クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

マックイーンのあのマスタングが復活!
50年目の「マスタング ブリット」にアメリカ車の輝きを見た

2018.02.05 デイリーコラム

世界一有名なグリーンの「マスタング」

デトロイトモーターショーのプレビューイベントで、フォードのステージに1968年型「マスタング」が現れた。かたわらに立ってほほ笑む美女は、モリー・マックイーン。スティーブ・マックイーンの孫娘である。このマスタングは、映画『ブリット』の撮影で使われたモデルそのものなのだ。

2台の撮影車のうちの1台が長らく行方不明になっていたが、最近になって発見されたのだという。ナッシュビルの納屋でひっそりと保管されていたらしく、塗装がはげてサビが浮いているものの状況は良さそうだ。エンジンもかかるので、手を入れれば走行も可能だろう。

マスタングの名声を世界中に知らしめたのが『ブリット』である。サンフランシスコの坂道で「ダッジ・チャージャー」を追い詰めるシーンは、世界で最も有名なカーチェイスと言われている。サンフランシスコ警察のブリット刑事はチャージャーに乗った2人組の殺し屋を発見するが、気づいた彼らは交差点で急発進。アップダウンの激しい道で、すさまじい追跡劇が始まる。CGを使ってインパクトだけを追求する最近の映像とは違い、生の迫力が観る者を圧倒する。

坂の頂上ではいきおいあまってジャンプし、着地するとサスペンションがフルボトムして悲鳴を上げる。コーナーでは派手にカウンターを当てて斜めに抜けていく。バトルが始まってからは音楽が消え、V8エンジンの咆哮(ほうこう)とタイヤのスキール音だけが響き渡って臨場感を高めた。スタントは使わず、マックイーン本人が運転している。高い運転技術を持ち、数々のレースに出場していた彼がドライバーズシートを他人に譲るはずはない。

北米国際自動車ショーのプレビューイベントにて、ステージへと向かう1968年型「フォード・マスタング」。映画『ブリット』の劇中車だ。
北米国際自動車ショーのプレビューイベントにて、ステージへと向かう1968年型「フォード・マスタング」。映画『ブリット』の劇中車だ。拡大
現オーナーのショーン・キアナン氏と、ドライバーズシートに座るモリー・マックイーン氏。
現オーナーのショーン・キアナン氏と、ドライバーズシートに座るモリー・マックイーン氏。拡大
ショーン・キアナン氏が運転する、1968年型「フォード・マスタング」。
ショーン・キアナン氏が運転する、1968年型「フォード・マスタング」。拡大
『ブリット』の劇中車だったグリーンの「マスタング」は、ナッシュビルにあるキアナン氏の納屋で保管されていたという。
『ブリット』の劇中車だったグリーンの「マスタング」は、ナッシュビルにあるキアナン氏の納屋で保管されていたという。拡大

オリジナルに対する“オマージュ”が満載

マスタングはベビーブーマー向けのスポーティーな小型車として登場し、低価格とオプションの豊富さで大人気となった。ポニーカーと呼ばれるジャンルを作ったトレンドセッターである。『ブリット』で見せた勇姿がさらに評判を高め、パワフルでスタイリッシュなモデルというイメージが定着した。

フォードにとってこの名声は大切な資産だ。プレビューイベントで1968年モデルの横に展示されていたのは、最新型の「マスタング ブリット」である。ちょうど50年前の名車にオマージュをささげた特別仕様車なのだ。

「マスタングGT」がベースになっており、475hpの5リッターV8エンジンを搭載する。トランスミッションはマニュアルで、映画のモデルと同じ白い球形のシフトノブが装備される。フロントグリルに馬のエンブレムがないのも、映画を忠実に再現したからだ。ボディーカラーはブラックも用意されているが、主人公になり切るにはダークハイランドグリーンを選んだほうがいいだろう。

マスタング ブリットが販売されるのは初めてではない。2001年と2008年にも、特別仕様車がカタログに載せられた。映画好きやマックイーンのファンが欲しがるのは確実なので、商売としては合理的である。他人と違うクルマに乗りたいという気持ちは誰にでもあるので、もともとこうした特別仕様車は人気が高い。

古いところでは「スズキ・アルト」の“麻美スペシャル”が有名だ。CMに出演していた小林麻美のイメージをまとったモデルで、回転ドライバーズシートやエアコンを標準装備していることがウリだった。その頃小林麻美という名前はオシャレと同義語だったから、女子人気が高まったのは当然である。

「フォードKa」は小室哲哉とコラボした特別仕様車を発売したことがある。ボディーカラーはイエローで、小室のウェブサイトでのみ販売するという試みが新しかった。50台が完売したそうだが、今はどうなっているのだろう。

モリー・マックイーンによって紹介される新型「フォード・マスタング ブリット」。
モリー・マックイーンによって紹介される新型「フォード・マスタング ブリット」。拡大
「マスタング ブリット」のインストゥルメントパネルまわり。白く丸いシフトノブに、オリジナルに対するオマージュがうかがえる。
「マスタング ブリット」のインストゥルメントパネルまわり。白く丸いシフトノブに、オリジナルに対するオマージュがうかがえる。拡大
エンブレムのないフロントグリルや5スポークのアルミホイールなど、外観も劇中車を模したものとなっている。
エンブレムのないフロントグリルや5スポークのアルミホイールなど、外観も劇中車を模したものとなっている。拡大
「マスタング ブリッド」は過去にも2度にわたり特別仕様車として設定されたことがあった。写真は2001年モデルのもの。
「マスタング ブリッド」は過去にも2度にわたり特別仕様車として設定されたことがあった。写真は2001年モデルのもの。拡大

銀幕で見た輝きを手に入れたいのなら……

マスタングのライバルである「シボレー・カマロ」にも、映画に関係する特別仕様車がある。『トランスフォーマー』シリーズでは、主人公のバンブルビーというオートボットが地球ではイエローのカマロに変身しているからだ。トランスフォーマースペシャルエディションは、2010年のサンディエゴ・コミコンで発表された。

『男と女』もマスタングが印象的に使われている映画である。ジャン=ルイ・トランティニアンがアヌーク・エーメをコンバーチブルの助手席に乗せて雨の中を走り、競技用のマシンでモンテカルロラリーに出場している。こちらも映画史に残る作品だが、この映画のイメージで特別仕様車を仕立てるのは難しそうだ。ダバダバダ~というメロディーが浮かんで叙情的な気分に浸ってしまうのは避けられない。

アメリカ車が輝いていた空気を特別仕様車で味わいたいなら、このマスタング ブリットは最良の選択だろう。夏には販売が始まるというが、そういえばフォードは日本から撤退していたのだった。手に入れるのは簡単ではなさそうである。

(文=鈴木真人/編集=堀田剛資)

5代目「シボレー・カマロ」に設定された特別仕様車「トランスフォーマースペシャルエディション」。
5代目「シボレー・カマロ」に設定された特別仕様車「トランスフォーマースペシャルエディション」。拡大
映画『男と女』には、コンバーチブルとハードトップの2台の「マスタング」が登場している。
映画『男と女』には、コンバーチブルとハードトップの2台の「マスタング」が登場している。拡大
北米国際自動車ショーのステージにて、最新の「マスタング ブリット」とともに“取材”に応じる、劇中車の1968年型「マスタング」。
北米国際自動車ショーのステージにて、最新の「マスタング ブリット」とともに“取材”に応じる、劇中車の1968年型「マスタング」。拡大
この記事を読んだ人が他に読んだ記事
車買取・中古車査定 - 価格.com

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『webCG』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。

フォード マスタング の中古車
関連キーワード
関連記事
関連サービス(価格.com)

webCGの最新記事の通知を受け取りませんか?

詳しくはこちら

表示されたお知らせの「許可」または「はい」ボタンを押してください。