ダイハツ・タントにターボエンジンの新グレード

2013.12.12 自動車ニュース
「ダイハツ・タントXターボ“SA”」
「ダイハツ・タントXターボ“SA”」
    拡大

「ダイハツ・タント」にターボエンジン搭載の新グレード

ダイハツ工業は2013年12月12日、軽トールワゴン「タント」のラインナップにターボエンジンを搭載した「Xターボ」「Xターボ“SA”」を追加し、販売を開始した。

3代目となる現行型ダイハツ・タントは、2013年10月に登場。パワーユニットには52psの自然吸気エンジンと64psのターボエンジンの2種類を用意していたが、これまではドレスアップモデルである「タントカスタム」にしかターボ車(カスタムRS)を設定していなかった。

今回追加された新グレードは、標準モデル「タント」のターボ車であり、専用のメッキグリルやフォグランプを採用することで、外観からも自然吸気モデルとの差別化を図っている。

価格は以下の通り。
・Xターボ(FF):138万円
・Xターボ(4WD):150万1000円
・Xターボ“SA”(FF):143万円
・Xターボ“SA”(4WD):155万1000円

(webCG)
 

関連キーワード:
タント, ダイハツ, 自動車ニュース

ダイハツ タント の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ダイハツ・ムーヴ キャンバス徹底解説 2016.9.7 ムーヴ キャンバス Debut!<PR> 2016年9月7日にデビューした、ダイハツの新型軽自動車「ムーヴ キャンバス」。室内のあちこちに設けられた“使える収納”に、さまざまなシートアレンジ、そして17種類におよぶカラーバリエーションなど、“新感覚スタイルワゴン”の見どころを、写真とともに紹介する。
  • ダイハツ・ムーヴ キャンバスX“リミテッド メイクアップ SA II”(FF/CVT)【試乗記】 2016.11.16 試乗記 ダイハツから、「タント」より少し背の低い“ミニバス”「ムーヴ キャンバス」が登場。「置きラクボックス」や「パノラマモニター」を初採用した新型軽の印象は? ストライプスカラーが映える「X“メイクアップ リミテッド SA II”」に試乗した。
  • ホンダeアドバンス(RWD)【試乗記】 2020.9.19 試乗記 ホンダの新しい電気自動車「ホンダe」に試乗。すでに報じられている通り、その実態は航続距離や居住性をほどほどのところで割り切った都市型コミューターだ。市街地と高速道路主体にドライブした印象をリポートする。
  • レクサスLC500コンバーチブル(FR/10AT)【試乗記】 2020.9.4 試乗記 レクサスの新型オープンカー「LC500コンバーチブル」に一般道とサーキットで試乗。開放感たっぷりなのは当たり前、筆者はその官能性と磨き抜かれたスポーツカーとしての資質に、大いに感銘を受けたのだった。
  • ダイハツ・タントカスタムRS(FF/CVT)/タントX(FF/CVT)【試乗記】 2019.8.12 試乗記 軽スーパーハイトワゴンの元祖「ダイハツ・タント」が4代目にフルモデルチェンジ。DNGA世代の新プラットフォームや充実した運転支援システム、機能性を高めたシートアレンジなど、大幅な進化を遂げた新型の出来栄えを確かめた。
ホームへ戻る