クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

第336回:39歳のイタリア新首相。彼が乗るクルマは?

2014.02.28 マッキナ あらモーダ!

イタリア共和国史上最年少!

2014年1月、ボクは有名な紳士ファッション見本市「ピッティ・イマージネ・ウオモ」開会式のため、フィレンツェ市庁舎に足を向けた。目の前で市長として並んでいた人物がわずか1カ月後、いきなり首相になってしまった。

イタリアでは2014年2月22日、中道左派・民主党の党首マッテオ・レンツィ氏が首相に就任した。レンツィ氏は1975年フィレンツェ生まれの39歳。イタリア共和国発足以来最も若い首相であると同時に、EU・欧州連合でも最年少の首相である。閣僚16人中半数の8人が女性という人事でも話題を呼んだ。

彼は父親が町議会議員だったこともあり、早くも高校生のときに政党の選挙作戦に参画している。大学卒業後は父親の会社で働く傍ら、現在党首を務める民主党の前身で役職をこなした。
その後29歳でフィレンツェ県知事に当選、続いて33歳でフィレンツェ市の市長当選と、早くから頭角を現した。

さらに昨2013年12月には、所属政党の書記長に67.5%という高得票率で選ばれ、フィレンツェ市長と「二足のわらじ」をこなしていた。

イタリアでは、レンツィ氏の私生活も数々伝えられている。それによると、19歳のとき、有名なテレビのクイズ番組に出場、円にして約300万円の賞金を獲得している。
24歳のとき結婚した夫人は高校で国語を教える非常勤講師で、夫が首相としてローマに行っても、子ども3人を育てるため地元フィレンツェに残留するつもりだ。
市長のときの給与は月額4300ユーロ(約60万2000円)で、夫人の月収5500ユーロよりも少なかった。住宅ローンの借入額は総額176万ユーロ(約2億4600万円)らしい。

市長時代のマッテオ・レンツィ氏。2014年1月フィレンツェ市庁舎で筆者撮影。
市長時代のマッテオ・レンツィ氏。2014年1月フィレンツェ市庁舎で筆者撮影。
    拡大
「アルファ・ロメオ・ジュリエッタ」(同型車)。
「アルファ・ロメオ・ジュリエッタ」(同型車)。 拡大

足グルマは「スマート」

ところでレンツィ氏、共和国大統領から任命を受託する日に、自ら白の「アルファ・ロメオ・ジュリエッタ」を運転して官邸入りした。
いっぽう首相就任直後には、「アルファ166」がフィレンツェ郊外の自宅に迎えに来て、その後席に収まっている姿がニュースで確認できた。

ボクはそれを見て「アルファ166とは、ずいぶん古い絶版車を使うものだ」と思った。だがこれは臨時であって、今後公務にはレッタ前首相時代から使い始めた現行「ランチア・テーマ」(「クライスラー300」の姉妹車。カナダ製)を公用車にすると思われる。

レンツィ氏は、フィレンツェ市長時代、交通問題にも取り組んだ。
就任4年目の2011年、ドゥオモ(大聖堂)を含む歴史的旧市街で、永久歩行者天国化を施行してイタリア全国の話題となった。同時に、フィレンツェ市街に電気自動車(EV)用充電ポールを設置しEVのみが旧市街に進入できるという政策に踏み切った。充電は現在のところ無料である。

同時に、レンツィ氏がグレーの初代「スマート」を自ら運転する図は、たびたびイタリアで報道されていた。その後2012年10月にメルセデス・ベンツ・イタリアによって「スマート・エレクトリックドライブ」がフィレンツェ市に納められた。先日首相になったのちフィレンツェの家に帰った際も、同車に乗る姿が伝えられている。

分厚い防弾ガラスをもつ「アウディA8」の特注仕様車をショーファー付きで足としていたベルルスコーニ元首相時代からすると、なんたる変化だ。
都市部を中心にクルマ離れ・クルマ所有への意欲低下が進む今日のイタリアの価値観を、この若い首相は代弁しているといえまいか。

レンツィ氏が、これからもプライベートでそうしたクルマセンスを保ち続け、国政レベルでどのようなクルマ政策を講じるのか、とくと拝見したい。

「アルファ・ロメオ166」(同型車)。
「アルファ・ロメオ166」(同型車)。 拡大
フィレンツェ市街では無料充電ポールの普及にしたがい「ルノー・トゥイジー」を頻繁に見かけるようになった。
フィレンツェ市街では無料充電ポールの普及にしたがい「ルノー・トゥイジー」を頻繁に見かけるようになった。 拡大

充電用ポールに犬をつなぐな!

同時に、レンツィが去ったあとのフィレンツェにも注目すべきだろう。
とかくイタリアの都市では、時の経過とともに過去の政策があっさりと忘れられてしまうことが多いからだ。
かつてトリノで、公用車として大量導入された「フィアット・パンダ」の電気仕様が車庫に休眠中、というのが問題となった。

ついでに言うと、わが街シエナでも10年ちょっと前、ときの市長が景観にふさわしくないアンテナを取り払ってケーブルテレビを普及させる策を展開したが、市長が変わり、いつの間にか尻すぼみになってしまった。

カーシェアリング+電気自動車の普及は、まず変わらぬ政策と、メンテナンス体制という二大要素が必要だ。
すでにスタートして2年になるパリの「オトリブ」は、安定したドラノエ市政のもと、民間企業ボロレグループとのタッグで存続している。それでも、いざ利用すると、故障しているボルヌ(借り出し手続きをする端末)が少なくない。なかなか大変である。

良い治安も普及の鍵となる。イタリア各都市でもいよいよカーシェアリングが立ち上がり始めたが、パリ以上に公共物の破壊が深刻なこちらでは、設備をいたずらから守るのは容易なことではなかろう。

カーシェアリングを成功させるためにも、市政からいきなり国政に移ってしまったレンツィ氏には治安の向上に尽力してもらいたい。
使えなくなったEVの充電用ポールが、アパート探しや職探しビラの掲示板がわりになったり、犬のつなぎ場所になってしまうのは、あまりに悲しいではないか。

(文=大矢アキオ<Akio Lorenzo OYA>/写真=Akio Lorenzo OYA、ENI)

「スマート・エレクトリックドライブ」。フィレンツェ市街にて。
「スマート・エレクトリックドライブ」。フィレンツェ市街にて。 拡大
2013年ミラノで発足したカーシェアリング「エンジョイ」はエネルギー企業のENI、鉄道会社トレニタリア、そしてフィアットのコラボレーション。ただし、車両はEVではなく、ガソリンエンジンの「フィアット500」および「500L」。
2013年ミラノで発足したカーシェアリング「エンジョイ」はエネルギー企業のENI、鉄道会社トレニタリア、そしてフィアットのコラボレーション。ただし、車両はEVではなく、ガソリンエンジンの「フィアット500」および「500L」。 拡大
車買取・中古車査定 - 価格.com

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『webCG』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。

あなたにおすすめの記事

webCGの最新記事の通知を受け取りませんか?

詳しくはこちら

表示されたお知らせの「許可」または「はい」ボタンを押してください。