ポルシェがボクスター/ケイマンGTSの受注開始

2014.03.19 自動車ニュース
「ポルシェ・ボクスターGTS」
「ポルシェ・ボクスターGTS」
    拡大

ポルシェが「ボクスター/ケイマンGTS」の予約受注を開始

ポルシェ ジャパンは2014年3月19日、「ボクスターGTS」「ケイマンGTS」の概要を発表した。同年4月3日に予約受注を開始する。

「ポルシェ・ケイマンGTS」
「ポルシェ・ケイマンGTS」
    拡大

今回の2モデルは、ポルシェのミドシップスポーツ車「ボクスター」「ケイマン」の高性能グレードに当たる。エンジンは「ボクスターS」「ケイマンS」用の3.4リッター水平対向6気筒をベースに出力を15ps高めたもので、ボクスターGTSでは330ps(243kW)、ケイマンGTSでは340ps(250kW)の最高出力を発生。最大トルクも前者が38.7kgm(380Nm)、後者が37.7kgm(370Nm)と、1kgmほど増大している。

両モデルともローンチコントロール機能などからなる「スポーツクロノパッケージ」を標準装備。0-100km/h加速はボクスターGTSのPDK車で4.7秒、ケイマンGTSのPDK車で4.6秒となっている。また、最高速はボクスターGTSの6段MT車で281km/h、ケイマンGTSの6段MT車で285km/hを実現。燃費は両モデルとも、PDK車で8.2リッター/100km(約12.2km/リッター)となっている。

内外装の仕様についても一部を変更。エクステリアではフロントエンドとリアエンドを独自のデザインとしたほか、ブラック仕上げの「ポルシェ・ダイナミック・ライトシステム(PDLS)」付きバイキセノンヘッドライト、20インチのカレラSホイール、シルキーブラックの「GTS」ロゴなどを装備している。インテリアについては、スポーツシートを標準装備としたほか、「カイエンGTS」や「パナメーラGTS」と同じく、アルカンターラを組み合わせたレザーインテリアを採用している。

価格は以下の通り。
・ボクスターGTS(6段MT):885万円
・ボクスターGTS(7段PDK):949万円
・ケイマンGTS(6段MT):915万円
・ケイマンGTS(7段PDK):979万円
(8%の消費税を含む)

(webCG)

→「ポルシェ・ボクスターGTS/ケイマンGTS」の写真はこちら
 

関連キーワード:
ケイマン, ボクスター, ポルシェ, 自動車ニュース

ポルシェ ケイマン の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ポルシェ911カレラ(RR/8AT)【試乗記】 2020.5.12 試乗記 高性能スポーツカー「ポルシェ911」シリーズの中で最もベーシックな「911カレラ」に試乗。その走りは、先行発売された上位モデル「911カレラS」とどう違うのか? ワインディングロードで確かめた。
  • ポルシェ911カレラS(RR/8AT)【試乗記】 2020.4.7 試乗記 半世紀以上にわたる歴史を持つ、ポルシェのアイコニックなスポーツカー「911」。最新世代の後輪駆動モデル「911カレラS」に試乗した筆者は、かつて称賛した先代からのさらなる進化に、深いため息をついたのだった。
  • プジョー・リフター デビューエディション(FF/8AT)【試乗記】 2020.6.1 試乗記 プジョーの新型MPV「リフター」に試乗。ご覧の通り、四角四面の背高なスタイリングは兄弟車たる「シトロエン・ベルランゴ」とほとんど同じ。あえて(ちょっと地味な)プジョー版を選ぶ価値はどこにあるのだろうか。
  • ホンダS2000<20周年記念純正アクセサリー装着車>(FR/6MT)【試乗記】 2020.6.19 試乗記 ホンダのオープントップスポーツ「S2000」の純正アクセサリーが新たに発売される。ホンダアクセスが手がけたこれらアイテムの開発コンセプトは“20年目のマイナーモデルチェンジ”。ワインディングロードで試乗し、その仕上がりを確かめた。
  • BMW M8クーペ コンペティション(4WD/8AT)【試乗記】 2020.6.24 試乗記 スーパーカー級のハイパワーを誇る、BMWのフラッグシップクーペに試乗。価格も同ブランドの中でトップクラスだが、ラグジュアリーとスポーツを高次元で両立させるその走りは、最強の一台と呼ぶにふさわしいものだった。
ホームへ戻る