デザインを一新した「ルノー・カングー」発表

2013.08.26 自動車ニュース
「ルノー・カングー ゼン」
「ルノー・カングー ゼン」 拡大

デザインを一新した「ルノー・カングー」発表

ルノー・ジャポンは2013年8月26日、フロントデザインを変更した新型「カングー」を、同年8月29日から販売すると発表した。

「ルノー・カングー アクティフ」
「ルノー・カングー アクティフ」 拡大
「ルノー・カングー ゼン」
「ルノー・カングー ゼン」 拡大
「ルノー・カングー ゼン」
「ルノー・カングー ゼン」 拡大
「ルノー・カングー ゼン」と大極 司ルノー・ジャポン社長
「ルノー・カングー ゼン」と大極 司ルノー・ジャポン社長 拡大

新型カングーは、2009年に常務(SVP)デザイン担当となったローレンス・ヴァン・デン・アッカー氏による、ルノーの新デザイン戦略に基づいたフロントデザインを採用。新型「ルーテシア」と同様のブラックグリルバーや、大きくなったルノーロゴに、新デザインとなるアーモンド型のヘッドランプが組み合わされる。

モデルラインナップは、ボディー同色バンパー、3トーンファブリックシート、オートランプ、オートワイパー、オートエアコンなどを装備する「ZEN(ゼン)」と、ブラックバンパー、ブラックドアハンドル、ダークカーボンファブリックシートなどを装備するエントリーモデル「ACTIF(アクティフ)」の2グレード。従来型では上級グレードのみに装備されていたESC(横滑り防止装置)が、全車に標準装備となった。

ボディーカラーは、ゼンには新色3色を含む9色が、アクティフには新色2色を含む5色が用意される。

搭載されるエンジンは従来型と同様の1.6リッター直4(105ps、15.1kgm)。トランスミッションは、4段ATのみとなる。MTモデルは今後導入予定だが、その時期は未定とのこと。

価格はゼンが234万8000円、アクティフが214万8000円。

(工藤考浩)

関連キーワード:
カングー, ルノー, 自動車ニュース

ルノー カングー の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 「ルノー カングー ジャンボリー2019」の会場から 2019.6.4 画像・写真 2019年5月26日、「ルノー カングー ジャンボリー2019」が山梨・山中湖村の山中湖交流プラザ「きらら」で開催された。第11回となる今回は、過去最大となる1714台もの「カングー」が全国から集結。当日の模様を写真で紹介する。
  • 「シトロエン・ベルランゴ」に新たなボディーカラーが追加設定 2021.2.1 自動車ニュース グループPSAジャパンは2021年2月1日、シトロエンブランドのマルチパーパスビークル「ベルランゴ」の一部仕様を変更し、販売を開始した。ボディーカラーの設定を変更したほか、特別仕様車「シャインXTRパック」をレギュラーモデルとしている。
  • 限定車「ルノー・カングー パナシェ」発売 5色のボディーカラーをラインナップ 2021.1.25 自動車ニュース ルノー・ジャポンは2021年1月25日、「カングー」に特別仕様車「パナシェ」を設定し、380台の台数限定で販売を開始した。パナシェは「色彩を豊かにする」という意味を持つフランス語であり、5色のボディーカラーを設定している。
  • スバル・レヴォーグSTI Sport EX(4WD/CVT)【試乗記】 2021.1.22 試乗記 いまやスバルの中核モデルへと成長した「レヴォーグ」。六連星(むつらぼし)の新たなフラッグシップと位置づけられる新型は、スポーツワゴンらしい走りと使い勝手のよさが実感できる一台に仕上がっていた。
  • シトロエン・ベルランゴ フィール(FF/8AT)【試乗記】 2021.1.16 試乗記 先行導入された特別仕様車「デビューエディション」があっという間に売り切れた「シトロエン・ベルランゴ」が、ついにカタログモデルとして正式に上陸。エントリーグレード「フィール」を連れ出し、フレンチMPVのニューフェイスが秘める“素”の魅力を探った。
ホームへ戻る