第1回:次の日産スカイライン

2013.09.22 世界のNISSAN、イッキ乗り!

世界の日産車を一カ所に集めての“グローバル試乗会”「NISSAN 360」が、アメリカで開催された。会場となったカリフォルニア州の空港跡地には、現地アメリカや日本を始め、欧州、アジア、南アフリカなどで流通している日産車がズラリ! そのうち、これから日本で発売されるであろうモデルや、逆にあまり知られることのない(?)クルマを、全8回の特集で紹介する。

トップバッターは、次期「日産スカイライン」と目される「インフィニティQ50」。チョイ乗りしてみた、3人の自動車ジャーナリストの感想は……?

インフィニティQ50ハイブリッド
インフィニティQ50ハイブリッド
    拡大

第1回:次の日産スカイラインの画像 拡大

第1回:次の日産スカイラインの画像 拡大

第1回:次の日産スカイラインの画像 拡大

インフィニティQ50ハイブリッド/Sハイブリッド/S 3.7

■これからの定番

100台以上も並んだ試乗車の中で、われもわれもと希望者が押し寄せたのが「インフィニティQ50」。近いうち、日本で次期「スカイライン」として登場しそうだから、メディアはみんな興味津々なのだ。

アメリカでの人気を狙って少し大型化したが、肥満というよりスラッと滑らかで鋭さをも感じさせるボディーが、心に刺さる。基本構成は従来型の正常進化だが、走らせてみると“スポーツのDNA”がムンムン迫る。ガソリン車「3.7」の“味付けセレクター”でスポーツモードを選ぶと、攻める楽しさがジャガーより濃いかも。前後のバランスは抜群で、ノーマルモードで中速コーナーから立ち上がる時も、テールに絶妙のムズムズ感が漂い、主体的に操っている実感ありありだ。

そして最大の注目ポイントは、まったく新しい「ステア by ワイヤ」。ドライバーからの操作を正確に伝える反面、路面からの雑味をきれいに濾過(ろか)するスグレモノ。電子制御の塊なのに、これほどまでに人工的な感触を排除できるとは驚くばかりだ。モードごとの手応え感もはっきり切り替わるし、これからの日産高性能車の定番になるのは間違いない。
スカイライン・ファンは貯金を急ぐべし。

(文=熊倉重春/写真=日産自動車)

日産 スカイライン の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 歴代「日産スカイライン」を写真で紹介 2014.5.27 画像・写真 13台の歴代「日産スカイライン」が勢ぞろい! 各モデルの姿を写真で紹介する。
  • ホンダN-VAN +STYLE FUN Honda SENSING(FF/CVT)【試乗記】 2021.1.18 試乗記 “withコロナ”時代のライフスタイルとして、小さめのコミューターやアウトドアに注目が集まるいま、ユーティリティーに優れる軽という選択肢はアリか? あらためてホンダの軽商用バン「N-VAN」に乗ってみた。
  • トヨタGRヤリスRS(FF/CVT)【試乗記】 2021.1.13 試乗記 ラリーのトップカテゴリーで勝つことを念頭に開発された、トヨタのコンパクトハッチバック「GRヤリス」。たとえFF・CVT仕様のエントリーグレードであっても、そのこだわりの走りは、出自を感じさせる非凡さにあふれていた。
  • ポルシェ718ボクスターGTS 4.0(MR/6MT)【試乗記】 2021.1.11 試乗記 自然吸気の4リッター6気筒エンジンを搭載する「ポルシェ718ボクスターGTS 4.0」。その走りは、パワーユニットを共有する上位モデルとも、4気筒ターボエンジンを積むエントリーモデルとも異なる、独自の魅力にあふれていた。
  • ボルボV60 B5 R-DESIGN(FF/8AT)【試乗記】 2021.1.6 試乗記 ボルボのステーションワゴン「V60」の最新モデルに試乗。連れ出したのは新たに設定された48Vハイブリッドパワートレインと、スポーティーなセッティングのサスペンションを備えた「B5 R-DESIGN」。果たしてその仕上がりは?
ホームへ戻る