スバル・インプレッサに専用内外装の特別仕様車

2013.12.25 自動車ニュース
「スバル・インプレッサスポーツ2.0i-Sリミテッド EyeSight」
「スバル・インプレッサスポーツ2.0i-Sリミテッド EyeSight」 拡大

「スバル・インプレッサ」に専用内外装の特別仕様車

富士重工業は2013年12月24日、「スバル・インプレッサ」シリーズの特別仕様車「2.0i-Sリミテッド」「2.0i-SリミテッドEyeSight」を発表した。2014年2月4日に発売する。

「スバル・インプレッサG4 2.0i-Sリミテッド EyeSight」
「スバル・インプレッサG4 2.0i-Sリミテッド EyeSight」 拡大
 
スバル・インプレッサに専用内外装の特別仕様車の画像 拡大
 
スバル・インプレッサに専用内外装の特別仕様車の画像 拡大

今回の特別仕様車は、5ドアハッチバックの「スポーツ」と、セダンの「G4」の両方に設定されるもので、スポーティーなデザインの「2.0i-S」「2.0i-S EyeSight」をベースに、専用の装備を追加したモデルである。

具体的には、エクステリアにはサテンメッキドアミラーやクロムメッキドアハンドルを採用。インテリアにもブラックアルカンターラの専用シートや専用ドアトリムを採用するほか、各所にレッドステッチをあしらっている。

これらを含む特別装備の内容は以下の通り。
・サテンメッキドアミラー
・クロムメッキドアハンドル
・ブラックアルカンターラ/トリコットシート(レッドステッチ付き)
・ブラックアルカンターラドアトリム
・本革巻きステアリングホイール(レッドステッチ付き)
・本革巻きセレクトレバー(ピアノブラック調加飾パネル+シフトブーツ<レッドステッチ付き>)

価格はスポーツ、G4ともに2.0i-Sリミテッド(FF)が204万7500円、2.0i-SリミテッドEyeSight(4WD)が238万3500円。

(webCG)
 

関連キーワード:
インプレッサG4, インプレッサスポーツ, スバル, 自動車ニュース

スバル インプレッサG4 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 新型「スバル・インプレッサ」プレビューイベントの会場から 2016.7.26 画像・写真 富士重工業が東京・恵比寿の本社ショールームにて「NEWインプレッサ プレビューイベント」を開催。新型「スバル・インプレッサ」の日本仕様車を初公開した。イベントの様子と、「インプレッサ スポーツ/G4」の姿を、写真でリポートする。
  • スバルWRX S4 2.0GT-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.11.16 試乗記 スバルが、デビューから3年を経たスポーツセダン「WRX S4」に、再びの改良を実施。BMWやアウディとの比較によって磨かれたという、静的質感や静粛性、そしてスポーティーな走りと快適な乗り心地の両立に、熟成された機械ならではの“豊かさ”を感じた。
  • スバル・インプレッサG4 2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.3.21 試乗記 新型「スバル・インプレッサ」のセダンモデル「G4」に試乗。販売の主力となっているハッチバックモデルではなく、あえてマイナーなセダンを選ぶ理由はあるのか? 2リッターエンジン+18インチアルミホイールの上級グレードで検証した。
  • ホンダブースのテーマは世界の頂点を目指すチャレンジングスピリット【オートモビル カウンシル2020】 2020.7.28 自動車ニュース 本田技研工業は2020年7月28日、千葉県の幕張メッセで開催予定の自動車イベント「AUTOMOBILE COUNCIL 2020(オートモビル カウンシル2020)」(開催期間:7月31日~8月2日)への出展概要を発表した。
  • 日産リーフNISMO(FWD)【試乗記】 2020.7.23 試乗記 ピュアEV「日産リーフ」のマイナーチェンジに合わせ、チューンドコンプリートモデル「リーフNISMO」も進化。ステアリングギアボックスやサスペンションを改良し磨きをかけたという走りを、同社のテストコース「グランドライブ」で確かめた。
ホームへ戻る