MINIクロスオーバーの特別仕様車、3色で発売

2012.02.28 自動車ニュース

「MINIブランド上陸10周年」を祝う特別仕様車、発売

BMWジャパンは、「MINIクロスオーバー」の特別仕様車「MINI クロスオーバー Buckingham(バッキンガム)」を、2012年3月2日に発売する。

今回の「MINI クロスオーバー Buckingham(バッキンガム)」は、2002年3月2日(=ミニの日)に日本上陸を果たしたニューMINIブランドの10周年を記念する特別仕様車だ。

ベースとなるのは、4ドアモデル「クロスオーバー」のベーシックグレード「ONE クロスオーバー」で、以下の特別装備が与えられる。なお、後席は3人座れるベンチ型で、乗車定員は5名となる。

・専用スポーツストライプ(ボンネット、ルーフ、リアハッチの各部)
・16インチアルミホイール(5ホール・サーキュラー・スポーク)
・ダークシルバーのコクピットサーフェス
・5シート

ボディーカラーは、以下の3色。それぞれ、カッコ内に示すインテリアカラーが組み合わされる。

・ライトホワイト(サーフブルー)
・ピュアレッド(ピュアレッド)
・アブソリュートブラック(ピュアレッド)

トランスミッションは6段ATのみ。価格は、ベースモデルより10万円アップの290万2000円で、「アブソリュートブラック」のボディーカラーを選ぶと、さらに5万5000円高となる。

(webCG 関)

「MINI クロスオーバー Buckingham」
「MINI クロスオーバー Buckingham」 拡大

MINIクロスオーバーの特別仕様車、3色で発売の画像 拡大
MINIクロスオーバーの特別仕様車、3色で発売の画像 拡大

関連キーワード:
MINIクロスオーバー, MINI, 自動車ニュース

MINI の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • MINIジョンクーパーワークス クロスオーバー(4WD/8AT)【試乗記】 2020.5.5 試乗記 最高出力を231PSから306PSへと大幅にパワーアップした「MINIクロスオーバー」のハイパフォーマンスバージョン「ジョンクーパーワークス」に試乗。背の高いマルチパーパスのキャラクターと高性能エンジンの組み合わせは、どんな進化を遂げたのか?
  • MINIクーパーSD クロスオーバーALL4(4WD/8AT)【試乗記】 2017.4.11 試乗記 6年ぶりにフルモデルチェンジした、MINIブランドのSUV「MINIクロスオーバー」に試乗。ひとまわり大きくなった2代目の走りや乗り心地、燃費性能を、ディーゼルのトップモデル「クーパーSD ALL4」でチェックした。
  • BMW M2コンペティション(FR/7AT)【試乗記】 2020.10.16 試乗記 コンパクトなFRのボディーにパワフルな3リッター直6ターボエンジンを搭載した「BMW M2コンペティション」。日本におけるBMW Mのエントリーモデルは、兄貴分とは一味違う、スリリングで獰猛(どうもう)な一台に仕立てられていた。
  • アストンマーティンDBX(4WD/9AT)【試乗記】 2020.9.25 試乗記 デビューから1年近くがたち、ようやく日本上陸を果たした「アストンマーティンDBX」。英国のラグジュアリーブランドが初めて手がけたSUVは、待ち焦がれたファンも納得するであろう上質な走りを味わわせてくれた。
  • MINIクーパーS EクロスオーバーALL4(4WD/6AT)【試乗記】 2017.8.25 試乗記 MINIクロスオーバーに追加された新グレードにして、MINI一族にとって初のプラグインハイブリッド車である「MINIクーパーS EクロスオーバーALL4」。前輪をエンジンで、後輪をモーターで駆動する独自のパワープラントがもたらすドライブフィールをリポートする。
ホームへ戻る