「レクサスGS」に新ハイブリッドモデルが登場

2013.10.17 自動車ニュース
「レクサスGS300h“バージョンL”」
「レクサスGS300h“バージョンL”」
    拡大

「レクサスGS」に新ハイブリッドモデル「GS300h」が登場

トヨタ自動車は2013年10月17日、レクサスブランドのミドルサイズセダン「GS」に一部改良を実施するとともに、ハイブリッドモデル「GS300h」を追加設定し、販売を開始した。

「GS450h“Fスポーツ”」
「GS450h“Fスポーツ”」
    拡大

新グレードの「GS300h」は、2.5リッター直4エンジンとモーターを組み合わせたハイブリッドシステムを搭載したモデルで、システム全体で220ps(162kW)という最高出力と、23.2km/リッター(JC08モード)の燃費性能を実現している。

また、今回の一部改良では「GS350」のFR車に8段AT「8-Speed SPDS」を採用したほか、全グレードに車線変更時の安全運転を支援するブラインドスポットモニターをオプション設定。ヘッドアップディスプレイをカラー表示に変更した。また、オートエアコンやシートヒーター、シートベンチレーションを統合制御する「レクサス クライメイト コンシェルジュ」を、各グレードの“バージョンL”“Fスポーツ”“Iパッケージ”に標準で採用。“バージョンL”は3座独立調整式、その他は運転席・助手席独立調整式となっている。

内外装についても仕様の一部を変更しており、インテリアではバンブーのオーナメントパネルを全グレードの“バージョンL”と“Iパッケージ”で選択可能としたほか、ウォールナットと縞杢(しまもく)の本木目パネルを“Fスポーツ”にも設定した。

一方エクステリアでは、フロントフォグランプをLEDタイプに変更したほか、LEDクリアランスランプに昼間の被視認性を高めるデイライト機能を追加。“バージョンL”には、19インチアルミホイールをオプション設定した。またボディーカラーに “Fスポーツ”専用色の「ホワイトノーヴァガラスフレーク」を追加し、全11色のラインナップとした。

価格は514万円~804万円。新グレードの「GS300h」は、標準車が580万円、“Iパッケージ”が620万円、“Fスポーツ”が660万円、“バージョンL”が670万円となっている。

(webCG)
 

関連キーワード:
GS, レクサス, 自動車ニュース

レクサス GS の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • レクサスLS 2017.1.10 画像・写真 レクサスが、デトロイトショーで5代目となる新型「LS」を世界初公開した。新世代プラットフォーム「GA-L」や自動操舵機能つきプリクラッシュセーフティーなど、先進技術が採用されたフラッグシップセダンの姿を写真で紹介する。
  • レクサスLS500h“エグゼクティブ”(FR/CVT)【試乗記】 2019.2.1 試乗記 2018年8月の一部改良でハイブリッドシステムのエンジンサウンドや変速制御のチューニングを行い、制振材の追加などにより静粛性を向上させたという、レクサスのフラッグシップサルーン「LS」。果たして熟成は、どこまで進んだのだろうか。
  • レクサスLS500h“バージョンL”(4WD/CVT)【試乗記】 2018.3.21 試乗記 11年ぶりのフルモデルチェンジで、従来モデルとは一線を画すキャラクターを手に入れた「レクサスLS」。すっかりドライバーズセダンとなった新型の走りは、往年のLSを知るクルマ好きの目にはどのように映るのか?
  • レクサスLS500h“バージョンL”(後編) 2018.3.1 谷口信輝の新車試乗 レーシングドライバーの谷口信輝が本音でクルマを語り尽くす! 今回も引き続き「レクサスLS」に試乗。内外装を大絶賛した谷口だが、走りの評価になると一転してトーンが下がり気味。谷口が指摘する、ハイブリッドモデルの気になるところとは?
  • 「レクサスLS」がマイナーチェンジ 高度な運転支援技術「Lexus Teammate」を搭載 2020.7.7 自動車ニュース トヨタ自動車は2020年7月7日、レクサスブランドのフラッグシップセダン「LS」のマイナーチェンジモデルを世界初公開した。国内では2020年初冬の発売を予定している。
ホームへ戻る