「フォード・マスタング」に赤と青の限定モデル

2013.10.29 自動車ニュース
「フォード・マスタングV8 GT Appearance Package(アピアランスパッケージ)」
「フォード・マスタングV8 GT Appearance Package(アピアランスパッケージ)」
    拡大

「フォード・マスタング」に赤と青の限定モデル

フォード・ジャパン・リミテッドは2013年10月29日、「フォード・マスタング」に特別仕様車「V8 GT Appearance Package(アピアランスパッケージ)」を設定し、20台限定で販売を開始した。

今回の特別仕様車は、5リッターエンジンを搭載した「V8 GTクーペ」をベースに、内外装を特別にコーディネートしたものである。

ボディーカラーはカタログモデルにも設定のある「レースレッド」のほか、専用色として1970年代にマスタングに採用されていたという「グラバーブルー」を設定。インテリアには、この2色に合わせて2種類のシートとトリムを用意している。
具体的には、ボディーカラーがレースレッドの場合はインテリアも赤でコーディネート。シートにはホワイトストライプのアクセントを採用する。一方、ボディーカラーがグラバーブルーの場合は、インテリアは黒基調、シートのストライプはブルーの組み合わせとなる。

このほかにも、ドアトリムにはマスタングのエンブレムであるギャロッピングホースを装着。ブラックのアクセントを利かせた専用デザインの19インチアルミホイールを装備している。

ハンドル位置は左のみ、トランスミッションは6段ATのみの設定。販売台数は各色10台で、価格はともに510万円。

(webCG)
 

関連キーワード:
マスタング, フォード, 自動車ニュース

フォード マスタング の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フォード・マスタング【海外試乗記】 2016.2.2 試乗記 フォードの日本市場撤退によって消滅することになった、右ハンドル仕様の「マスタング」の導入計画。その出来栄えはどのようなものだったのか。オーストラリアで2.3リッター直4ターボエンジンを搭載する「コンバーチブル」と5リッターV8の「ファストバック」に試乗した。
  • マックイーンのあのマスタングが復活!
    50年目の「マスタング ブリット」にアメリカ車の輝きを見た
    2018.2.5 デイリーコラム 気分はスティーブ・マックイーン! 映画史に残るカーチェイスを繰り広げた、世界一有名な「フォード・マスタング」の雄姿と、“劇中車”の50周年を記念した特別仕様車の登場に、長年にわたり銀幕を彩ってきたアメリカ車の輝きを見た。
  • ホンダCBR1000RR-RファイアブレードSP(6MT)【レビュー】 2021.1.14 試乗記 レースでも活躍するリッタークラスのスーパースポーツ。中でも今注目を集めているのが「ホンダCBR1000RR-Rファイアブレード」だ。「“TOTAL CONTROL” for the Track」をテーマに開発されたニューモデルは、ひたすらに“速さ”を追求したマシンに仕上がっていた。
  • トヨタ・ハイラックスZ(4WD/6AT)【試乗記】 2021.1.7 試乗記 日本で唯一、新車で正規販売されるピックアップトラック「トヨタ・ハイラックス」。その車両構成は、ラダーフレームにリーフリジッドのリアサスペンション、最大積載量500kgのベッドと、タフそのものだ。世界各国で活躍するグローバルな一台の魅力をリポートする。
  • 第197回:ホンダeで電費アタック 2021.1.4 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。愛車フェラーリと半分愛車のランボルギーニでスーパーカー、いや化石燃料車を究めた気分になった今、次に狙うはEVである。一番気になる「ホンダe」は果たして実用車たり得るのか。いざ電費をチェック!
ホームへ戻る