第40回「ルノー・ルーテシア ルノースポール シャシー カップ」

2014.03.14 水野和敏的視点

確かに楽しげなインテリアだが……

前回「フォルクスワーゲン・ゴルフGTI」を取り上げた「水野和敏的視点」。今回は、ホットハッチのフレンチ解釈というべき、「ルーテシア ルノースポール シャシー カップ」に乗ってみます。車両本体価格は309万円。単純比較で、ゴルフGTIより60万円安い値付けとなっています。

ルノーの最量販モデル「ルーテシア(本国名:クリオ)」。日本では、1.2リッターターボ(120ps、19.4kgm)のルーテシアと、1.6リッターターボ(200ps、24.5kgm)を積む「ルーテシア ルノースポール」に大別されます。本国では、3ペダル式のMTモデルも用意されますが、わが国に輸入されるのは、いずれもデュアルクラッチ式の2ペダル式6段MT「EDC」のみ。時代を感じさせます。

ルーテシア ルノースポールには、足まわりのチューンに違いを持たせた、「シャシー スポール」と「シャシー カップ」がラインナップされます。今日のテスト車は、よりハードな足まわりを持つ「シャシー カップ」。ただでさえ強化されたサスペンションが、さらに2割方ハードにセッティングされています。もちろん、ブレーキにも、大径ディスクがおごられます。

さて、ルノースポール シャシー カップの運転席に座ると、このシート、素晴らしいですね。まるで体が吸い込まれるようなフィット感があります! 一方、インストゥルメントパネルに目を向けると、ちょっと理解しかねる光景が広がっています。テカテカのピアノブラックを、どうしてセンターの広い場所に使うのでしょうか? 各部の差し色となっているカッパーオレンジと併せ、どぎつい派手さ。

3つのリングが連なったような近未来的な(!?)デザインのメーター類も、“見やすさ”の観点からは疑問です。縁取りのシルバーが強すぎるんですね。目の焦点距離をメーターの縁に持っていかれてしまい、肝心の、表示される数字やメーターの視認性が落ちています。

全体に、“ラテンの混迷”とでも表現しましょうか。「端正なドイツ車とは異質な、独特の楽しさがある」といえば、まあ、その通りです。


第40回「ルノー・ルーテシア ルノースポール シャシー カップ」の画像 拡大
(写真=ルノー)
(写真=ルノー)
    拡大
(写真=ルノー)
(写真=ルノー)
    拡大
ルノー・ルーテシア ルノースポール シャシー カップ
ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4105×1750×1435mm/ホイールベース:2600mm/車重:1280kg/駆動方式:FF/エンジン:1.6リッター直4 DOHC 16バルブ ターボ/トランスミッション:6AT/最高出力:200ps/6000rpm/最大トルク:24.5kgm/1750rpm/タイヤ:(前)205/40R18 (後)205/40R18/価格:309万円(消費税5%込み)
ルノー・ルーテシア ルノースポール シャシー カップ
    ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4105×1750×1435mm/ホイールベース:2600mm/車重:1280kg/駆動方式:FF/エンジン:1.6リッター直4 DOHC 16バルブ ターボ/トランスミッション:6AT/最高出力:200ps/6000rpm/最大トルク:24.5kgm/1750rpm/タイヤ:(前)205/40R18 (後)205/40R18/価格:309万円(消費税5%込み) 拡大
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ルノー・トゥインゴS(RR/5MT)【試乗記】 2020.5.26 試乗記 ルノーのコンパクトカー「トゥインゴ」には、売れ筋のAT車以外にMT車もラインナップされている。マイナーかつマニアックなモデルなのは確かだが、せっせとレバーを操作して走らせたなら、誰でも笑顔になるだろう。
  • ルノー・トゥインゴEDCキャンバストップの仕上がりを試す 2020.2.6 暮らしをシンプルに彩る ルノー・トゥインゴ!<PR> フランス車ならではの個性的なスタイリングとRRレイアウトがもたらすファン・トゥ・ドライブで人気の「ルノー・トゥインゴ」のモデルラインナップに、屋根が開く「キャンバストップ」と5段MTの「S」という2つの“個性”が仲間入り! キャンバストップを街に連れ出し、日本の使用環境との親和性をチェックした。
  • ルノー・トゥインゴEDC(RR/6AT)【試乗記】 2019.10.29 試乗記 ルノーのAセグメントハッチバック「トゥインゴ」のマイナーチェンジモデルに試乗。単なるモデルライフ半ばのテコ入れかと思いきや、さにあらず。こだわり抜いた装備選定や価格設定など、まさに“日本のためのコンパクトカー”とも言うべきクルマに仕上がっていた。
  • ホンダ・フィット ネス(FF/CVT)【試乗記】 2020.8.20 試乗記 数字では表せない人間が持つ感性価値、すなわち“心地よさ”を開発のテーマとしたという新型「ホンダ・フィット」。ガソリンエンジン搭載のFF車を郊外に連れ出し、開発陣が目指したものやライバル車との違いを確かめてみた。
  • 日本導入は2020年10月! 新型「ルノー・ルーテシア」はどんなクルマ? 2020.7.20 デイリーコラム 今秋の日本導入が正式発表された新型「ルノー・ルーテシア」。ルノーが誇る“欧州No.1”のBセグメントコンパクトは、どのようなクルマとなっているのか? プラットフォームにパワートレイン、そして運転支援システムなど、注目のポイントを解説する。
ホームへ戻る