第1回:次の日産スカイライン

2013.09.22 世界のNISSAN、イッキ乗り!

世界の日産車を一カ所に集めての“グローバル試乗会”「NISSAN 360」が、アメリカで開催された。会場となったカリフォルニア州の空港跡地には、現地アメリカや日本を始め、欧州、アジア、南アフリカなどで流通している日産車がズラリ! そのうち、これから日本で発売されるであろうモデルや、逆にあまり知られることのない(?)クルマを、全8回の特集で紹介する。

トップバッターは、次期「日産スカイライン」と目される「インフィニティQ50」。チョイ乗りしてみた、3人の自動車ジャーナリストの感想は……?

インフィニティQ50ハイブリッド
インフィニティQ50ハイブリッド
    拡大

第1回:次の日産スカイラインの画像 拡大

第1回:次の日産スカイラインの画像 拡大

第1回:次の日産スカイラインの画像 拡大

インフィニティQ50ハイブリッド/Sハイブリッド/S 3.7

■これからの定番

100台以上も並んだ試乗車の中で、われもわれもと希望者が押し寄せたのが「インフィニティQ50」。近いうち、日本で次期「スカイライン」として登場しそうだから、メディアはみんな興味津々なのだ。

アメリカでの人気を狙って少し大型化したが、肥満というよりスラッと滑らかで鋭さをも感じさせるボディーが、心に刺さる。基本構成は従来型の正常進化だが、走らせてみると“スポーツのDNA”がムンムン迫る。ガソリン車「3.7」の“味付けセレクター”でスポーツモードを選ぶと、攻める楽しさがジャガーより濃いかも。前後のバランスは抜群で、ノーマルモードで中速コーナーから立ち上がる時も、テールに絶妙のムズムズ感が漂い、主体的に操っている実感ありありだ。

そして最大の注目ポイントは、まったく新しい「ステア by ワイヤ」。ドライバーからの操作を正確に伝える反面、路面からの雑味をきれいに濾過(ろか)するスグレモノ。電子制御の塊なのに、これほどまでに人工的な感触を排除できるとは驚くばかりだ。モードごとの手応え感もはっきり切り替わるし、これからの日産高性能車の定番になるのは間違いない。
スカイライン・ファンは貯金を急ぐべし。

(文=熊倉重春/写真=日産自動車)

日産 スカイライン の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 日産スカイライン400R(FR/7AT)【試乗記】 2019.10.18 試乗記 デビュー6年目のマイナーチェンジで「日産スカイライン」に追加された、“走り”のグレード「400R」。400PSオーバーの3リッターV6ツインターボを積んだスポーツセダンは、かつてのスカイラインがそうだったように、特別なオーラを確かに漂わせていた。
  • 日産スカイラインGT Type SP(ハイブリッド)(FR/7AT)【試乗記】 2019.10.22 試乗記 市販車として初めて、同一車線内“ハンズオフ”走行を実現する運転支援システム「プロパイロット2.0」が搭載された「日産スカイライン」。長距離ドライブに連れ出し、実際の交通環境の中で手放し運転機能の使い勝手や走りの実力を確かめてみた。
  • 歴代「日産スカイライン」を写真で紹介 2014.5.27 画像・写真 13台の歴代「日産スカイライン」が勢ぞろい! 各モデルの姿を写真で紹介する。
  • 第217回:真っ青なRに真っ青 2021.10.11 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。フォルクスワーゲンの高性能SUV「ティグアンR」を駆り、夜の首都高に出撃すると、早速赤いバッジを付けた先代「シビック タイプR」を発見セリ! いざ、R同士の熱いバトルに突入だ!?
  • ルノー・メガーヌ インテンス(FF/7AT)【試乗記】 2021.10.4 試乗記 マイナーチェンジで新世代の1.3リッターターボエンジンが採用された「ルノー・メガーヌ」に試乗。同ユニットを積む弟分の「ルーテシア」や従来型の1.6リッターモデルとの違いについてリポートする。
ホームへ戻る