥重量)は、日本における458イタリアの同値より90kg軽い1290kg。

限界域における車両のコントロールをよりしやすくする、「サイドスリップ・アングル・コントロール(SSC)」と呼ばれる新システムも見どころだ。これは、新たに開発されたアルゴリズムを使って車両の横滑りを解析しつつ、車両の状態と目標値となる横滑り量を比較しながらトルク管理を行うもので、左右両輪に対して常に理想的なトルク配分を行う。

また、フェラーリ・スタイリング・センターとピニンファリーナとのコラボレーションにより、エアロダイナミクスも一段と追求。フロントとリアに「可変エアロダイナミクス」を装備することで、ダウンフォースのバランスを最適化するとともにドラッグの低減も実現したという。

タイヤは458スペチアーレ用にフェラーリとミシュランが共同開発した「ミシュラン・パイロットスポーツ・カップ2」が組み合わされる。サーキットのラップタイムを短縮しただけでなく、ウエットコンディションでも最大限のグリップを発揮するとうたわれる。

フェラーリ458スペチアーレは今後、2013年9月のフランクフルトモーターショーで正式なデビューを迎える予定だ。

(webCG)

関連キーワード:
458スペチアーレ  , フェラーリ, 自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フェラーリ・ローマ 2020.4.2 画像・写真 フェラーリ・ジャパンがニューモデル「ローマ」を日本初公開。個性的なスタイリングが目を引く2+2のラグジュアリークーペで、最高出力620PS、最大トルク760N・mを発生する3.9リッターV8ターボエンジンを搭載している。新しい跳ね馬のディテールを、写真で紹介する。
  • フェラーリの新型FRクーペ「ローマ」日本デビュー 最高出力620PSのV8エンジンを搭載 2020.4.2 自動車ニュース フェラーリ・ジャパンは2020年4月1日、東京・港区のコーンズ芝ショールームにおいてV8ツインターボエンジンを搭載する新型2+2クーペ「ローマ」を日本で初披露した。すでに受注が開始されており、納車は2021年初頭を予定しているという。
  • 第672回:跳ね馬の最新V8モデル 大矢アキオ「フェラーリ・ローマ」を駆る! 2020.9.10 マッキナ あらモーダ! 現代版“ドルチェヴィータ”をコンセプトに掲げてデビューしたフェラーリの最新V8モデル「ローマ」に大矢アキオが試乗! イタリア北部のワインディングロードで「なぜローマ?」の質問に対する回答を考えてみた。
  • ポルシェ911カレラ(後編) 2020.9.4 池沢早人師の恋するニューモデル 漫画『サーキットの狼』の作者、池沢早人師の連載企画第2回は、「ポルシェ911カレラ」(992型)の試乗リポート後編。最新の911は、自然吸気フラット6を搭載する愛車「911カレラS」(991型前期)からどう進化していたのか。オーナーだからこその評価を聞いた。
  • BMW 840iクーペMスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2020.8.29 試乗記 BMWのフラッグシップクーペ「8シリーズ クーペ」に追加設定された「840i Mスポーツ」に試乗。同シリーズにおけるエントリーモデルという位置づけながら、3リッターの直6エンジンと後輪駆動が織りなすその走りは、実に味わい深いものだった。
ホームへ戻る