「フォルクスワーゲンup!」に白黒2色の限定車

2013.08.22 自動車ニュース

「フォルクスワーゲンwhite up!」(手前)と「black up!」(奥)。


    「フォルクスワーゲンwhite up!」(手前)と「black up!」(奥)。
    拡大

「フォルクスワーゲンup!」に白黒2色の限定車

フォルクスワーゲン グループ ジャパンは2013年8月22日、コンパクトカー「フォルクスワーゲンup!」の限定モデル「black up!」「white up!」を発売した。

「black up!」
「black up!」
    拡大
「white up!」
「white up!」
    拡大
「white up!」
「white up!」
    拡大

「フォルクスワーゲンup!」に白黒2色の限定車の画像 拡大

「black up!」「white up!」は、「ザ・ビートル フェンダー エディション」などと同様に、フォルクスワーゲンの国内正規輸入60周年を記念した限定モデルである。

特徴は上級グレードの「high up!」をベースにモノトーンで仕立てられた内外装で、両車ともクロム加飾のフォグランプベゼルやドアミラー、サイドモールディングのほか、ボディーカラーに合わせてコーディネートされたホイールキャップなどを採用。テールゲートとリアの左右ドアには、ダークティンテッドガラスを用いている。

またインテリアでは、ダッシュパッドと呼ばれる前席正面のカラーパネルにボディーカラーと同じ色を採用。専用デザインのボーダー調ファブリックシートや革巻きの3本スポークステアリング、ドアシルプレートには「up!」のロゴをあしらっている。

ボディーカラーは「black up!」がディープブラックパールエフェクト、「white up!」が専用色のピュアホワイト。ボディー形状は「black up!」が4ドアのみ、「white up!」は2ドアと4ドアの両方が用意される。

価格は「white up!」の2ドアが189万円(限定200台)、同4ドアが199万円(限定600台)、「black up!」の4ドアが199万円(限定400台)。

(webCG)
 

関連キーワード:
up!, フォルクスワーゲン, 自動車ニュース

フォルクスワーゲン up! の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フォルクスワーゲンup! GTI(FF/6MT)【試乗記】 2018.6.19 試乗記 「フォルクスワーゲンup!」に伝統の高性能バージョン「GTI」が登場。初代「ゴルフGTI」に近い小柄なボディーを1リッター直3ターボで引っ張る600台の限定モデルは、ホットハッチとしてあらゆる意味で“ちょうどいい”一台に仕上がっていた。
  • あまりに罪つくりな電気自動車「ホンダe」に試乗した 2020.9.9 デイリーコラム かわいいデザインで話題の「ホンダe」に、2020年10月30日の発売を前に乗れるチャンスがやってきた。与えられた試乗時間はわずか30分。渋滞気味の都内一般道で得られた感触をリポートする。
  • フォルクスワーゲンup! with beats(FF/5AT)【試乗記】 2017.6.15 試乗記 フォルクスワーゲンのラインナップの中で最もコンパクトな「up!」がマイナーチェンジ。デビューから5年がたち、走りや乗り心地はどのように変わったのか、専用のドレスアップやbeatsのオーディオを特徴とする限定車で確かめた。
  • こんなに安いのはなぜなのか!? 「トヨタ・ヤリス クロス」の価格を検証する 2020.9.16 デイリーコラム トヨタの新型コンパクトSUV「ヤリス クロス」の価格をライバルと比較すると、18万円ほど安いことが分かる。この価格設定に秘められた、トヨタのSUV戦略と国内市場戦略を解説する。
  • 第188回:レーダーに頼らず有視界飛行セヨ 2020.9.2 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第188回はエリート特急こと愛車の先代「BMW 320d」にトラブルが再発したというハナシ。バッテリーを交換しても症状は改善せず、ついに正規ディーラーの門をたたくことに。その修理代の見積もりは?
ホームへ戻る