「フォード・マスタング」に赤と青の限定モデル

2013.10.29 自動車ニュース
「フォード・マスタングV8 GT Appearance Package(アピアランスパッケージ)」
「フォード・マスタングV8 GT Appearance Package(アピアランスパッケージ)」
    拡大

「フォード・マスタング」に赤と青の限定モデル

フォード・ジャパン・リミテッドは2013年10月29日、「フォード・マスタング」に特別仕様車「V8 GT Appearance Package(アピアランスパッケージ)」を設定し、20台限定で販売を開始した。

今回の特別仕様車は、5リッターエンジンを搭載した「V8 GTクーペ」をベースに、内外装を特別にコーディネートしたものである。

ボディーカラーはカタログモデルにも設定のある「レースレッド」のほか、専用色として1970年代にマスタングに採用されていたという「グラバーブルー」を設定。インテリアには、この2色に合わせて2種類のシートとトリムを用意している。
具体的には、ボディーカラーがレースレッドの場合はインテリアも赤でコーディネート。シートにはホワイトストライプのアクセントを採用する。一方、ボディーカラーがグラバーブルーの場合は、インテリアは黒基調、シートのストライプはブルーの組み合わせとなる。

このほかにも、ドアトリムにはマスタングのエンブレムであるギャロッピングホースを装着。ブラックのアクセントを利かせた専用デザインの19インチアルミホイールを装備している。

ハンドル位置は左のみ、トランスミッションは6段ATのみの設定。販売台数は各色10台で、価格はともに510万円。

(webCG)
 

関連キーワード:
マスタング, フォード, 自動車ニュース

フォード マスタング の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フォード・マスタング【海外試乗記】 2016.2.2 試乗記 フォードの日本市場撤退によって消滅することになった、右ハンドル仕様の「マスタング」の導入計画。その出来栄えはどのようなものだったのか。オーストラリアで2.3リッター直4ターボエンジンを搭載する「コンバーチブル」と5リッターV8の「ファストバック」に試乗した。
  • フォード・マスタング V8 GTパフォーマンスパッケージ(FR/6MT)【試乗記】 2013.5.20 試乗記 モデルライフもそろそろ終盤の「フォード・マスタング」に、アシを鍛えた限定モデルが登場。 メーカーこだわりのシャシーの妙味を、スティックシフトで味わった。
  • スバルBRZ S(FR/6MT)【試乗記】 2021.9.25 試乗記 FRスポーツカー「スバルBRZ」がフルモデルチェンジ。排気量をアップした水平対向4気筒エンジンやインナーフレーム構造の新設計ボディーなどによって、走りや個性はどう進化したのか。公道での初試乗から、その印象をリポートする。
  • TOM’SレクサスLC500コンバーチブル(FR/10AT)【試乗記】 2021.10.1 試乗記 トムスから新たなコンプリートカー「TOM’SレクサスLC500コンバーチブル」が登場。レクサスのラグジュアリーオープンを“レーシングテクノロジーで研ぎ澄ませた”とうたう、その実力やいかに!?
  • シボレー・コルベット コンバーチブル(MR/8AT)【試乗記】 2021.9.18 試乗記 ミドシップ化によって高い運動性能を獲得した新型「シボレー・コルベット」。その実力は、電動ハードトップを備えた「コンバーチブル」でも変わらない。とくに峠道では、オープンエアの心地よさに加え、C8の底知れないポテンシャルも感じることとなった。
ホームへ戻る