「ミツオカ・ヒミコ」車体色追加&値上げ

2013.11.14 自動車ニュース

「ミツオカ・ヒミコ」ボディーカラー追加&値上げ

光岡自動車は2013年11月14日、2シーターオープンカー「Himiko(ヒミコ)」にマイナーチェンジを施し、同年11月15日に発売すると発表した。

「ミツオカ・ヒミコ」は、「マツダ・ロードスター」をベースに同社が独自のカスタマイズを施したモデルである。

今回のマイナーチェンジでは、ボディーカラーに新たに「シャンパンシルバーメタリック」を追加。この結果、標準カラーで全5色、30色用意される「カラーオプション」と合わせると、全35色から選べるようになった。

また、グレード体系の見直しも実施。幌(ほろ)タイプの「GUILTY(ギルティ)」がラインナップから外れ、電動式ハードトップの「ARDOR(アルドール)」と「ARDOR本革パッケージ」の2グレードとなった。併せて、ステアリングシフトスイッチがARDORにも標準装備された。

価格は、ARDOR(6AT)が477万7500円、ARDOR本革パッケージ(6AT)が498万7500円。それぞれ従来型より38万7500円と35万7500円の値上げとなっている。

(webCG)

関連キーワード:
ヒミコ, ミツオカ, 自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ミツオカ・ヒミコSレザーパッケージ(FR/6AT)【試乗記】 2018.4.18 試乗記 尋常ではない長さのフロントフードと、それに沿って配置される伸びやかなフロントフェンダー。独立独歩のデザインを貫く「ミツオカ・ヒミコ」が2代目へと進化した。富山の小さな自動車メーカーが送り出す、“最新モデル”の出来栄えは!?
  • 安全性を高めた「ミツオカ・ヒミコ」全30色で展開 2018.12.6 自動車ニュース 光岡自動車は2018年12月6日、オープン2シーター「ミツオカ・ヒミコ」の仕様・装備を一部変更すると発表した。ボディーカラーの選択肢がこれまでの7色から最大30色に拡大されるとともに、安全装備の充実が図られている。
  • 戦国時代カラーの「ミツオカ・ヒミコ」限定発売 2017.9.1 自動車ニュース 日本古来の「武の美」がテーマ。個性派の限定車「ミツオカ・ヒミコ ラン」が登場。
  • レクサスIS300h“バージョンL”(FR/CVT)【試乗記】 2021.2.24 試乗記 “フルモデルチェンジ並み”の改良が行われた「レクサスIS300h」に試乗。開発陣が主張する全面改良を選ばなかった理由や、こだわりの変更点をひとつずつ確かめていくと、そこには期待や予想を大きく超えた進化がみえてきた。
  • BMW M5コンペティション(4WD/8AT)【試乗記】 2021.2.17 試乗記 マイナーチェンジした「BMW 5シリーズ」のトップモデル「M5コンペティション」に試乗。625PSのV8ツインターボに4WDシャシーが組み合わされた歴代最高性能を誇るスーパーサルーンは、いったいどれほどの進化を遂げたのか。
ホームへ戻る