ジャガー、Fタイプ プロジェクト7を限定販売

2015.04.02 自動車ニュース
「ジャガーFタイプ プロジェクト7」
「ジャガーFタイプ プロジェクト7」 拡大

ジャガーが「Fタイプ プロジェクト7」を3台限定で販売

ジャガー・ランドローバー・ジャパンは2015年4月1日、「ジャガーFタイプ プロジェクト7」の日本での受注を開始した。販売台数は3台。購入申し込みの受け付けは、同年4月17日までとなる。

Fタイプ プロジェクト7は、ジャガーのスポーツモデル「Fタイプ」をベースに、最高出力を575psまで高めた過給器付き5リッターV8エンジンを搭載し、かつてのレーシングカー「Dタイプ」をモチーフに内外装を仕上げた限定モデルである。

主要装備は以下の通り。
・5リッターV8スーパーチャージドエンジン
・8段クイックシフト トランスミッション
・ブラック&ダイヤモンドターンドフィニッシュ 20インチStorm鍛造ホイール
・カーボンセラミックマトリクスブレーキシステム(イエローキャリパー)
・カーボンファイバー製リアデッキ、ボンネットベント、サイドベントルーバー、ミラーキャップ
・「Project 7」のロゴ入りイルミネーテッドトレッドプレート
・ジャガーのデザインディレクター、イアン・カラムの署名と製造番号が入ったプレミアムプレート
・カーボンファイバー製コンソールパネル
・アルカンターラ仕上げのステアリングホイール
・アルミ加工のシフトパドル

ボディーカラーは「ブリティッシュ・レーシング・グリーン」、インテリアカラーは「ジェット」。価格は2132万2000円。

(webCG)
 

関連キーワード:
Fタイプ コンバーチブル, ジャガー, 自動車ニュース

ジャガー Fタイプ コンバーチブル の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • BMW M4クーペ コンペティション(FR/8AT)【試乗記】 2021.5.24 試乗記 BMWのハイパフォーマンスクーペ「M4」がフルモデルチェンジ。まずはド派手な面構えで注目を集めたが、肝心の走りの進化はどうなのか。あいにくのウエットコンディションながら、箱根のワインディングロードで仕上がりを試してみた。
  • DS 7クロスバックE-TENSE 4×4グランシック(4WD/8AT)【試乗記】 2021.6.7 試乗記 マクロン大統領も公用車として愛用する「DS 7クロスバック」に、新たにプラグインハイブリッドモデルが登場。このフランス発のラグジュアリーSUVは、電気の力を得たことで絢爛(けんらん)豪華なだけではない新たな魅力を手にしていた。
  • フォルクスワーゲン・ゴルフeTSIアクティブ/ゴルフeTSI Rライン【試乗記】 2021.6.15 試乗記 コンパクトカーのベンチマークたる「フォルクスワーゲン・ゴルフ」の8代目モデルがついに日本の道を走り始めた。従来モデルよりも低く構えたフロントマスクが新型感を強く漂わせているが、果たして中身はどんな進化を遂げているのだろうか。
  • ロータス・エリーゼ スポーツ220 II(MR/6MT)【試乗記】 2021.5.28 試乗記 小型で軽量、そしてシンプルというロータス伝統の理念を究めた「エリーゼ」が、四半世紀の歴史の幕を閉じる。最後のスタンダード仕様ともいうべき「スポーツ220 II」に試乗し、エリーゼがこれまで歩んできた孤高のストーリーに思いをはせた。
  • ジャガーFタイプR-DYNAMICコンバーチブルP300(後編) 2021.5.23 池沢早人師の恋するニューモデル 前回、「とにかく足の収まりがいいので安心して飛ばせる」と「ジャガーFタイプ コンバーチブル」のシャシーを評価した漫画『サーキットの狼』の作者、池沢早人師。過去、何台ものオープンカーを愛車にしてきたベテランの最終ジャッジは?
ホームへ戻る