ランボが「ガヤルド」の高性能版を日本初公開

2013.09.20 自動車ニュース
「ランボルギーニ・ガヤルドLP570-4スクアドラ コルセ」とアウトモビリ・ランボルギーニ代表兼CEOのステファン・ヴィンケルマン氏(右)、ブランパン副社長のアラン・デラムラ氏(中)、ランボルギーニ・ジャパン カントリー・マネージャーのエジナルド・ベルトリ氏(左)。
「ランボルギーニ・ガヤルドLP570-4スクアドラ コルセ」とアウトモビリ・ランボルギーニ代表兼CEOのステファン・ヴィンケルマン氏(右)、ブランパン副社長のアラン・デラムラ氏(中)、ランボルギーニ・ジャパン カントリー・マネージャーのエジナルド・ベルトリ氏(左)。
    拡大

ランボルギーニが「ガヤルドLP570-4 スクアドラ コルセ」を日本初公開

ランボルギーニ・ジャパンは2013年9月20日、「ランボルギーニ・ガヤルドLP570-4スクアドラ コルセ」を日本初公開した。


ランボが「ガヤルド」の高性能版を日本初公開の画像 拡大

ランボが「ガヤルド」の高性能版を日本初公開の画像 拡大
「ブランパンL-エボリューションR フライバック クロノグラフ ラージデイト」(写真中央、上)
「ブランパンL-エボリューションR フライバック クロノグラフ ラージデイト」(写真中央、上)
    拡大

ガヤルドLP570-4スクアドラ コルセは、ワンメイクレースの競技車両である「ガヤルド スーパートロフェオ」をベースに開発された高性能モデルである。

車両重量は通常の「ガヤルドLP560-4」より70kg軽量な1340kg。570psの最高出力を発生する5.2リッターV10エンジンを搭載し、2.35kg/psのパワーウェイトレシオを実現する。リアウイングはレースカーと同じものを採用しており、大きなダウンフォースにより、ハイスピードのコーナリングでも優れた走行安定性能を発揮するという。

これらの技術により、ガヤルドLP570-4スクアドラ コルセは0-100km/h加速が3.4秒、最高速が320km/hという動力性能を実現している。

価格は3165万6450円。具体的な台数については未定だが、販売は台数限定で行われるという。

同時に発表された「ブランパン L-エボリューションR フライバック クロノグラフ ラージデイト」は、ランボルギーニとパートナー契約を結んでいるブランパンの高級腕時計である。

販売数は88本の限定、価格は173万2500円。

(webCG)
 

関連キーワード:
ガヤルド, ランボルギーニ, 自動車ニュース

ランボルギーニ ガヤルド の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • マクラーレン600LTスパイダー(MR/7AT)【試乗記】 2019.8.8 試乗記 全方位的な改良によって走りを追求したマクラーレンの高性能モデル「600LT」に、電動ハードトップを持つ「スパイダー」が登場。“硬”と“軟”、2つのキャラクターを併せ持つ最新モデルに試乗し、完璧を求めるマクラーレンの哲学に触れた。
  • ポルシェ718スパイダー(MR/6MT)/718ケイマンGT4(MR/6MT)【海外試乗記】 2019.8.5 試乗記 オープントップの「718スパイダー」とクローズドボディーの「718ケイマンGT4」。“ミドシップ・ポルシェ”のトップに君臨する2モデルが新型になって帰ってきた。果たして、その仕上がりは? イギリスからの第一報。
  • ポルシェ・マカン(4WD/7AT)【試乗記】 2019.7.31 試乗記 ポルシェファミリーの中で、いま最も売れている「マカン」。モデルライフ半ばのマイナーチェンジで持ち前の商品力はどのように高まったのか? ベーシックな2リッター直4モデルに試乗し、その完成度を確かめた。
  • 【トミカショップオリジナル】ランボルギーニ・ムルシエラゴ 2017.9.13 トミカ大写真展 V12エンジンをミドシップ搭載したランボルギーニのフラッグシップモデルとして、2001年に登場した「ムルシエラゴ」。アウディの傘下となったランボルギーニが最初にリリースしたニューモデルであり、最高速は330km/h以上という高い動力性能を誇った。
  • ランボルギーニ・ガヤルドLP560-2 50° アニヴェルサリオ(MR/6AT)【試乗記】 2013.9.9 試乗記 デビューから11年目に入り、モデルライフの最終章にある「ガヤルド」。しかし、その走りの切れ味は今なお新鮮だ。ランボルギーニの創業50周年を祝うスペシャルモデルで、ワインディングロードに挑んだ。
ホームへ戻る