クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

第6回:日本で乗れない4ドアセダン

2013.09.26 世界のNISSAN、イッキ乗り!

今後、新型「スカイライン」として日本に導入されるであろう「インフィニティQ50」のほかにも、国内ではまだ知られていないセダンがある。「アルティマ」と、“フーガの大排気量グレード”たる「Q70 5.6 AWD」の走りをリポートする。

日産アルティマ
日産アルティマ
    拡大

第6回:日本で乗れない4ドアセダンの画像 拡大

第6回:日本で乗れない4ドアセダンの画像 拡大

第6回:日本で乗れない4ドアセダンの画像 拡大

日産アルティマ

■こんなセダンがあっていい

かつての「ブルーバード」に端を発する「アルティマ」は、2012年発表のこのモデルで5代目。北米では「カムリ」や「アコード」などをライバルとする売れ筋セダンだ。もともと競合車に比べればスポーティーなフォルムがウリだったが、今の北米日産デザインを象徴する一台という現行型は、さらに研ぎ澄まされたカタチが目を引く。

でもインテリアは一転してラグジュアリー。走りの方向性もそうだった。ステアリングの切れ味はリニアで、身のこなしは前輪駆動であることを感じさせないけれど、3.5リッターV6とコンビを組むのがCVTなのでレスポンスは穏やかだし、乗り心地は予想以上にまろやか。長距離巡航に向いていそう。なぜか「ボルボV70」を思い出した。

ヨーロッパのクルマ作りでは、エモーショナルなデザインにはそれにふさわしいハンドリングを組み合わせるのが常識。でもアメリカにはそんな堅苦しい文法はない。それがアルティマの自由で爽やかでリラックスできるキャラを生んでいる。こういうセダンがあればと思う人、自分以外にもいるんじゃないだろうか?

(文と写真=森口将之)

インフィニティQ70 5.6 AWD

■インフィニティのAMG

初代「フーガ」が出た時、「これにアメリカ向けSUVの大排気量V8を積んじゃったら」と冗談半分で提案したら、「とてもバランス取れん」と却下された。でも今、それがある。3.7リッターのガソリンV6を基本としてハイブリッドも3リッターディーゼルも選べる「インフィニティQ70」だが、そこに5.6リッターものV8(最高出力426ps 、最大トルク57.6kgm)を無理やり押し込んだのがこのクルマ。過剰なほどの大トルクで大地を踏みしめる欲求は、まだまだアメリカ人の心の奥に健在らしい。

無理やり(まるで船舶用みたいにかさばるエンジンなのだ)といっても、走らせてみると完成度は高く、鼻先だけが重いという不自然な感覚はない。重いには重くても、切れば切っただけ素直に向きを変えるし、うっかり攻めすぎても、だらしなくフロントから膨らむことはない。もちろんトルク感は排気量相応で、空気の壁を切り裂くというより、周囲の空気ともどもムムッと行ってしまう感じ。
でも、いったん怪力を味わってしまうと、いたずらに踏みまくる気にならないのも事実。限りない余力を秘めたまま、ほとんどアイドリングとトップギアで悠然と行くのが基本のスタイルになる。インフィニティのAMG?

(文=熊倉重春/写真=日産自動車)

インフィニティQ70 5.6 AWD
インフィニティQ70 5.6 AWD
    拡大

第6回:日本で乗れない4ドアセダンの画像 拡大

第6回:日本で乗れない4ドアセダンの画像 拡大

第6回:日本で乗れない4ドアセダンの画像 拡大
車買取・中古車査定 - 価格.com

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『webCG』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。

日産 フーガ の中古車
関連キーワード
関連記事
関連サービス(価格.com)
あなたにおすすめの記事

webCGの最新記事の通知を受け取りませんか?

詳しくはこちら

表示されたお知らせの「許可」または「はい」ボタンを押してください。