第73回:伊達軍曹、スバリストになる!?

2018.01.16 カーマニア人間国宝への道

おしゃれ系スバリスト現る

MJ参謀長(清水草一)を中心に、伊達軍曹、マリオ二等兵、そして安ド二等兵の4名からなるカーマニア集団「MJ戦略参謀本部」。2018年頭、その4名が杉並区に集合し、久しぶりにカーマニア談義を行った。

MJ参謀長(以下 M):我々にとって直近最大のニュースは、輸入中古車ジャーナリストを自称していた伊達軍曹がスバリストになったことだ。

伊達軍曹(以下 伊):いえ、まだまだスバリストなどとはおこがましい。真性スバリストに殴られます。

M:しかし、輸入中古車愛好家の軍曹が、スバルの新車を買うとは……。

マリオ二等兵(以下 マ):軍曹殿が「XV」の新車を買ったことは、私の周囲のスバリストの間にも、かなりの衝撃を与えております。

M:おしゃれか否かを最優先している軍曹は、コアなスバリストからは最も遠い種のカーマニアという先入観があったからな。納車はいつだったのか。

伊:昨年の11月20日でした。現在、オドメーターは約3000kmです。

M:気に入ってる?

伊:もちろんです。実に素晴らしいです!

M:そう聞いても釈然としない部分は残るが、XV購入の最大の決め手は何だったのか。

伊:デザインです。XVは群馬のアウディです!

M:マジで!

マ:スバリストも驚きます(笑)。

MJ参謀長(清水草一)を中心として結成されたカーマニア集団「MJ戦略参謀本部」の面々。上段左から伊達軍曹、MJ参謀長。下段左からマリオ二等兵、安ド二等兵。
MJ参謀長(清水草一)を中心として結成されたカーマニア集団「MJ戦略参謀本部」の面々。上段左から伊達軍曹、MJ参謀長。下段左からマリオ二等兵、安ド二等兵。拡大
輸入中古車評論家として活躍中の伊達軍曹だが、2017年11月に新車の「スバルXV 2.0i-L EyeSight」を購入。車両本体価格は248万4000円。各種オプションと値引きを合わせた支払総額は300万円ちょい。ボディーカラーはクールグレーカーキ。
輸入中古車評論家として活躍中の伊達軍曹だが、2017年11月に新車の「スバルXV 2.0i-L EyeSight」を購入。車両本体価格は248万4000円。各種オプションと値引きを合わせた支払総額は300万円ちょい。ボディーカラーはクールグレーカーキ。拡大
清水 草一

清水 草一

お笑いフェラーリ文学である『そのフェラーリください!』(三推社/講談社)、『フェラーリを買ふということ』(ネコ・パブリッシング)などにとどまらず、日本でただ一人の高速道路ジャーナリストとして『首都高はなぜ渋滞するのか!?』(三推社/講談社)、『高速道路の謎』(扶桑社新書)といった著書も持つ。慶大卒後、編集者を経てフリーライター。最大の趣味は自動車の購入で、現在まで通算47台、うち11台がフェラーリ。本人いわく「『タモリ倶楽部』に首都高研究家として呼ばれたのが人生の金字塔」とのこと。

スバル XV の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • マツダCX-30 X Lパッケージ(4WD/6MT)/CX-30 XD Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2020.9.11 試乗記 マツダのコンパクトクロスオーバー「CX-30」を、横浜から信州・松本まで2日間700kmにわたって試乗。新世代ガソリンエンジン「SKYACTIV-X(スカイアクティブX)」とディーゼルエンジン搭載車を乗り比べて分かったことは?
  • スバルXVアドバンス(4WD/CVT)【試乗記】 2020.1.10 試乗記 マイナーチェンジされた「スバルXV」に試乗。外装には大きく手が加えられていないものの、運転支援システム「アイサイト」への機能追加や利便性の高い装備の採用など、変更内容は少なくない。その仕上がりをマイルドハイブリッドシステム「e-BOXER」搭載車で確かめた。
  • スバル・フォレスター アドバンス(4WD/CVT)【試乗記】 2018.12.13 試乗記 新型「フォレスター」のフルモデルチェンジから少し遅れて登場した、モーターアシスト機能付きパワーユニット「e-BOXER」搭載の「アドバンス」。刷新されたプラットフォームと進化したハイブリッドパワートレインの組み合わせは、どんな走りをもたらすのか。
  • スバル・レヴォーグ プロトタイプ【試乗記】 2020.9.18 試乗記 間もなく正式発売となる新型「スバル・レヴォーグ」のプロトタイプにサーキットで試乗。フルモデルチェンジによって進化したボディーやサスペンション、専用開発されたタイヤ、そして新しくなったパワートレインが織りなす“動的印象”を報告する。
  • 「プジョー3008」がマイナーチェンジ フロントデザインを一新 2020.9.1 自動車ニュース グループPSAは2020年9月1日、プジョーブランドのSUV「3008」のマイナーチェンジモデルを世界初公開した。新形状のヘッドランプやフレームレスデザインのグリルを採用するなど、フロントデザインを一新している。
ホームへ戻る