クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

第4回:“大陸サイズ”のSUV

2013.09.25 世界のNISSAN、イッキ乗り!

「パスファインダー ハイブリッド」「キャシュカイ+2」「エクステラ」に続いては、とりわけ大きなSUVを紹介。特設のオフロードコースや一般道で試してみた、その感想は?

日産パトロール
日産パトロール
    拡大
インフィニティQX80(以下同じ)
インフィニティQX80(以下同じ)
    拡大

第4回:“大陸サイズ”のSUVの画像 拡大

第4回:“大陸サイズ”のSUVの画像 拡大

日産パトロール/インフィニティQX80

■走るVIPルーム

「トヨタ・ランドクルーザー」とならぶ日本が誇るジャパニーズオフローダーとして、かつて日産には「サファリ」があった。そんなサファリは2007年に日本から姿を消したが、ところがどっこい海外向け(車名は「パトロール」)にきちんとフルチェンジして今も健在。最新型パトロールはランクル200よりぜいたくな四輪独立サスで、ロールを抑制する最新ダイナミクス制御システムも搭載。しかもインフィニティブランドの豪華版「QX80」も、2011年に登場している。

海外専用車ということでタガがはずれたのか、最新パトロールのボディーサイズはランクル200より堂々と大きく、QX80はそれに輪をかけて長い。乗り味もヘビー級のラグジュアリー本格オフローダーそのもので、外界から隔絶されたまさに金庫に乗って浮遊している感じ。これぞ世界のVIPルーム。

日産技術の粋を集めたハイエンドSUVだけに、パトロールもQX80も全数を日産車体九州が生産するメイド・イン・ジャパン。“日本で作る輸出専用車”という最近ではけっこうめずらしいケース。いやいや、いまも日本で作っているんだったら、ぜひ日本でもサファリ復活を! 待っている人は(数は少ないかもしれないけど)確実にいる。

(文=佐野弘宗/写真=日産自動車)

日産 サファリ の中古車

 

日産アルマーダ

■開拓時代の荷馬車のように

怪力「タイタン」(ピックアップトラック)の乗用SUV 版が「アルマーダ」。全長5.3m級、全幅2m以上にもなる巨体だから日本では持て余すが、これぐらいの存在感がないと、アリゾナあたりの大荒野では風景に負ける。典型的な日産顔をぶっといクロムの枠で組み立てたところ、けっこう日本離れしているかも。

強大なトルクに任せた、ある意味かなり大ざっぱな走行感覚もアメリカ的。高い運転視点で広いボンネット越しに周囲を睥睨(へいげい)し、5.6リッターものV8ピストン一本一本が逞(たくま)しく空気を吸っては吐くのを味わうのは、馬車の御者台から馬を操った開拓時代を思い起こさせるのかもしれない。

大ざっぱといっても勘どころは押さえてあり、コーナーに向けて切り込むと、けっこう敏感にフロントの踏ん張り感が伝わってきて、素直に曲がれてしまう。シートのサポート感も満足できるレベルだし、巨大なホイール/タイヤからのドタドタ感も気にならない。アメリカで一大勢力を誇るカテゴリーだが、たしかに、こんなクルマがあったら、オーソドックスなセダンに逆風が吹くのも理解できる気がする。でも、もう新時代には似合わないけどね。

(文=熊倉重春/写真=日産自動車)

日産アルマーダ
日産アルマーダ
    拡大

第4回:“大陸サイズ”のSUVの画像 拡大

第4回:“大陸サイズ”のSUVの画像 拡大

第4回:“大陸サイズ”のSUVの画像 拡大
車買取・中古車査定 - 価格.com

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『webCG』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。

日産 サファリ の中古車
関連キーワード
関連記事
関連サービス(価格.com)

webCGの最新記事の通知を受け取りませんか?

詳しくはこちら

表示されたお知らせの「許可」または「はい」ボタンを押してください。