軽トラ史上初、スズキが「キャリイ」にHID採用

2014.02.24 自動車ニュース
「スズキ・キャリイ XK ディスチャージヘッドランプ装着車」
「スズキ・キャリイ XK ディスチャージヘッドランプ装着車」 拡大

軽トラ史上初、スズキが「キャリイ」にHIDを採用

スズキは2014年2月24日、軽トラック「キャリイ」に一部改良を実施し、販売を開始した。

今回の改良では、「KX」「KCエアコン・パワステ」の2グレードにディスチャージヘッドランプをオプション設定した。なお、ディスチャージヘッドランプの装備は軽トラックとしてはこれが初となる。

価格は以下の通り。

KCエアコン・パワステ ディスチャージヘッドランプ装着車
・(FR/5MT):83万6850円
・(FR/3AT):91万6650円
・(4WD/5MT):98万1750円
・(4WD/3AT):106万1150円

XK ディスチャージヘッドランプ装着車
・(FR/5MT):96万2850円
・(FR/3AT):104万2650円
・(4WD/5MT):110万7750円
・(4WD/3AT):118万7550円

(webCG)
 

関連キーワード:
キャリイ, スズキ, 自動車ニュース

スズキ キャリイ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ダイハツ・タフトG(FF/CVT)【試乗記】 2020.10.13 試乗記 見るからに個性的な、軽クロスオーバー「ダイハツ・タフト」。しかし、ちまたのSUVブームにのっかっただけのニューモデルと侮るなかれ。とくに趣味の多いユーザーは、このクルマの商品力の高さに驚かされることだろう。
  • ランドローバー・ディフェンダー110(4WD/8AT)【試乗記】 2020.8.27 試乗記 「Gクラス」に「ジムニー」「ラングラー」といった本格オフローダーのフルモデルチェンジが相次いだ昨今。遅ればせながら「ランドローバー・ディフェンダー」も新型に生まれ変わった。悪路走破性能……の前に、まずは日常領域での使い勝手をチェックした。
  • スズキ、広い車内が自慢の「スーパーキャリイ」発売 2018.5.16 自動車ニュース スズキが、大型のキャビンが特徴の軽トラック「スーパーキャリイ」を発売。ゆとりある車内空間に加え、運転席と助手席に採用されたリクライニングおよびスライド調整機構や、収納スペースの数々、充実した安全装備などもセリングポイントとなっている。
  • 「スズキ・キャリイ」に5段セミAT車が登場 2014.8.26 自動車ニュース スズキは、軽トラック「キャリイ」にシングルクラッチ式AT搭載車を設定した。
  • マツダが「キャロル」を一部仕様変更 装備の充実で快適性をアップ 2020.10.22 自動車ニュース マツダは2020年10月22日、軽乗用車「キャロル」の一部仕様を変更し、同日に販売を開始した。フルオートエアコンや電動格納式ドアミラーなどの装備を追加設定し、快適性や機能性の向上を図った。
ホームへ戻る