マツダ、コンパクトカー「デミオ」を一部改良

2013.12.12 自動車ニュース
「マツダ・デミオ」(ボディーカラーはディープクリスタルブルーマイカ)
「マツダ・デミオ」(ボディーカラーはディープクリスタルブルーマイカ)
    拡大

マツダ、コンパクトカー「デミオ」を一部改良

マツダは2013年12月12日、コンパクトカー「デミオ」に一部改良を実施し、販売を開始した。

「デミオ13C」(ボディーカラーはブルーリフレックスマイカ)
「デミオ13C」(ボディーカラーはブルーリフレックスマイカ)
    拡大
「デミオ13C」のインテリア。
「デミオ13C」のインテリア。
    拡大

今回の改良では、ボディーカラーに新色の「ディープクリスタルブルーマイカ」「ブルーリフレックスマイカ」を追加し、全11色の設定としたほか、「13-SKYACTIV」「13C-VスマートエディションII」のインテリアカラーに、新たに「ボーダーブラウン」を採用した。

また、サンドベージュのシート表皮や、シャンパンシルバーのシフトパネルとドアトリムガーニッシュ、スーパーUVカットガラス(フロントドア)、電動格納式リモコンカラードドアミラーからなる「UVカット&ベージュパッケージ」を、「13C」のAT車と「13C-VスマートエディションII」に設定した。

ラインナップと価格は以下の通り。

・13C(FF/5MT、FF/4AT):114万9000円
・13C(4WD/4AT):137万2250円
・13C-VスマートエディションII(FF/CVT):122万円
・13-SKYACTIV(FF/CVT):135万円
・15C(FF/5MT、FF/CVT):133万5000円
・スポルト(FF/5MT、FF/CVT):164万3250円

(webCG)
 

関連キーワード:
デミオ, マツダ, 自動車ニュース

マツダ デミオ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • マツダ・デミオ(後編) 2014.7.17 画像・写真 マツダが新型「デミオ」の生産を開始。それに伴い、写真を世界初公開した。
  • マツダ・デミオXDツーリング Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2016.12.12 試乗記 理想とするドライブフィールの実現に、並々ならぬ執念を見せるマツダ。今回の「デミオ」の一部改良でも、前後のサスペンションにはマニアックな変更が加えられていた。公道での試乗インプレッションとともに、変更のポイントをつぶさに紹介する。
  • ホンダN-ONE【開発者インタビュー】 2020.11.19 試乗記 丸いような四角いような、クラシックでシンプルなスタイリングが特徴の「ホンダN-ONE」がフルモデルチェンジ。実用性重視のトールワゴン全盛期に、趣味性に振った軽乗用車を存続させた意図とは? “個性派モデル”にかけるホンダの意気込みを、開発者に聞いた。
  • マツダ・アクセラスポーツ15XD Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2016.9.7 試乗記 マイナーチェンジを機にラインナップに加えられた、「マツダ・アクセラスポーツ」の1.5リッターディーゼルモデルに試乗。新たなパワーユニットがもたらす走行性能や、走りの質を向上させるという新技術の効果についてリポートする。
  • マツダ・デミオ15MB(FF/6MT)【試乗記】 2016.3.29 試乗記 マツダが「デミオ」に設定している「15MB」というグレードは、モータースポーツへの参加を想定した競技向けのベース車両である。しかし、モータースポーツに参加する予定がない人にも、大いに薦めたいモデルだ。その理由は……。
ホームへ戻る