日産から新型軽乗用車「デイズ ルークス」登場

2014.02.13 自動車ニュース
「日産デイズ ルークス」
「日産デイズ ルークス」
    拡大

日産から新型軽乗用車「デイズ ルークス」登場

日産自動車は2014年2月13日、スーパーハイトワゴンタイプの新型軽乗用車「デイズ ルークス」を発売した。

「デイズ ルークス ハイウェイスター」
「デイズ ルークス ハイウェイスター」
    拡大

日産から新型軽乗用車「デイズ ルークス」登場の画像 拡大

日産から新型軽乗用車「デイズ ルークス」登場の画像 拡大

■ライバルに負けない室内空間を実現

デイズ ルークスは日産と三菱の合弁会社NMKVが開発した新型の軽スーパーハイトワゴンであり、「三菱eKスペース/eKスペース カスタム」の姉妹モデルにあたる。メインターゲットは20代後半から30代の主婦で、広さと使い勝手を追求した室内パッケージに加え、デイリーユースで役立つ先進装備や、上質なインテリア、広さを感じさせるエクステリアデザイン、後席の快適性などをアピールポイントとして掲げている。

特に室内空間については、ミニバンの「セレナ」より高い1400mmという室内高を実現。室内長も2235mmを確保している。また大きなガラスエリアと細いピラーにより、広々とした視野も確保。後席に座る人に閉塞(へいそく)感を与えないよう、リアシートの着座位置はフロントより60mm高く設定している。

また、リアシートにはクラストップレベルの260mmというロングスライド機構を採用。シート格納は5:5分割のダイブダウン式で、床下格納時の荷室高は1080mmとなっている。

助手席のシートバックテーブル。
助手席のシートバックテーブル。
    拡大
スライド式の助手席シートアンダーボックス。
スライド式の助手席シートアンダーボックス。
    拡大
上級グレード用のタッチパネル式オートエアコン。エントリーグレードにはダイヤル操作のマニュアルエアコンが装備される。
上級グレード用のタッチパネル式オートエアコン。エントリーグレードにはダイヤル操作のマニュアルエアコンが装備される。
    拡大

■子育て家族にうれしい工夫も

助手席に前後スライド式のアンダーボックスを備えるなど、収納アイテムも充実。助手席の背面にはベビーマグ(ハンドル付き哺乳瓶)専用ホルダー付きシートバックテーブルを装備するほか、リアのボトルホルダーはペットボトルだけでなく500mlの紙パックも収納できるよう形状を工夫するなど、ファミリーユースに配慮した工夫を随所に取り入れている。

また、リアシートの快適性を高める装備として、ルーフに取り付けたファンでエアコンの風を後席に届けるリアシーリングファンや、ドアライニング内蔵式のロールサンシェードを採用。これらを併用することで、冷房使用時の体感温度を約4度下げることができるという。

このほかにも、タッチパネル式オートエアコンやアラウンドビューモニター、リモコンオートスライドドアを用意するなど、快適装備も充実。乗員の日焼けを防ぐため、フロントドアだけでなくフロントクオーターウィンドウにもスーパーUVカット断熱グリーンガラスを採用している。

「デイズ ルークス ハイウェイスター」(手前)と「デイズ ルークス」(奥)。
「デイズ ルークス ハイウェイスター」(手前)と「デイズ ルークス」(奥)。
    拡大
「デイズ ルークス ハイウェイスター」
「デイズ ルークス ハイウェイスター」
    拡大
「デイズ ルークス」のインストゥルメントパネルまわり。
「デイズ ルークス」のインストゥルメントパネルまわり。
    拡大

■標準モデルと「ハイウェイスター」の2本立て

エクステリアデザインは広さや開放感をアピールしたもので、すべてのピラーをブラックアウトしたグラスラウンドキャビンと、2本のキャラクターライン、「シュプールライン」と呼ばれるキックアップしたウエストラインなどが特徴。このウエストラインは広々とした視界にも貢献しており、リアウィンドウにも下方の中央を一段下げたようなデザインを取り入れている。

また、標準車に加えてカスタムモデルの「ハイウェイスター」もラインナップ。「セレナ ハイウェイスター」や「エルグランド ハイウェイスター」に通じる大型のメッキグリルやワイドなエアロバンパー、専用アルミホイール、LEDポジションランプ付きのバイキセノンヘッドランプなどを装備している。

一方インテリアデザインでは、大きくラウンドしたインストゥルメントパネルなどによって広さ感を演出。ドライバーの視界を妨げないよう、ダッシュボードの上面はフラットな形状となっている。また、オーディオパネルとシフトパネルを分割することでセンターコンソールのボリューム感を抑制。内装色は標準車がアイボリー、ハイウェイスターがエボニーで、タッチパネルはともにピアノ調ブラックとなっている。

ボディーカラーには全8色を用意。このうち、「モカブラウン」(写真)と「アゼリアピンク」「ピンクゴールド」の3色は新色となる。
ボディーカラーには全8色を用意。このうち、「モカブラウン」(写真)と「アゼリアピンク」「ピンクゴールド」の3色は新色となる。
    拡大

■NAモデルにはブレーキ回生機構やアイドリングストップを装備

パワートレインは2013年6月に登場した「デイズ」と基本的に共通で、エンジンには可変バルブタイミング機構を備えた660ccの直3 DOHCを採用。最高出力49ps/6500rpm、最大トルク6.0kgm/5000rpmの自然吸気(NA)ユニットに加え、64ps/6000rpm、10.0kgm/3000rpmのターボユニットも用意しており、トランスミッションには、いずれも副変速機付きCVTを組み合わせている。

またNAエンジン搭載車には、ニッケル水素バッテリーや高効率、高出力オルタネーターを採用したブレーキエネルギー回生システム「バッテリーアシストシステム」と、アイドリングストップシステムを採用。燃費はNAエンジン搭載のFF車で26.0km/リッター、4WD車で24.6~25.4km/リッター、ターボエンジン搭載のFF車で22.2km/リッター、4WD車で20.8km/リッターとなっている(いずれもJC08モード)。

ラインナップと価格は以下の通り。
・S(FF):124万50円
・S(4WD):135万7650円
・X(FF):133万8750円
・X(4WD):145万6350円
・ハイウェイスターS(FF):145万7400円
・ハイウェイスターS(4WD):157万7100円
・ハイウェイスターX(FF):152万4600円
・ハイウェイスターX(4WD):164万2200円
・ハイウェイスターX Gパッケージ(FF):159万4950円
・ハイウェイスターX Gパッケージ(4WD):171万2550円
・ハイウェイスターターボ(FF):173万4600円
・ハイウェイスターターボ(4WD):185万2200円

(webCG)

→「日産デイズ ルークス」の詳しい写真はこちら(前編)
→「日産デイズ ルークス」の詳しい写真はこちら(後編)
 

関連キーワード:
デイズ ルークス, 日産, 自動車ニュース

日産 デイズ ルークス の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 日産デイズ 2019.3.28 画像・写真 日産の軽ハイトワゴン「デイズ」が6年ぶりとなるフルモデルチェンジを受けた。新型ではパワーユニットやプラットフォームなどを新開発するとともに、先進安全装備なども大幅に強化。標準モデルとスポーティーな「ハイウェイスター」の姿を写真で紹介する。
  • プジョー208 GTライン(FF/8AT)【試乗記】 2020.8.18 試乗記 新型「プジョー208」のトップグレード「GTライン」をロングドライブに連れ出し、新開発プラットフォームや進化したパワートレインの仕上がりをチェック。2020年の欧州カー・オブ・ザ・イヤーに輝いた、その実力やいかに。
  • 日産ルークス ハイウェイスターGターボ プロパイロットエディション(FF/CVT)【試乗記】 2020.7.9 試乗記 フルモデルチェンジで「デイズ ルークス」から名前が変わった、日産の新型軽「ルークス」。200万円級のプライスタグを付けるそのトップグレードは、家庭のさまざまなニーズに応えてくれるであろう、驚くべき実用車だった。
  • 日産デイズ ハイウェイスター プロパイロットエディション【試乗記】 2019.4.26 試乗記 日産が初めて開発した軽乗用車、新型「デイズ」。ユーザーニーズの徹底調査に、プラットフォームや主要メカニズムの刷新など、根本から改革したと鼻息は荒いが……? その使い勝手や乗り味を、タイプの異なる2車種で確かめた。
  • マツダ2 XDホワイトコンフォート(FF/6AT)【試乗記】 2020.10.2 試乗記 「デミオ」からグローバルネームに改名された「マツダ2」の特別仕様車「White Comfort(ホワイトコンフォート)」に試乗。ライバルが相次いで新世代に移行するなか、Bセグメント唯一のディーゼル搭載車たる独自の存在感をあらためて確認した。
ホームへ戻る