クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

第328回:フツーのマンマの、フツーの「パンダ」

2013.12.27 マッキナ あらモーダ!

パンダ人気はダントツ!

イタリアにおける2013年1月から11月までの新車登録台数トップスリーを見ると、3位は「ランチア・イプシロン」の4万2884台、2位は「フィアット・プント」の6万292台だ。そしてダントツのトップは「フィアット・パンダ」の9万4828台である。

今イタリアでは、経済の低迷、未曽有の燃料代高騰、そして厳しい税務調査の影響で、高級車からコンパクトカーに乗り換える人が増えている。2013年10月に22%へと引き上げられた付加価値税も、コンパクトカーへのシフトを後押ししている。

パンダに関していえば、昔も今もイタリアの国民車的存在であることは、これまでも幾度か記したとおりだ。
今回ここに紹介するジョヴァンナさん(70代)も、パンダオーナーである。マンマ(お母さん)として2人の子どもを育てあげ、今は娘の店を手伝っている。

シエナ県・人口十数名の小さな村に、その「フィアット・パンダ」はたたずんでいた。
シエナ県・人口十数名の小さな村に、その「フィアット・パンダ」はたたずんでいた。 拡大
オーナーのジョヴァンナさん。
オーナーのジョヴァンナさん。 拡大

パンダに至るまで

ただしジョヴァンナさんの場合、生粋のパンディスタ(パンダ乗り)というわけではなかった。若い頃銀行員だったというジョヴァンナさんが免許を取ったのは、1959年のことだった。
「結婚して間もなく、建築家だった旦那と、『免許を取るなら、一緒に取りに行きましょうよ』っていうことになったの。街の自動車学校まで、二人して毎日自転車で通ったわよ」と話すジョヴァンナさん。
教習車はアウトビアンキの「ビアンキーナ」だった。「フィアット500」をベースに造られた“小さな高級車”だ。
夫妻は、最初のクルマに教習で慣れたビアンキーナを選んで購入した。同車のサイズは全長わずか3mちょっと、全幅もおよそ1.3mだ。それゆえ「小さくて、そりゃあ便利だったわよ」とジョヴァンナさんは振り返る。

しかしその後、彼女は同じ欧州製コンパクトカーの中でも、「ルノー4」、シトロエン、イタリア生産のMINIである「イノチェンティ・ミニマイナー」といったモデルを乗り継いだ。
「ミニマイナーは、バリバリのスポーツ仕様だったわよ」と笑う。これだから、イタリアのおばちゃんとクルマの話をするのは楽しい。なぜビアンキーナのあとは外国車ばかりだったのか? と聞けば、
「そりゃあの頃は、他国のクルマのほうが、品質的によかったもの」と即座に答えが返ってきた。

ところが、6年前にジョヴァンナさんのご主人が亡くなったときのことだ。ご主人名義で乗っていた「フォード・フィエスタ」を相続の対象として名義変更するのはイタリアの制度上かなり面倒だったので、それを手放すことにした。
しかし毎週末に過ごす山小屋は、住まいから30km近く離れた田舎だ。クルマがないとたどり着けない。そこで、地元のフィアット販売店で急きょパンダを手に入れた。1.3リッターのマルチジェットディーゼル仕様だった。価格は1万6000ユーロだったという。

「旦那と一緒に免許を取りに行ったのよ」と昔を振り返るジョヴァンナさん。
「旦那と一緒に免許を取りに行ったのよ」と昔を振り返るジョヴァンナさん。 拡大
ジョヴァンナさんの教習車だった「アウトビアンキ・ビアンキーナ」の同型車。
ジョヴァンナさんの教習車だった「アウトビアンキ・ビアンキーナ」の同型車。 拡大
彼女の山小屋前にて。偶然にも、写真の中のクルマ5台は、すべて新旧人気イタリア車である。
彼女の山小屋前にて。偶然にも、写真の中のクルマ5台は、すべて新旧人気イタリア車である。 拡大

カーグラフィックのグラビアよりも

かくも、ほとんど偶然手に入れたパンダだったが、キビキビ走るうえ、「燃費はいいし、モノがたくさん載るし、大満足よ」とジョヴァンナさんは語る。
さまざまなメーカーのクルマに乗ってきたジョヴァンナさんも十分満足できる価値を、パンダは備えていた、というわけだ。

近年イタリアンブランドに戻るイタリア人ユーザーが増えているのは、冒頭のような財布的事情だけでなく、その品質向上も背景にあることは間違いない。それは同時に、クルマが売れない中でもフィアット系ブランド、換言すれば国産車がシェア27.19%(2013年11月)を維持する原動力になっている。

後ろのパンバー部分が少しはげているので聞けば、「少し前にうっかりぶつけてしまったのよ」という。「塗装代に400ユーロかかっちゃったのはちょっと痛かったわね。でも、このパンダに6年間で6万kmも乗ったわ」と言って、ジョヴァンナさんは、ふくよかな体をドライバーズシートに滑り込ませた。

見ると、リアシートの足元にカリフラワーが転がっている。忘れているといけないのでボクが指摘すると、ジョヴァンナさんは「車内が涼しいから、今日スーパーで買ってきたまま置いといたのよ」と言い、ワッハッハッと豪快に笑った。

日本のおしゃれスポットに雑誌『CAR GRAPHIC』のグラビアのごとくたたずんでいるパンダもいいが、ジョヴァンナさんの愛車のように生活のにおいがプンプン漂っているパンダも、これまたそそられるではないか。

(文と写真=大矢アキオ<Akio Lorenzo OYA>)

ジョヴァンナさん、ドライバーズシートに収まるの図。
ジョヴァンナさん、ドライバーズシートに収まるの図。 拡大
トイレットペーパーにキッチンペーパー……。生活感あふれるリアシート。足元には、カリフラワーが転がっていた。
トイレットペーパーにキッチンペーパー……。生活感あふれるリアシート。足元には、カリフラワーが転がっていた。 拡大
大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト/イタリア文化コメンテーター。音大でヴァイオリンを専攻、大学院で芸術学を修める。日本を代表するイタリア文化コメンテーターとしてシエナ在住。NHKのイタリア語およびフランス語テキストやデザイン誌等に執筆活動を展開。NHK『ラジオ深夜便』では、22年間にわたってリポーターを務めている。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(光人社)、『メトロとトランでパリめぐり】(コスミック出版)など著書・訳書多数。

車買取・中古車査定 - 価格.com

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『webCG』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。

webCGの最新記事の通知を受け取りませんか?

詳しくはこちら

表示されたお知らせの「許可」または「はい」ボタンを押してください。