オープンのジャガーFタイプに380psの新モデル

2014.01.31 自動車ニュース
「ジャガーFタイプ S コンバーチブル」
「ジャガーFタイプ S コンバーチブル」
    拡大

オープンの「ジャガーFタイプ」に380psの新モデル

ジャガー・ランドローバー・ジャパンは、2シーターのスポーツカー「ジャガーFタイプ」に、新モデル「Fタイプ S コンバーチブル」を追加設定し、2014年1月31日に発売した。

Fタイプ S コンバーチブルは、2013年5月に発売された3リッターV6モデル「Fタイプ コンバーチブル」(340ps、45.9kgm)、5リッターV8モデル「Fタイプ V8 S コンバーチブル」(495ps、63.7kgm)に加えて、新たに投入されるオープンモデル。

エンジンの種類はFタイプ コンバーチブルと同じスーパーチャージャー付きの3リッターV6ながら、セッティングの違いから、より大きな380psと46.9kgmを発生する。0-100km/hの加速タイムは4.9秒で、最高速度は275km/h(ともに英国仕様車)。
JC08モードの燃費値は10.6km/リッターで、Fタイプ V8 S コンバーチブル(同8.1km/リッター)はおろか、Fタイプ コンバーチブル(同9.8km/リッター)より優れるというのもミソである。

そのほか、機械式のリミテッド・スリップ・ディフレンシャルが標準装備されること、3モデルの中で唯一、最適な発進加速を実現するための「ダイナミック・ローンチ・モード」が与えられる点もセリングポイントだ。

また、これにあわせて、Fタイプ S コンバーチブルとFタイプ V8 S コンバーチブルを対象に、オプション「カーボンセラミックブレーキパック」が新たに設定された。
今回発売される3モデルはいずれも“2015年モデル”として扱われ、インテリアのカラーバリエーションも変更されている。

消費税5%を含む各車の価格は、以下の通り(カッコ内は8%の新消費税率予定価格)。
・Fタイプ コンバーチブル:950万円(977万円)
・Fタイプ S コンバーチブル:1150万円(1183万円)
・Fタイプ V8 S コンバーチブル:1250万円(1286万円)

(webCG)

関連キーワード:
Fタイプ コンバーチブル, ジャガー, 自動車ニュース

ジャガー Fタイプ コンバーチブル の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ジャガーFタイプRダイナミック コンバーチブルP300(FR/8AT)【試乗記】 2020.9.23 試乗記 「ジャガーFタイプ」のマイナーチェンジモデルに試乗。連れ出したのはオープントップモデル「コンバーチブル」の2リッターターボエンジン搭載車。実はこの比較的ライトなグレードこそが、ジャガーの導き出した令和の時代を走るスポーツカーの最適解だ。
  • ラインナップから読み解くジャガーのいま【F-TYPE×九島辰也】 2020.10.9 JAGUAR ~英国が誇る名門の“いま”~<AD> ジャガーのラインナップにおける唯一の2シータースポーツカー「F-TYPE」。モータージャーナリスト九島辰也は、その走りにこそ、この歴史あるブランドのすべてが凝縮されていると言う。
  • 「ジャガーFタイプ プロジェクト7」 2014.7.1 画像・写真 50年代のルマン・カーを思わせる「ジャガーFタイプ プロジェクト7」を紹介。
  • マクラーレン720Sスパイダー(後編) 2021.2.28 池沢早人師の恋するニューモデル 漫画『サーキットの狼』の作者、池沢早人師が絶賛した「マクラーレン720Sスパイダー」の試乗リポート後編。「本当に欠点がない! 公道では無敵かもしれない」と言い切るその理由を、より詳しく語ってもらった。
  • マクラーレン720Sスパイダー(前編) 2021.2.21 池沢早人師の恋するニューモデル 漫画『サーキットの狼』の作者、池沢早人師が今回試乗するのは、F1マシン譲りのテクノロジーが注ぎ込まれた「マクラーレン720Sスパイダー」。最高出力720PSの4リッターV8ツインターボを搭載する、オープンスーパースポーツの印象は?
ホームへ戻る