第6回:日本で乗れない4ドアセダン

2013.09.26 世界のNISSAN、イッキ乗り!

今後、新型「スカイライン」として日本に導入されるであろう「インフィニティQ50」のほかにも、国内ではまだ知られていないセダンがある。「アルティマ」と、“フーガの大排気量グレード”たる「Q70 5.6 AWD」の走りをリポートする。

日産アルティマ
日産アルティマ
    拡大

第6回:日本で乗れない4ドアセダンの画像 拡大

第6回:日本で乗れない4ドアセダンの画像 拡大

第6回:日本で乗れない4ドアセダンの画像 拡大

日産アルティマ

■こんなセダンがあっていい

かつての「ブルーバード」に端を発する「アルティマ」は、2012年発表のこのモデルで5代目。北米では「カムリ」や「アコード」などをライバルとする売れ筋セダンだ。もともと競合車に比べればスポーティーなフォルムがウリだったが、今の北米日産デザインを象徴する一台という現行型は、さらに研ぎ澄まされたカタチが目を引く。

でもインテリアは一転してラグジュアリー。走りの方向性もそうだった。ステアリングの切れ味はリニアで、身のこなしは前輪駆動であることを感じさせないけれど、3.5リッターV6とコンビを組むのがCVTなのでレスポンスは穏やかだし、乗り心地は予想以上にまろやか。長距離巡航に向いていそう。なぜか「ボルボV70」を思い出した。

ヨーロッパのクルマ作りでは、エモーショナルなデザインにはそれにふさわしいハンドリングを組み合わせるのが常識。でもアメリカにはそんな堅苦しい文法はない。それがアルティマの自由で爽やかでリラックスできるキャラを生んでいる。こういうセダンがあればと思う人、自分以外にもいるんじゃないだろうか?

(文と写真=森口将之)

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 日産フーガハイブリッド(FR/7AT)【試乗記】 2015.3.13 試乗記 日産のプレミアムセダン「フーガ」がエクステリアデザインの大幅な変更を伴うマイナーチェンジを受けた。最も人気の高いグレード「ハイブリッド」でその進化を確かめた。
  • 日産フーガ250GT(FR/7AT)【試乗記】 2010.3.11 試乗記 日産フーガ250GT(FR/7AT)
    ……523万9500円


    2009年11月に初のフルモデルチェンジを受けた「日産フーガ」。一見、“デザイン重視”で登場したかのように見える2代目だが、実際のところはどうなのか? 売れ筋の2.5リッターモデルを試した。
  • 日産スカイラインGT Type SP(ハイブリッド) /スカイラインGT Type P(V6ターボ)【試乗記】 2019.9.5 試乗記 マイナーチェンジを受けた「日産スカイライン」のハイブリッドモデルと、日本初導入の3リッターV6ターボモデルに試乗。前者に国産市販車として初めて搭載された、同一車線内での“ハンズオフ”走行を実現する運転支援システム「プロパイロット2.0」の実用性や使い勝手を確かめてみた。
  • 「日産フーガ」、仕様変更で静粛性が向上 2017.11.15 自動車ニュース 日産自動車は2017年11月15日、「フーガ」の一部仕様を変更し、同年11月28日に発売すると発表した。フロントガラス、フロントドアガラス、リアドアガラスに遮音ガラスを採用し、静粛性の向上を図っている。
  • 日産フーガハイブリッド(FR/7AT)【試乗記】 2011.1.26 試乗記 日産フーガハイブリッド(FR/7AT)
    ……646万8000円

    燃費性能を声高にアピールする、日産の高級セダン「フーガハイブリッド」。その主張の真偽のほどを、長距離ドライブで試した。
ホームへ戻る