「ディスカバリー」2014年モデルはV6 SC搭載

2013.11.13 自動車ニュース

「ランドローバー・ディスカバリー」


    「ランドローバー・ディスカバリー」
    拡大

「ランドローバー・ディスカバリー」2014年モデルは3リッターV6 SCエンジン搭載

ジャガー・ランドローバー・ジャパンは2013年11月12日、「ランドローバー・ディスカバリー」の2014年モデルについて仕様と価格を発表し、予約受付を開始した。

 

2014年モデルは、これまでの「ディスカバリー4」から「ディスカバリー」に名称を変更。また従来の5リッターV8自然吸気エンジンに代えて、新たにスーパーチャージャー付き3リッターV6エンジンを採用した。このエンジンは、340ps/6500rpmの最高出力と、45.9kgm/3500rpmの最大トルクを発生。トランスミッションも従来の6段ATからパドルシフトを備えたZF社製8段ATに変更している。
これらの改良により、2014年モデルの燃費性能は7.4km/リッター(JC08モード)となった。

4WDシステムも変更しており、副変速機を持たないシングルスピード・トランスファーボックスを全車標準装備とした。このシステムは、高いオフロード性能を必要としないユーザーを想定したもので、従来のトランスファーボックスから20kgの軽量化を実現。これにともない、「テレインレスポンス」の岩場モードと「4X4インフォメーション」はオプション扱いとなった。
また、オフロード性能を重視するユーザーのために、従来の副変速機付きトランスファーボックス(ハイ及びローレンジ)もオプションで用意している。

エクステリアデザインについては、バンパー上部をよりフラットでシャープな形状としたほか、ロワグリルを大型化するなど、フロントマスクを中心に一部を変更。新デザインのアルミホイールやドアミラー、ヘッドランプ、テールランプ、フォグランプを採用した。

また、小川や冠水した道路などを走行する際に、水深が深すぎるとドライバーに警告を発する「ウェイドセンシング」機能を採用するなど、機能装備も強化。駐車スペースから後退して車両を出す際に、衝突の可能性を察知するとドライバーに警告を発する「リバーストラフィック・ディテクション」や、自車の左右後方を監視する「ブラインドスポットモニター」を新たに設定した。

このほかにも、オーディオには「レンジローバー」シリーズと同じくMeridian製のプレミアムオーディオシステムを採用。ベースグレードの「SE」には11個のスピーカーを搭載した出力380Wのシステムを、上級グレード「HSE」には17個のスピーカーを搭載した出力825Wの「Meridianサラウンドシステム」を標準装備している。

ハンドル位置は右のみ。価格は「SE」が676万円、「HSE」が796万円となる。

(webCG)
 

関連キーワード:
ディスカバリー, ランドローバー, 自動車ニュース

ランドローバー ディスカバリー の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ランドローバー・ディフェンダー110 2020.6.18 画像・写真 ジャガー・ランドローバーが「ランドローバー・ディフェンダー110」を日本で初公開。展示車は正式な国内向け市販モデルであり、その装備やインテリアについても、今回が初披露となった。いよいよ公にされた“日本仕様のディフェンダー”を、写真で紹介する。
  • ランドローバー・ディフェンダー110 HSE(4WD/8AT)【試乗記】 2020.12.23 試乗記 長年にわたり旧型「ランドローバー・ディフェンダー」に乗り続けてきたオーナーが、すべてが刷新された“新型”に試乗。洗練されたオンロードでの振る舞いと圧倒的なオフロード性能に、氏が感じたこととは? 「旧型オーナーの新型ディフェンダー評」をリポートする。
  • ランドローバー・ディフェンダー110 SE(後編) 2020.11.19 谷口信輝の新車試乗 レーシングドライバー谷口信輝は、新型「ランドローバー・ディフェンダー」には普通のクルマとは違うさまざまな魅力があるという。プロも認めた、その特筆すべき長所とは?
  • ランドローバー・ディフェンダー110/ジープ・ラングラー アンリミテッド(後編)【試乗記】 2020.11.24 試乗記 “これぞジープ”の味を守り続ける「ラングラー」と、新世代のオフローダーへと大胆な変身を遂げた「ランドローバー・ディフェンダー」。後半ではメカニズムの違いがもたらす走破性や乗り味の違いを考えながら、林道を奥へ奥へと進んでみた。
  • ランドローバー・ディフェンダー110/ジープ・ラングラー アンリミテッド(前編)【試乗記】 2020.11.23 試乗記 昔ながらの味わいを守り続ける「ジープ・ラングラー」と、電子制御によって武装し、ぐっと現代的に変身した新型「ランドローバー・ディフェンダー」。この2台で林道に繰り出し、日常生活には過剰ともいえる本格オフローダーが人気を集める理由を考えてみた。
ホームへ戻る