プジョーが新型「308SW」の概要を発表

2014.01.08 自動車ニュース
「プジョー308SW」
「プジョー308SW」 拡大

プジョーが新型「308SW」の概要を発表

仏プジョーは2014年1月6日、新型「プジョー308SW」の概要を発表した。

308SWは、2013年9月のフランクフルトショーで発表された新型「308」をベースとしたステーションワゴン。プジョーは同車を2014年3月のジュネーブモーターショーで世界初公開し、同年春にフランスで発売、その後ヨーロッパ諸国で販売を開始するとしている。

ボディーサイズは全長4.58m、全高1.47mで、トランクルームには610リッター(VDA基準)の容量を確保。シートの可倒機構はトランクルーム側から操作可能なほか、格納時には床面をフルフラットにできる。

また、新開発のプラットフォーム「EMP2」の採用により、現行モデルより140kgの軽量化を実現。パワーユニットには欧州の排出ガス規制「ユーロ6」に適合するガソリンエンジンとディーゼルエンジンを設定しており、BlueHDiモデルではCO2排出量を85g/kmに抑えている。

なお、日本での発売については、2014年秋以降の予定となっている。

(webCG)
 

関連キーワード:
308SW, プジョー, 自動車ニュース

プジョー の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • プジョー508SW GT BlueHDi(FF/8AT)【試乗記】 2020.1.13 試乗記 欧州Dセグメントに属する、プジョーの最新ステーションワゴン「508SW」。グループPSAの新しいフラッグシップモデルは、快適な乗り心地と限界性能の高さを両立する、今日におけるフランス車の完成形ともいうべきクルマに仕上がっていた。
  • プジョー508SWアリュール(FF/8AT)【試乗記】 2019.9.30 試乗記 「プジョー508」のステーションワゴン版「SW」に試乗。新型ではプジョー車から一時失われつつあったフランス車らしい美点が復活! さらに、かつては望むべくもなかったフランス車らしからぬ(?)先進性までもが備わっていたのだった。
  • プジョー・リフター デビューエディション(FF/8AT)【試乗記】 2020.6.1 試乗記 プジョーの新型MPV「リフター」に試乗。ご覧の通り、四角四面の背高なスタイリングは兄弟車たる「シトロエン・ベルランゴ」とほとんど同じ。あえて(ちょっと地味な)プジョー版を選ぶ価値はどこにあるのだろうか。
  • プジョー308アリュール(FF/8AT)【試乗記】 2019.7.24 試乗記 パワートレインが刷新されたプジョーの主力モデル「308」。見た目や最高出力、最大トルクの数値に変更はないが、その中身は大きく進化を遂げているという。1.2リッター直3ガソリンエンジン搭載のエントリーモデル「アリュール」で、出来栄えを確かめてみた。
  • 「プジョー508」のステーションワゴン版「508SW」発売 5人乗車時の荷室容量は先代を大きく上回る530リッターに 2019.7.4 自動車ニュース プジョー・シトロエン・ジャポンは2019年6月27日、新型ステーションワゴン「プジョー508SW」を発売した。同車は2018年のパリモーターショーでワールドプレミアされたモデルで、後席を倒して得られる荷室スペースは最大1780リッターにも及ぶ。
ホームへ戻る