新型ワゴン「スバル・レヴォーグ」の価格決まる

2013.12.27 自動車ニュース
「スバル・レヴォーグ」。2014年5月に発売される。
「スバル・レヴォーグ」。2014年5月に発売される。
    拡大

新型ワゴン「スバル・レヴォーグ」の価格が明らかに

富士重工業は2013年12月27日、新型ワゴン「レヴォーグ」の先行予約を2014年1月4日に開始すると発表した。

スバルのレヴォーグは、「レガシィツーリングワゴン」よりもコンパクトな、国内専用の新型ワゴン。スポーツカーの楽しい走りとツーリングカーの快適な走りを融合させつつ、高い環境性能や安全性能、ユーティリティー性を備えるモデルとうたわれる。

モデルラインナップは大きく分けて、1.6リッター水平対向4気筒ターボ(170ps、25.5kgm)の「1.6GT」と、2リッター水平対向4気筒ターボ(300ps、40.8kgm)を搭載する「2.0GT」の2タイプ。
それぞれに、最新の運転支援システム「EyeSight(ver.3)」ほか、装備の異なる複数モデルが用意される。(関連ニュース

モデルラインナップは、以下の5種類。2014年5月以降、順次発売される。

・1.6GT:266万7600円
・1.6GT EyeSight:277万5600円
・1.6GT-S EyeSight:305万6400円
・2.0GT EyeSight:334万8000円
・2.0GT-S EyeSight:356万4000円

(webCG)

関連キーワード:
レヴォーグ, スバル, 自動車ニュース

スバル レヴォーグ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スバル・レヴォーグ/WRX S4/WRX STI【試乗記】 2017.7.21 試乗記 商品力を高めるべく、大幅改良が施された「スバル・レヴォーグ」「WRX S4」「WRX STI」。シンメトリカルAWDとターボエンジンが組み合わされた走り自慢の3モデルだが、実際に触れてみると、走り以外にも随所に“スバルらしさ”が見受けられた。
  • スバルが「レヴォーグ」を改良 特別仕様車2モデルを設定 2019.5.8 自動車ニュース スバルは2019年5月7日、スポーツワゴン「レヴォーグ」の改良モデルを同年6月27日に発売すると発表した。ハイビームアシストの作動車速を従来の40Km/hから30km/hに変更しボディーカラーに新色を導入。さらに特別仕様車2モデルも新設定している。
  • 今度の7代目は買いなのか?
    新型「スバル・レガシィ」に思うこと
    2019.2.22 デイリーコラム 7代目となったスバルのフラッグシップ「レガシィ」。アメリカ国内でデビューした新型は、ファンの期待に応えられるか? 日本の“スバリスト”が、現在分かっている情報を元に同モデルを評価する。
  • スバルWRX S4 2.0GT-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.11.16 試乗記 スバルが、デビューから3年を経たスポーツセダン「WRX S4」に、再びの改良を実施。BMWやアウディとの比較によって磨かれたという、静的質感や静粛性、そしてスポーティーな走りと快適な乗り心地の両立に、熟成された機械ならではの“豊かさ”を感じた。
  • スバルが「WRX S4/STI」の改良モデルを発表 2019.5.14 自動車ニュース スバルは2019年5月14日、スポーツセダン「WRX S4/STI」の改良モデルを発表した。同年6月27日に販売を開始する。ハイビームアシストの作動車速を従来の40km/hから30km/hとし、トランクの開閉方法を変更。ボディーカラーには新色を導入している。
ホームへ戻る